TBS長編大作ドラマ「風が燃えた」

出演

三浦友和、山口百恵、平幹二朗、三田佳子、森繁久彌、加藤剛、竹脇無我、山口崇、森田健作、宍戸錠、真野響子、高田みづえ、赤木春恵、篠田三郎、財津一郎、佐藤オリエ、地井武男、吉田日出子、津川雅彦、長塚京三、辻萬長、横内正、森本レオ、南原宏治、高松英郎、風間杜夫、佐藤佑介 ほか 【ナレーター】高橋昌也

幕末の志士から初代内閣総理大臣までのぼりつめた明治の元勲・伊藤博文とその妻・梅子の生涯を軸に、近代日本の夜明けを疾風のごとく生きた人々を描く大型ドラマ「風が燃えた」。物語の中心となる博文と梅子、2人の青年期を三浦友和&山口百恵、壮年期を平幹二朗&三田佳子がリレーキャストで演じた。前半は“恋”“革命”“友情”をテーマとした幕末の青春群像劇で、博文の立身出世に焦点を当てて物語が進む。後半は、日本という国家が大きな変貌を遂げた明治時代の人間群像を、博文・梅子夫妻の情愛を軸としてダイナミックに描く。メインキャスト4人のほか、森繁久弥、加藤剛、竹脇無我らの超豪華出演陣が勢ぞろい。撮影は御殿場・茅ヶ崎・西伊豆から、海外はロンドンに至るまで一大ロケを敢行したスケールの大きな作品となっている。

【ストーリー】
海沿いの街道を一組の主従が急いでいた。馬上の人物は長州藩士・桂小五郎(竹脇無我)、大きな荷物を担いで桂に従えている足軽の名を伊藤利助(三浦友和)といった。道すがら利助は、落とした荷物を居合わせた漁師の娘・お梅(山口百恵)に拾ってもらう。これが、のちに初代内閣総理大臣をつとめる明治の元勲・伊藤博文(平幹二朗)とその妻・梅子(三田佳子)との最初の出会いだった…。
萩に戻った利助は、桂の紹介で吉田松陰(加藤剛)の門下生となり、彼の私塾・松下村塾で高杉晋作(山口崇)や井上聞多(森田健作)らと知り合い、様々なことを学んでいった。そして利助は、松陰が処刑されたいわゆる「安政の大獄」を機に倒幕の意思を固め、高杉や井上、久坂玄瑞(長塚京三)らの攘夷運動に加わるようになる。しかし名を俊輔と改めた頃、井上とともに赴いたロンドンで日本と異国との圧倒的な国力の差を痛感した利助は、攘夷から開国へと大きく思想を転換する。が、それは攘夷派の志士たちから命を狙われる存在になることを意味していた。ある日追われていた俊輔は、神社に逃げ込んだところを茶屋の娘に匿われ、難を逃れた。その娘こそ、かつて道ですれ違ったお梅だった…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1978年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 大山勝美、片島謙二
  • ディレクター・監督 : 堀川敦厚、浅生憲章
  • 原作 : 松浦行真
  • 脚本 : 宮本研、阿井文瓶、(脚本協力)杉江慧子
  • 主題歌 : 愛の歴史
  • 歌手 : 森山良子
TBS1 TBS2