韓国ドラマ「シンイ−信義−」ノーカット字幕版

出演

イ・ミンホ、キム・ヒソン、リュ・ドックァン、イ・フィリップ、ユ・オソン ほか

  • 放送未定

アジアのトップスター、イ・ミンホ主演のファンタジー・ロマンス史劇超大作がTBSチャンネルに初登場。“信義(シンイ)”を貫く高麗の武士と、現代からやってきた“神医(シンイ)”。時空を超えて出会った2人の、国をも動かす波乱の運命と切ない愛を描く。「花より男子〜Boys Over Flowers」の道明寺司役で大ブレイクし、「シティーハンター in Seoul」では多くの称賛を受けたイ・ミンホが、初の時代劇で進化した魅力を発揮。高麗時代に実在した武士で、優れた武術と真っ直ぐな信念を持つ主人公チェ・ヨンを魅力的に演じる。迫力あるアクションシーンや、時折見せるキュートな一面も見逃せない。チェ・ヨンと出会う現代の医師ユ・ウンス役は人気女優のキム・ヒソン。結婚、出産後6年ぶりのドラマ復帰となる今作で、ナチュラルなヒロインを好演している。さらに、リュ・ドックァン、イ・フィリップら若手演技派俳優も集結し、ドラマの世界観を作り上げる。生きる時代や身分の違い、それぞれが抱える過去の傷など、多くの困難を経験しながら惹かれあっていく2人の恋の行方とは…!? ペ・ヨンジュン主演「太王四神記」を手掛けたキム・ジョンハク監督の遺作となった。

【ストーリー】
西暦1351年、高麗時代。新しく即位した若き王、恭愍王(リュ・ドックァン)一行は、チェ・ヨン(イ・ミンホ)率いる近衛隊に護衛され元から帰国。途中、刺客に襲われ王妃が負傷する。あらゆる病を治す伝説の“神医(シンイ)”でなければ命は救えないといチャン侍医の判断を聞き、チェ・ヨンは神医を求めて天界へ繋がる“天の穴”に入り込む。ヨンが辿り着いたのは、2012年のソウル…。そこで、ひょんなことから整形外科医のユ・ウンス(キム・ヒソン)に出会う。彼女を神医と勘違いしたヨンは、高麗へと強引に連れて行く。訳もわからぬまま王妃の手術をしたウンスは、どうにか元の世界へと帰ろうとするが、王命により引き留められ、天の穴も塞がってしまう。さらに、ウンスが握った剣によりヨンが瀕死の重傷を負い…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2012年
  • 全話数 : 33話
  • 制作 : 神医文化産業専門会社
  • ディレクター・監督 : キム・ジョンハク
  • 脚本 : ソン・ジナ

エピソードリスト

#1 天界の神医を探して

#1 天界の神医を探して

西暦1351年。高麗の王、恭愍王(リュ・ドックァン)の一団は元から帰国する道中、刺客に襲われる。近衛隊隊長チェ・ヨン(イ・ミンホ)は神医を探すため天門に入り…。

#2 私を帰して!

#2 私を帰して!

ウンス(キム・ヒソン)を「天の医員」と思い込み、高麗へ連れて行くヨン(イ・ミンホ)。わけのわからぬウンスだが、渋々王妃(パク・セヨン)の傷の手当をする。

#3 武士の約束

#3 武士の約束

ヨンは約束通りウンス(キム・ヒソン)を帰すため、彼女を救い出す。そして、天門へと連れて行くが、ウンスを帰してはならないという王命が下される。

#4 宿敵の登場

#4 宿敵の登場

ヨン(イ・ミンホ)が率いる近衛隊の護衛のもと、王(リュ・ドックァン)と王妃(パク・セヨン)は高麗に向かう。だが、皇宮に着くも臣下の姿が見えず、一行は不審に思う。

#5 哀しき過去

#5 哀しき過去

王(リュ・ドックァン)から国の医仙になってほしいと頼まれたウンス(キム・ヒソン)は、王やヨン(イ・ミンホ)が歴史上の人物であることを知り驚く。

#6 生きる意志

#6 生きる意志

ヨン(イ・ミンホ)と王(リュ・ドックァン)の会話を聞いたウンス(キム・ヒソン)は、ヨンが悲しい過去を背負って生きていることを知る。

#7 王の賭け、キ・チョルの罠

#7 王の賭け、キ・チョルの罠

王(リュ・ドックァン)をのさばらせたくないキ・チョル(ユ・オソン)は、王に駆け引きを持ち出す。そんな中、ヨン(イ・ミンホ)は意識を取り戻すが…。

#8 心近づける旅

#8 心近づける旅

ヨン(イ・ミンホ)にキ・チョル(ユ・オソン)は、ウンス(キム・ヒソン)が江華島に幽閉されている先王・慶昌君の病を治せば、天から来た医員だと認め、解放すると話す。

#9 窮地のなかで

#9 窮地のなかで

訪ねてきたヨン(イ・ミンホ)を見て喜ぶ慶昌君。早速、慶昌君を診断するウンス(キム・ヒソン)だが、悪性の腫瘍で治療は難しい状況だった。さらにヨンは罠にはめられ…。

#10 迫られた選択

#10 迫られた選択

慶昌君はキ・チョル(ユ・オソン)からヨン(イ・ミンホ)を殺すよう脅迫される。ヨンを助けるため毒を飲み、苦しむ慶昌君を目にしたヨンは、涙ながらに慶昌君を刺す。

#11 選んだ道を

#11 選んだ道を

ウンス(キム・ヒソン)はヨン(イ・ミンホ)を助けるためキ・チョル(ユ・オソン)と取引をしようとする。そんなウンスにキ・チョルは心をくれるならヨンを助けると話す。

#12 ウンスの心、ヨンの真意

#12 ウンスの心、ヨンの真意

王(リュ・ドックァン)はヨン(イ・ミンホ)に特権を与え、近衛隊を呼び寄せる。忠臣を得るべきだというヨンに、王は医仙のウンス(キム・ヒソン)を取り戻したいと話す。

#13 現代へ戻るための手紙

#13 現代へ戻るための手紙

ウンス(キム・ヒソン)はチャン侍医(イ・フィリップ)からヨン(イ・ミンホ)が慶昌君を刺した真意を聞く。さらにキ・チョル(ユ・オソン)から神医の手帳を見せられる。

#14 一番大事な人

#14 一番大事な人

ウンス(キム・ヒソン)は自分の医術が歴史を変えてしまう恐怖を感じ始める。そんな中、ウンスはキ・チョル(ユ・オソン)の手下にさらわれてしまう。

#15 もう私を守らないで

#15 もう私を守らないで

笑わなくなったウンス(キム・ヒソン)を案じるヨン(イ・ミンホ)。ウンスは自分との約束を果たすためにヨンが命がけで戦うことをつらく思っていたのだった。

#16 ともに戦うパートナー

#16 ともに戦うパートナー

ウンス(キム・ヒソン)の手帳を手に入れるためキ・チョル(ユ・オソン)に戦いを挑むヨン(イ・ミンホ)。だが、決闘を繰り広げる2人の前にウンスが現れる。

#17 新たな敵

#17 新たな敵

ウンス(キム・ヒソン)はしばらく高麗にとどまる覚悟を決め、ヨン(イ・ミンホ)に対しても明るく振舞うように。そんなウンスに見送られ、ヨンは戦いに向かう。

#18 それぞれの取引

#18 それぞれの取引

キ・チョル(ユ・オソン)の画策を知り、王(リュ・ドックァン)を案じる王妃(パク・セヨン)。そんな王妃に王は初めて正直な思いを告げる。

#19 ヨンの心の声

#19 ヨンの心の声

キ・チョル(ユ・オソン)と徳興君(パク・ユンジュ)は玉座を奪い、王妃にすることでウンス(キム・ヒソン)の心を掴もうと企む。一方、ヨン(イ・ミンホ)は…。

#20 裏切りの真意

#20 裏切りの真意

皇宮から脱出し、天門に向かうヨン(イ・ミンホ)とウンス(キム・ヒソン)。自分がいなくなっても平気かと問うウンスに、ヨンは平気ではないだろうと答える。

#21 孤独な王

#21 孤独な王

一命を取り止めたウンス(キム・ヒソン)。チェ尚宮(キム・ミギョン)はヨン(イ・ミンホ)を訪ね、王(リュ・ドックァン)のためにも戻ってこないかと話す。

#22 惹かれてやまなくて

#22 惹かれてやまなくて

ヨン(イ・ミンホ)が亡くなる夢を見たウンス(キム・ヒソン)は、手帳の続きを知るためにもキ・チョル(ユ・オソン)に会わなくてはならないと、ヨンに言い張る。

#23 俺のそばではだめなのか

#23 俺のそばではだめなのか

手帳に書かれた内容からヨン(イ・ミンホ)の危険を知ったウンス(キム・ヒソン)は、徳興君(パク・ユンジュ)に助けを求める。

#24 不意打ちのキス

#24 不意打ちのキス

徳興君(パク・ユンジュ)との婚姻を呑み、皇宮に監禁されたウンス(キム・ヒソン)は必死で手帳を探す。そんな中、ヨン(イ・ミンホ)は皇宮に忍び込み…。

#25 そばにいさせて

#25 そばにいさせて

王(リュ・ドックァン)と王妃(パク・セヨン)は無事に皇宮に戻る。だが、そのため多くの部下が命を落としたことを知り、ヨン(イ・ミンホ)は胸を痛める。

#26 戻れない道

#26 戻れない道

ウンス(キム・ヒソン)を連れて逃げるように、という王(リュ・ドックァン)からの伝言を聞いたヨン(イ・ミンホ)は、二度と戻らぬ覚悟で皇宮を出る。

#27 未来からの手紙

#27 未来からの手紙

王(リュ・ドックァン)はキ・チョル(ユ・オソン)に国璽を返してほしいと頼みに行く。ウンス(キム・ヒソン)は、岩陰に隠されていた未来の自分からの手紙を発見する。

#28 俺のそばに

#28 俺のそばに

皇宮に戻ったヨン(イ・ミンホ)は、正気を失った王(リュ・ドックァン)を叱咤する。そんなヨンに王は、王妃(パク・セヨン)を救い出せと王命を下す。

#29 元の使臣の狙い

#29 元の使臣の狙い

ヨン(イ・ミンホ)は王妃誘拐の疑いで徳興君(パク・ユンジュ)を捕らえる。そして、刺客の襲撃でチャン侍医(イ・フィリップ)が命を落としたことを知る。

#30 震える手

#30 震える手

近衛隊宿舎が襲撃に遭い、培養中だった最後の解毒薬がダメにされてしまう。自分が死んでしまった後のヨン(イ・ミンホ)を思い、ウンス(キム・ヒソン)は胸を苦しめる。

#31 好きなものは…

#31 好きなものは…

ヨン(イ・ミンホ)は、解毒薬のことを黙っていたウンス(キム・ヒソン)に怒りをぶつけ、ここに残ってほしいと話したことは撤回すると言い出す。

#32 危険な賭け

#32 危険な賭け

毒による熱が出始めたウンス(キム・ヒソン)は、ヨン(イ・ミンホ)や王(リュ・ドックァン)たちの姿を記憶に焼き付けようとする。

#33 開かれた天門

#33 開かれた天門

ウンス(キム・ヒソン)が消えたことを知ったヨン(イ・ミンホ)は、天門へと連れて行かれたと察し、王(リュ・ドックァン)に告げてウンスの後を追う。

さらに読み込む

TBS1 TBS2