2008年宇宙の旅 ChapterI〜木星

出演

【ツアー客】細川茂樹、広田亮平、向井地美音 【ナビゲーター宇宙の先生】阪本成一(JAXA宇宙航空研究開発機構・教授) 【ガイド】小林麻耶 (TBSアナウンサー)

人類初の月面着陸からおよそ40年…またしても人類にとって忘れられない年がやってきた! 2008年—日本初の宇宙ステーション実験棟『きぼう』の建設が開始され、さらには史上初の商業的な“民間人宇宙旅行”も開始予定。今年はズバリ『宇宙の年』!“宇宙新時代”が幕を開ける。そんな記念すべき年の幕開けに宇宙を徹底解剖する。 この番組は、BS−iで3カ月連続、計4時間半に放送された超大作作品。見所は、バーチャル宇宙旅行。今回の行き先は、私たちの地球がある“太陽系”。とても身近な太陽系だが実は知らないことばかり。今、様々な研究で、とんでもないことがわかってきている。【最新の実写映像】&【CG】を使い、宇宙旅行という設定のもと、大人から子どもまでが楽しめる情報をお伝えする。CGを制作するのは、日本を代表するCGクリエーター、曽利文彦(映画「ピンポン」「ベクシル2077日本鎖国」監督)。前人未到の迫力・リアリティで「宇宙の旅」をお楽しみ下さい。
【番組内容】
『木星』へ宇宙トラベル!
●星自体は“ガス”でできている●60以上もの衛星を持つ●実は太陽になり損なった星だったという魅惑の巨大惑星など“太陽系で最大の惑星”である『木星』は、神秘とナゾに包まれている。しかし木星は遠く、何より過酷な環境ゆえ、その表情をじかに見ることは叶わぬ夢。そこで番組では【最新の衛星が撮影した実写映像】や【CG】等の映像を使い、楽しくわかりやすい“バーチャル宇宙旅行”を体験する。『木星』の目玉模様に大接近!? 衛星にあるという未開の“火山”や“地下の海”を探検!? 木星の中の音を聴いてみる!? など近未来シップ「アストロジャーニー」に乗り込んだ5人が『木星』の謎に迫っていく。また、宇宙開発で活躍する日本の下町工場の技術や知られざる宇宙開発の舞台裏なども徹底取材する。

番組基本情報

  • 制作年 : 2008年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : BS−i
TBS1 TBS2