説得(平成5年度文化庁芸術祭芸術作品賞受賞作品)

出演

ビートたけし、大谷直子、森本レオ、斉藤洋介、渡辺いっけい、斉藤晴彦、鶴田忍、小日向文世、小坂一也、反田孝幸、青木秋美、森廉 ほか

  • 放送未定

「昭和46年大久保清の犯罪」(1983年)や「イエスの方舟」(1985年)に続く、ビートたけし主演の社会派ドラマとして1993年に制作された「説得」。交通事故にあった小学生への輸血を信仰上の理由から両親が拒否し、結果死に至らしめてしまった実際の事件を取材した大泉実成の原作を映像化。ビートたけしは、我が子と信仰との狭間で揺れる父親を好演している。ドラマでは、両親が出会って結婚したのち信仰と出会うまでのエピソードを織り交ぜながら、事件当時あまり知られていなかった医師たちと両親のやり取り、それぞれの立場での葛藤を描く。重傷の患者を救うために輸血を行いたい医師たちの苦悩。衰弱する息子を目の当たりにしながらも輸血を承諾できない両親の苦悩。山元清多による脚本は、偏ることなくそれぞれを鋭く描写している。平成5年度文化庁芸術祭芸術作品賞受賞作品。
【ストーリー】
昭和60年11月。少年の乗った自転車がトラックに巻き込まれるという交通事故が起きた。救急車で病院に向かう時点では、少年・荒木健(反田孝幸)の意識ははっきりしていた。処置室に運ばれた健は、複雑骨折をしており、裂傷もひどく出血も多い。容態を落ち着かせるためには輸血が必要だが、それには親の承諾が必要だった。
病院からの連絡を受けた健の父・昇(ビートたけし)と母・ますみ(大谷直子)は、車を飛ばして病院へ向かう。その車中、二人は胸が張り裂けそうな不安をひとつ抱いていた。
「輸血を受けなければならないような大怪我でなければいいが…。」

番組基本情報

  • 制作年 : 1993年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 八木康夫
  • ディレクター・監督 : 山泉脩
  • 原作 : 大泉実成
  • 脚本 : 山元清多
TBS1 TBS2