News

2018.11.11 額賀が初V、松山46位 最終日

三井住友VISA太平洋マスターズ最終日(11日・静岡県太平洋クラブ御殿場=7262ヤード、パー70)3位から出た34歳の額賀辰徳が1イーグル、4バーディー、2ボギーの66をマークし、通算9アンダー、201でツアー初優勝を果たした。
大会は天候の影響で54ホールに短縮。賞金額は25%減で優勝は3千万円。

2打差の2位はS・H・キム(韓国)。
首位スタートの秋吉翔太は最終盤に崩れて藤本佳則らと並び通算6アンダーの3位だった。

賞金ランキングトップの今平周吾は3アンダーの12位で、約1年ぶりの日本ツアー出場の松山英樹は74と落として4オーバーの46位に終わった。
(出場60選手、晴れ、気温17.6度、南南西の風3.5メートル、観衆8689人)

BACK TO PAGETOP