逃亡者

出演

江口洋介、阿部寛、水野美紀、加藤浩次、長澤まさみ、黒川智花、片平なぎさ、戸田菜穂、別所哲也、原田美枝子、原田芳雄 ほか

  • 放送未定

身に覚えのない妻殺しの罪を着せられた男には、逃亡者となるほか道はなかった。迫り来る追跡者の影に怯え、絶望にさいなまれる日々。しかし、無実を証明するため、そして、家族への愛のため、男は逃げ続けなければならない…。かつてアメリカを、日本を熱狂させた名作をモチーフにした本格的な人間ドラマ「逃亡者」。逃亡と追跡。自分だけを頼みに逃げる男(江口洋介)と、警察という組織で彼を追う刑事たち。逃げる者には心休まる瞬間はない。それでも逃亡中にさまざまな人と出会い、つかの間心が触れ合うこともある。追う側にもさまざまな状況・ドラマがある。有能だが組織になじまぬ一匹狼(阿部寛)、失点を挽回しようと必死な女性刑事(水野美紀)、出世の階段を駆け上がることに懸命なキャリア警官(加藤浩次)らが、警察の縄張り争いや組織自体の問題、プライベートな問題などを抱えながら、執拗に追跡を続ける。妻を殺し、男を逃亡に追い込んだ事件の真相とは?その真犯人は…?複雑に絡み合うそれぞれの運命が、また新たなミステリーとさまざまな人間ドラマを生み出していく。手に汗握るストーリー展開はもちろんのこと、江口洋介演じる主人公・永井徹生が、逃亡者から次第に事件の真相を追う“追跡者”になっていくところも見どころだ。

保護観察官の永井徹生(江口洋介)は妻の淳子(戸田菜穂)、息子の陸(鈴木宗太郎)と幸せな日々を送っていた。しかし、ある日を境にその生活は一変する。徹生の留守宅に何者かが入り込み、淳子を殺害したのだ。犯人は目撃した陸の命も狙うが、間一髪徹生が帰ってくる。徹生と犯人は激しくもみ合うが、結局逃げられてしまった。陸は淳子の父・来栖慶介(原田芳雄)が院長を務める来栖総合病院に運び込まれた。
その後、徹生は県警の刑事・尾崎カオル(水野美紀)と警視庁の刑事・峰島隆司(阿部寛)から事情を聴かれる。聴取を受けるうち、徹生は自分が容疑者として取り調べられていることに気づく。反論するが、不利な証拠が次々と突きつけられ、状況は悪くなる一方だった。心乱れ、絶望の淵に沈みかけていた徹生の前に、思いもかけない逃亡のチャンスを得た。徹生はあえて“逃亡者”という茨の道に踏み込んでゆく…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2004年
  • 全話数 : 11話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 伊與田英徳
  • ディレクター・監督 : 平野俊一、山室大輔、三城真一
  • 脚本 : 飯野陽子、渡邊睦月
  • 主題歌 : 時の舟
  • 歌手 : 松たか子

エピソードリスト

#1 無実の罪

#1 無実の罪

保護観察官の永井徹生(江口洋介)は、妻・淳子(戸田菜穂)を殺され、息子までも命の危機にさらされてしまう。その上、刑事・峰島(阿部寛)から疑いをかけられ…。

#2 最後の別れ

#2 最後の別れ

逃亡した永井(江口洋介)は、息子・陸(鈴木宗太郎)を案じて病院へと戻ってきた。しかし、峰島(阿部寛)は永井が現れることを確信し、病院の警備を固めており…。

#3 謎の男

#3 謎の男

峰島(阿部寛)に撃たれ、永井(江口洋介)は川へと落ちた。永井の生存を確信する峰島だったが、国枝(加藤浩次)は合同捜査本部を解散することを決定する。

#4 真犯人の罠

#4 真犯人の罠

峰島(阿部寛)と国枝(加藤浩次)は8000人の捜査員を動員し、永井(江口洋介)を捜索。一方、カオル(水野美紀)は、永井の犯行に疑問を感じ始めていて…。

#5 義手の男〜犯人との対決の時

#5 義手の男〜犯人との対決の時

咲(長澤まさみ)の携帯電話から、永井(江口洋介)の行き先を掴んだ捜査本部。峰島(阿部寛)に代わり指揮を執ることになった八木(近藤芳正)は羽田空港に包囲網を敷く。

#6 自首

#6 自首

津留(遠藤憲一)が死んだことで無実を証明できなくなった永井(江口洋介)。絶望する永井の様子に不安を感じた咲(長澤まさみ)はカオル(水野美紀)に連絡し…。

#7 息子の命

#7 息子の命

咲(長澤まさみ)の手助けで郡司(別所哲也)の罠を逃れた永井(江口洋介)は津留(遠藤憲一)のアパートに侵入し、徹底的に調べた。すると意外な事実が浮かび上がる。

#8 因縁の対決・家族のための戦い

#8 因縁の対決・家族のための戦い

来栖(原田芳雄)が倒れた隙に、永井(江口洋介)の息子・陸が何者かによって連れ去られてしまう。永井は咲(長澤まさみ)の制止も顧みず、陸を救い出しに向かうが…。

#9 命の取引

#9 命の取引

陸を助け出そうとする永井(江口洋介)のもとに、田所(田中要次)から「助けて欲しければ“ある人物”を殺せ」という電話が入る。反抗する永井だったが…。

#10 犯人の顔

#10 犯人の顔

田所(田中要次)の背後に黒幕が存在することが確実になった。永井(江口洋介)とカオル(水野美紀)は峰島(阿部寛)を残し、田所が宿泊していたホテルに向かう。

#11 真犯人は誰

#11 真犯人は誰

永井(江口洋介)の妻・淳子(戸田菜穂)殺害の動機が病院に関連していることが分かり、来栖病院に潜入した永井。そこへ、国枝(加藤浩次)率いる警官隊が急襲し…。

さらに読み込む

TBS1 TBS2