坂上&指原のつぶれない店

7 15 日曜日 よる 7 放送!!

放送内容

6月3日放送 第2問 街の中古車屋がつぶれそうでつぶれないのは、一体何でだブー?

郊外の大通りを車で走っていると・・よく見かける中古車屋さん
しかし並んでいる車は、何年も売れずに置いてあるイメージ
一体なぜ、街の中古車屋さんはつぶれそうなのにつぶれないのでしょうか?

今回は、年季の入った車がずらりと並ぶ愛知県の中古車屋「くるまの森パル」さんで早速調査開始!

先ずは単刀直入に聞いてみると
なんと、年商4億円!一体どうやって儲けているのか?

この日は、家族以外にお客さんは現れず午後8時営業終了
売り上げは、1台も車が売れなかったので0円
それでも年商4億円の秘密は翌日向かう場所にあった!

やってきたのはUSSという場所
社長さんの運転するトラックに乗っていた車は一旦降ろし、ゲートを通り抜け、USSの駐車場の中へ

一体USSとは何なのか?

答えを見る

実はここUSSは業者専用の中古車のオークション会場

その敷地内は、辺り一面立体駐車場で収容台数はなんと、1万3千台!
ここにある全ての車が、オークションに出品される車で、みんなモニターに映し出される写真で車の状態をチェックしている
週に一度のセリで1万3000台を1日でオークションに掛けるので、1台当りのオークション時間はなんとたったの10秒で終了
しかも、それが10台同時に行われている
それでも朝から晩まで掛かるほどの巨大オークションなのです

今回、社長がオークションに出す車は、仕入れ価格の70万円に利益分をのせ、80万円で出品!
一体いくらで売れるのか?

値段はどんどん上がっていき85万円で売れた!
こうやって月に20台ほど売っていたんです!

街の中古車屋がつぶない理由は
『車をオークションで専門業者に売ってがっぽり儲けてるから、店頭で1台も売れなくてもつぶれなかった』

でした!

バックナンバー

2018年6月放送分
2018年5月放送分
2018年4月放送分

このページのトップへ