トピックス

オンデマンド配信スタート!

うっかり見逃した人も、もう一度感動したい人も!
TBSオンデマンドでは「時計屋の娘」の見逃し配信をスタートしました!

⇒ 詳しくはこちら

【 TBS オンデマンド 】 とは…

ドラマからアニメ、音楽、映画などなど!
数多くの番組を好きな時に楽しむことができる TBS の動画配信サービスです。

トピックス一覧へ

被災した石巻で、希望を感じさせるロケ

リョウの母・知花子が命を落とした東日本大震災。そこにそびえる思い出の欅を見に行くリョウ、秋山、司。撮影は実際に復興半ばの石巻で行われました。
以前、プライベートで被災地に行ったことがあるという沢尻エリカさん。実際に被災の状況を見ていたので、このドラマで描かれることにも胸を打たれ、感じるものがあったそうです。沢尻さんはその気持ちを大切にして、リョウを演じました。そんな沢尻さんが力強く語るように 「何ごとも希望があるということがきっと伝わるドラマ」 です。
18日 (月) よる9時、そして22日 (金) よる7時からは BS-TBS でも放送、小さな時計という世界から大いなる自然へと広がっていく 「時計屋の娘」、どうぞ希望を胸に見てください。

トピックス一覧へ

「登場人物の一人」 それぞれの心に残る欅の木

リョウ、秋山、知花子それぞれに 「欅」 の木が身近な存在としてそびえています。國村隼さんが インタビュー の中でおっしゃっているように、それぞれの心にある欅はドラマの中で重要な登場人物の一人となっています。その欅を守ろうと立ち上がった司くんに、無理やり演説をさせられることになった秋山さん。演じる際に國村さんは 「本当にいい話をしているので、唄うようにならないように気をつけました。唄うようなセリフは耳に心地いいですけれど、胸には響かないですから」 とおっしゃっていて、心に残る説得力をもって演説シーンに取り組みました。不器用な秋山さんが語る欅への想い、その場にいるような気持ちで聞いてください。

トピックス一覧へ

ただの 「いい子」 じゃない !? リョウがガールズバーでアルバイト

母親の知花子が保証人となっていた借金を背負ってしまっており、秋山さんの家にいるにも働かなければいけません。そこで 「昼ホスト」 をしている司くんに紹介されたガールズバーでバイトをすることに… !?
ガールズバー初体験の沢尻エリカさんと國村隼さん、「どういうシステムになっているのか」 と話題がつきません。隣に女性が座る従来のクラブやスナックと違うものだと驚く國村さんと 「役者は役を通してさまざまな経験をする」 と語る沢尻さん、その興味がさらに役者として深いものになっていくことでしょう??

トピックス一覧へ

小林稔侍、友近が絶妙な個性でドラマのスパイスに

ごく限られた人数で進む物語、しかしところどころでキラリと光る個性派が登場。わずかな登場シーンでありながら、圧倒的な存在感でドラマの輪郭がさらに引き立ちます。撮影中、小林稔侍さんは 「震災の話をこんなふうに描くことが出来るドラマというのは素晴らしいです。そんな作品に出演させていただいて、柄にもなく緊張しました」 と温かいメッセージを寄せてくださいました。

トピックス一覧へ

事前に行われたリハーサル

近年のドラマの作り方として、事前にリハーサルをしてから撮影に臨むスタイルは少なくなっています。しかしこの作品は、じっくりと相手と向き合う芝居のため、丁寧にリハーサルを行いました。沢尻さんも國村さんも 「見どころは二人の芝居のやりとり」 というほど十分な手ごたえを感じています。さらに一人で心情を見せるシーンも多く、役者としての力量が存分に発揮されているドラマです。

トピックス一覧へ

桐谷健太が、物語にさわやかな風を運ぶ青年を好演

親子かどうかわからぬまま、微妙な距離感でいるリョウと秋山、そこに割って入る (?) 町内会の花村司を演じる桐谷健太さん。國村さんとは関西出身同士、カメラが回っていないところでは関西弁でぽんぽんやり取りされていて、その楽しさが桐谷さん演じる花村くんのキャラクターそのままとなって盛り上げてくれています。沢尻エリカさん、國村隼さんとは久しぶりの共演で 「ふだんなかなかこういうことは言わないのですが、このキャストで芝居が出来るのが嬉しい」 と語り、信頼する山室監督の演出でさわやかに演じています。

トピックス一覧へ

25年前の甘く切ない恋物語

25年前の秋山さん、リョウの母親であり、かつての恋人・知花子さん、この二人の甘く切ない恋人時代を、中村勘九郎さん、木村文乃さんが演じます。若き秋山を演じる中村さんは、職人らしい純粋なまっすぐさ、恋人に見せる優しさを繊細に演じています。一方、明るくも芯の強い知花子さん、かつてはバレリーナを目指しており、その美しいポーズをとる木村さんは熱心にレッスンをしてから撮影に臨みました。中でも、秋山さんとの待ち合わせの際に見せるアラベスクのポーズは指導の先生からも 「これだけ努力してきてくれたので、つい欲が出てしまいまって、経験者にもなかなか要求しないことまで言ってしまいます」 と大絶賛、どうぞご期待ください!

トピックス一覧へ

沢尻エリカが約6年ぶりにバラエティ、トーク番組に登場!

11月15日 (金) 放送の 『ぴったんこカン・カン』 (よる7時56分〜) と同日の 『A-Studio』 (よる11時〜) にそれぞれ初出演します。

『A-Studio』 では、笑福亭鶴瓶さんが沢尻エリカさんの中学時代の友人から仕入れた、とっておきの話題をネタに質問をすると、芸能界に憧れて友人と歌やダンスの練習をしていたことなどを告白。また、2012年公開の主演映画 「へルタースケルター」 の撮影秘話も披露しました。

収録後、沢尻さんは 「久しぶりのトーク番組は新鮮で楽しかった。鶴瓶さんはぜひお会いしたかった方のお一人。テレビの前でも飾らない話しやすい雰囲気で、自分のトークを引き出してくれる。すごい!」
トーク番組はしばらく縁が無かった沢尻さんですが、「トーク番組はもともと嫌いではないです。これまで話をする機会がなかったし、言葉が少なかったのかも。これからもいろいろ挑戦したい。ナレーションなどにもチャレンジしたい。楽しみです。」 と抱負を語りました。

一方、『ぴったんこカン・カン』 では沢尻さんが安住紳一郎アナウンサーを 「おもてなし」 するということで、沢尻さん行きつけのお店を訪れたり、安住アナと一緒に横浜から都内へと巡ります。

「時計屋の娘」 で演じている 「等身大」 というストレートな沢尻さんをドラマの放送前にたっぷり堪能してください!
また、今後の出演者情報も決定次第こちらでご案内しますので、チェックしてください。

※ 両番組とも放送は終了しました。

沢尻エリカの役どころは「いい子」キャラ!

沢尻エリカさんが演じる宮原リョウという女性、彼女がひょっとして自分の父親ではないかと思う時計職人・秋山守一、このドラマはこの二人の出会いから心が触れ合っていく過程を丁寧に描いています。二人でいるシーンが大半を占めるこのドラマ、秋山役・國村隼さんと一緒に過ごす時間が多いのですが、ドラマの中とは違いすぐに心を通わせ、打ち解けた雰囲気です。趣味のこと、友だちのこと、実は同じものを持っていたこと、さまざまな話でお互いの距離を縮め、穏やかで優しい空気がそのままドラマにも見えてきます。
「いい子」 キャラ・宮原リョウを 「ストレートに演じたい」 と語る沢尻エリカさんのナチュラルな演技は見逃せません。

トピックス一覧へ

名優・國村隼が微に入り細にわたった職人技を披露!

リョウが秋山のところに出向いたのは時計の修理を依頼するため。その時計は 「ロンジン」 というスイスの時計メーカーのビンテージもの。細かい作業がとても好きだという國村隼さんは、時計の中が見られるということでこの役をとても楽しみにしていたとか。
時計修理のシーンには、本物の職人さんが指導に入ってくれていますが、國村さんの手つきを 「プロの手つきです」 とお墨付き!小さな部品を丁寧に組み合わせていく名工を演じる名優の芝居をお楽しみに。

トピックス一覧へ

『悪女について』 から1年半、プロデューサーから熱烈なラブコール!

女優・沢尻エリカのために書き下ろされたドラマ 『時計屋の娘』。『悪女について』 を手がけた八木康夫プロデューサーは 「もう一度、沢尻さんと仕事をしたいと企画を温めてきました。今回は沢尻さんありきの、当て書きの台本。彼女は、地味な役からゴージャスな役まで演じられる、この年齢では貴重な女優さん。あえて市井の女性を演じてもらおうと考えました。台本では震災のことをさりげなく盛り込んで、人々の再生と希望を描くことができると思います。」 と自信をにじませています。

脚本・池端俊策さんは 「父親を探す女の子の切なさを描きたいと思いました。前作 『悪女について』 の主人公も父親がいなかったんですが、そこを沢尻さんがストレートにやるとどうなるのかということを考えて、この作品を書きました。
沢尻さんには華やかなイメージがありますが、いろんな顔を持っている女優さんです。とても透明感があって、自分で書いた作品ですが、撮影を見ていてとてもいいと思いました。
國村隼さんも最初からイメージしていて 「時計屋」 という職人の、ある意味マニアックさがとても合うと思っています。この二人は役者としていい緊張感を持っていて、そこに元気な桐谷健太さんが飛び込んでくるのはいいアクセントになっていますね。
極端に登場人物が少ないです。その少ない登場人物が 「時計」 というとても凝縮された小さな世界に向かっていく一方で、欅に象徴される自然は外に向かっているんです。小さな凝縮された世界、天に向かっていく世界、二つの世界を感じていただけたらと思います。」 と語っています。

女優・沢尻エリカが定評ある演技で清楚な女性・宮原リョウを、とまどいながらも巻き込まれていく秋山守一を重厚な演技で國村隼が、それぞれ見事に魅せる 「時計屋の娘」。どうぞご期待ください!

トピックス一覧へ