2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™

出場国・地域情報

プールC国旗カナダ世界ランク8位

主な国際大会成績

WBC
  • 2006年1次R敗退
  • 2009年1次R敗退
  • 2013年1次R敗退
オリンピック
  • 1992年バルセロナ予選敗退
  • 1996年アトランタ予選敗退
  • 2000年シドニー予選敗退
  • 2004年アテネ4位
  • 2008年北京6位
世界野球
  • 2015年5位

主な日本との対戦結果

2008年 北京五輪(予選L) ○ 1-0 フル代表
2004年 アテネ五輪(3位決定戦) ○ 11-2 フル代表
2004年 アテネ五輪(予選L) ○ 9-1 フル代表
1984年 ロサンゼルス五輪(予選L) ● 4-6 フル代表

MEMO

大物2人が現役復帰!!

ドジャースなどで通算187セーブを挙げ、10年限りで引退したエリク・ガニエ投手(41)がWBC出場に意欲を燃やし現役復帰。
84試合連続セーブ成功記録を持つ、MLB史上屈指のクローザー。
ドジャース時代には、野茂英雄や石井一久とともにプレーした経歴をもつ名選手。
また、カブスなどで通算132勝87セーブを挙げ、14年限りで引退したライアン・デンプスター投手(39)も代表入り。
このほか、投手陣は、4人がメジャー組。巨人でリリーバーをつとめるマシソンや、元DeNAのロマック(現パドレスマイナー)なども出場!

※外部サイトに移動します

写真:SAMURAI JAPAN/Getty Images
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

トップへ