坂上&指原のつぶれない店

7 15 日曜日 よる 7 放送!!

放送内容

4月22日放送 第1問 街の洋品店がつぶれそうでつぶれないのは、一体何でだブー?

街の洋品店がつぶれそうでつぶれないのは、一体何でだブー?
街の商店街でよく見かける昔ながらの洋品店。 あっちの商店街にも、こっちの商店街にも、さらに住宅街にも…。
お客さんで賑わってるイメージはあんまりないのに一体なぜつぶれないのでしょうか?
そんな謎を解くべく、街の洋品店に潜入! そのお店は東京の東小岩にある創業42年「洋品のセキモト」さん。

場所は駅前の商店街から…歩いて15分。 静かな住宅街に外にまで洋服がずらりと陳列されています。

実はこの「洋品のセキモト」さんの年商はなんと6千万円!

ある日の洋服を買ったお客さんは…たった3人で売上は、15000円。 1日15000円だと月に約40万円しか売り上げがない計算になりますがどうやって年商6000万円も稼いでいるんでしょうか?

一体なぜ、洋品のセキモトさんは年商6000万円も稼ぐことができるのか?

答えを見る

実は「洋服のセキモト」さん、制服も販売していたんです。

セキモトさんは周辺の公立中学校10校のうち、5校の制服を販売しています。
そもそも制服は公立であれば、どの洋品店でも販売可能。 新入生は制服だけでなく、体操服
や上履きなども買い揃えるので、一式揃えると、およそ6万円に!

セキモトさんのご近所には、同じく制服を販売している洋品店が4店舗もあり、中には、超大手スーパーも! そんな強豪ひしめく中で、新入生の何割がセキモトさんで購入しているのか? 「3校は約8割、あとの2校は5割来ていただいてます」

一体なぜ、そこまで人気があるのか? セキモトさんは制服のお直しなんと3年間無料なんです!! この圧倒的なサービスにより、長年人気を保ち続け、年商6千万円に!

街の洋品店がつぶれない謎は
『制服の販売とお直し無料のアフターサービスで儲けていたから』

でした!

バックナンバー

2018年6月放送分
2018年5月放送分
2018年4月放送分

このページのトップへ