News

2018.11.5 いよいよ今週、2018三井住友VISA太平洋マスターズが開催されます。

今年、リース・ジョーンズ氏設計、松山英樹選手監修により全面改修を実施。
18番ホールのグリーンサイドは池が拡張されるなど、舞台はよりエキサイティングになりました。

また、米ツアー5勝の松山英樹選手が2年ぶりに参戦。
国際水準のトーナメントコースへと生まれ変わった太平洋クラブ御殿場コースでどのようなプレーを見せてくれるのか!?
今年日本ツアー初参戦となる松山英樹選手には、ギャラリーから熱い視線が注がれることでしょう。

26歳の今平周吾選手が2位に約2,870万円の差をつけてトップを走る賞金王レースも佳境。
さらに、本大会2勝を誇る選手会長の石川遼選手、昨年の賞金王・宮里優作選手など実力者のプレーにも注目が集まります。

若手選手からベテランまで注目選手が御殿場に集結!
お近くの方は是非会場までお越しください。

BACK TO PAGETOP