TBS長編大作ドラマ「空と海をこえて」(後藤久美子出演)

出演

後藤久美子、加藤茶、中原理恵、加藤治子、荻野目慶子、高嶋政宏、尾美としのり、古尾谷雅人、津川雅彦、加賀まりこ、レオナルド熊、久我美子、藤岡琢也、山下容里枝、小林聡美、桜金造、中島唱子 ほか

  • 放送未定

後藤久美子主演、1989年作品。放送当時の世の中は、高度な情報化社会の中で“パソコン”が普及し始め、これを利用した新しい通信手段“パソコン通信”を利用して人々がコミュニケーションをとり始めた時期。物語は、沖縄の離島で食中毒に苦しむ子供たちを救うため、1台のパソコンから発せられたSOSが世界を駆け巡り、パリのパスツール研究所から血清が届くまでのスリリングなストーリーをヒューマンタッチで描く。演出は『ふぞろいの林檎たち』シリーズの鴨下信一が担当。共演は、加藤茶、中原理恵、加藤治子、荻野目慶子、レオナルド熊、藤岡琢也ほか。
【ストーリー】
41歳の中学教師・矢野高志(加藤茶)は、妹の優子(荻野目慶子)と同居することになった。優子は、暇さえあれば自室のパソコンに向かって、仲間との通信を楽しんでいる。相手は、お互いに顔も声も分からないながらも意見を交換し合い、友情を確かめ合っていた。その頃、矢野の教え子らは、塾の仲間たちと石垣島から船で1時間の距離にある新城島(あらぐすくじま)を訪れた。そこで自炊をし、寝泊りしながら南国の自然に親しもうという趣旨のイベントだった。ところが、手作りの漬物を食べた途端、子供たちが次々と腹痛を訴え、ついには嘔吐を始めた。医者を呼ぶには、石垣島まで行かなければならない。たまたま1人だけ漬物を食べなかったため、難を逃れた桂木あかね(後藤久美子)は、とっさにパソコンと電話回線をつなぎ…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1989年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 赤地偉史
  • ディレクター・監督 : 鴨下信一
  • 脚本 : 佐々木守
TBS1 TBS2