坂上&指原のつぶれない店

7 15 日曜日 よる 7 放送!!

放送内容

4月22日放送 第2問 街の青果店がつぶれそうでつぶれないのは、一体何でだブー?

スーパーはもちろん、今やコンビニでも野菜や果物が売っている時代。 そんな厳しいご時世なのに街では、青果店の姿を結構見掛けることがありますよね? 一体なぜ街の青果店はつぶれないのでしょうか?

そんな謎を解くべく、街の青果店に潜入! 場所は東池袋駅から徒歩5分。東京都豊島区にある「やまかね」という名前の青果店。

実はこの「やまかね」さんの年商は10億円!

気になる1日の売り上げは?
年商10億円にはほど遠い1日たったの4万3400円… その秘密は夜2時にお店の前にくるとわかるという。

一体なぜ街の青果店がつぶれずに年商10億円も稼げるのか?

深夜2時、言われた通り店の前で待ち合わせついて行ってみると… そこは「やまかね」の営業所。黙々とデスクワークをする男性たちの姿が。

答えを見る

そこから離れ向かったのは、巣鴨にある豊島市場にあるダンボール山積みの倉庫! ダンボールはトラックに積み込まれどこかへ出発。 車を走らせ、向かった先は…飲食店!

実は「やまかね」飲食店向けの青果店もやっていたんです。 さらに驚きなのはその契約店舗数。なんと…400件!

あの夜中の2時にデスクワークをしていた男性達は飲食店の営業終了後から集まってくる400件分の注文を集計していたのです。 しかも、その数時間後にはお店に配達されているのだから驚き。

「やまかね」が人気の理由は2つ!
人気の理由・その1。「やまかね」の野菜は断然物が良い!
その理由は…熟練した元八百屋さんが働いているから!

人気の理由・その2。急な発注にも即座に対応!
急発注でもたったの2時間で配達完了。
アマゾンよりも断然早い配送力!

実は年商10億円の内、なんと98%を飲食店からの注文で稼ぎ出す巨大組織だったのです

街の青果店「やまかね」がつぶれない謎は
『400件の飲食店と契約して儲けていたから』

でした!

バックナンバー

2018年6月放送分
2018年5月放送分
2018年4月放送分

このページのトップへ