坂上&指原のつぶれない店

11 25 日曜日 よる 7 放送!!

放送内容

5月6日放送 第5問 【投稿!あなたの街のあやしい店】
「わたでん」が潰れずに営業できているのな〜ぜ?

あなたの街にありませんか?
「外観が怪し過ぎて入りずらいお店」
「いつ営業しているのか全く分からないお店」
そんな「怪しい店」を全国から募集した所…多くの情報が集まったので調査しました!

「投稿!あなたの街のあやしい店。つぶれないのはな〜ぜ?」

今回調査依頼が来たのは東京小岩の駅前商店街にある怪しいお店。

「商店街の端っこにガラケーがたくさんぶら下がっている怪しい店があります。変な電波が出てそうで怖くて入れません。調べて下さい」

無数のガラケーが壁一面にスタッフが地道に数えたらなんとその数6298個。
こんな怪しさ満点の店が潰れないでホントに営業していけるのか?
店内には電化製品の空箱が通路をはじめ、様々な場所に山積みに。
本当にお客さんが来ているのか?

店頭に6298個のガラケーをつるし、店内に空のダンボールを並べる怪しい電気屋「わたでん」
ナゼつぶれないのか?

答えを見る

実はこの店、大手の量販店と同じ値段でものが売れる、どこのメーカーの品物も揃うという秘密があるんです!
年会費10万円と、月々1万円払うともらえる、ヤマダ電機の子会社コスモスベリーズのカード。
このカードさえあれば、ヤマダ電機がメーカーから仕入れているのと同じ値段で買うことができ、ヤマダ電機で売っている値段と同じ値段でお客さんに売ることができる!

お客さんが来ると、欲しい商品をカタログから選んでもらい、カード会員の専門ページで予約、すぐさま社長自ら車を運転し、近くのヤマダ電機へ。
あの魔法のカードを提示すると、店員さんが倉庫から予約した商品を持って来てくれる。
こうして卸値で買った家電を、ヤマダ電機と同じ価格でお客さんの元へ。

お店に置いてあった家電の空き箱も、高齢のお客さんに喜ばれるポイント。
ネットやカタログだと、商品の大きさや形などをイメージ出来ないので助かるんだとか。

あやしい電気店わたでんがつぶれない理由は
『ヤマダ電機と同じ金額で家電を売れる、特別な仕入れルートがあったから』

でした!

バックナンバー

2018年11月放送分
2018年10月放送分
2018年9月放送分
2018年8月放送分
2018年7月放送分
2018年6月放送分
2018年5月放送分
2018年4月放送分

このページのトップへ