News

2018.10.30 米ツアー5勝の松山英樹選手など84名の精鋭が御殿場に集結!

今年、日本ツアーへの初参戦する松山英樹選手。
コースレコードで圧勝した2016年大会から2年、メジャーで2位に2度入るなど世界のトップ選手としての地位を確立しました。
6回目の出場となる本大会でどのようなプレーを見せてくれるのか?期待が高まります。

国内ツアー若手にも注目選手が揃っています。
賞金王レースで2位に約4,000万円の差をつけ独走中の今平周吾選手は松山選手より1学年下。
今季念願の初優勝を果たした出水田大二郎選手、星野陸也選手、稲森佑貴選手などはすべて松山選手より年下です。世界の松山選手を相手にどこまで戦えるのか?注目が集まります。

松山選手の母校である東北福祉大学2年生のアマチュア、金谷拓実選手の出場が決まりました。
10月のアジアパシフィックアマチュア選手権で日本人として松山英樹選手以来2人目の優勝を果たし、来年のマスターズと全英オープンの出場が決定。
昨年は日本オープンで2位に入るなどプロに負けない実力。
2011年に松山が成し遂げたアマチュア優勝も夢ではない逸材です。

さらに、本大会2勝を誇る選手会長の石川遼選手、昨年の賞金王・宮里優作選手など実力者が揃って出場。
三井住友VISA太平洋マスターズは11月8日(木)に開幕します。

BACK TO PAGETOP