さとうきび畑の唄(平成15年度文化庁芸術祭大賞受賞作品)

出演

明石家さんま、黒木瞳、坂口憲二、仲間由紀恵、上戸彩、勝地涼、大平奈津美、我妻泰煕、オダギリジョー、森山良子 ほか

  • 今月放送
  • HD

名曲「さとうきび畑」をモチーフにしたスペシャルドラマ。第二次世界大戦下の沖縄で必死に生きた家族の姿を描き最高視聴率32.2%を記録した不朽の名作だ。笑顔の絶えぬ幸せな家族に迫る戦争という大きな波。その波に翻弄されながらも、希望を捨てず家族を守ろうとする父親役を、明石家さんまが熱演する。そのほか、黒木瞳、仲間由紀恵、坂口憲二、上戸彩、オダギリジョーなど超豪華な顔ぶれがそろった。物語の舞台は日本で唯一の地上戦が行われた第二次世界大戦下の沖縄。いつも明るくユーモアを忘れない父と、聡明で美しい母。そして、そんな両親に育てられた5人の子供たちが、ある日突然戦争という波にのまれ、次第に追い詰められていく姿を描いている。主人公の「私は人を殺すために生まれてきたんじゃない」という心からの叫びは、戦争の無益さ、平和の尊さを教えてくれる。遊川和彦の最高傑作の脚本、森山良子の時を超えた名曲、そして最高の役者陣が描いた記憶に残る名作ドラマ。平成15年度文化庁芸術祭大賞受賞作品。

【ストーリー】
那覇で小さな写真館を営む平山幸一(明石家さんま)は、写真を撮りにくる人たちの幸せそうな笑顔を見ているだけで嬉しくなってしまう、人の良い男だ。恋女房の美知子(黒木瞳)とは駆け落ちして結婚。学校の先生をしている紀子(仲間由紀恵)との結婚が決まった長男・勇(坂口憲二)を筆頭に、次男・昇(勝地涼)、長女・美枝(上戸彩)など5人の子供に恵まれ、今また美知子のお腹には6人目の命が宿っていた。
しかし、昭和19年6月、サイパンの日本軍が玉砕し、米軍の沖縄上陸が現実味を帯びてからは、その幸せな一家にも戦争の暗い影が忍び寄る。まず結婚直後の勇に召集令状が届き、昇は通信兵に志願、美枝も従軍看護婦として野戦病院に派遣される。そんな中、戦況はますます悪化し、ついに47歳の幸一にも召集令状が届く。家族で過ごす最後の日、幸一は出征していく子供たちに命の大切さを説く。

番組基本情報

  • 制作年 : 2003年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS/BS−i
  • プロデューサー : 八木康夫
  • ディレクター・監督 : 福澤克雄
  • 脚本 : 遊川和彦
  • 主題歌 : さとうきび畑
  • 歌手 : 森山良子
  • その他 : ※視聴率はビデオリサーチ調べ

TBSチャンネル1

今月 9/30(日)午前11:00〜午後1:20

2018年9月
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2018年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
  • TBSチャンネル1
  • TBSチャンネル2
  • TBSチャンネル1・2

※放送日時は予告なく変更する場合があります。最新情報はEPGをご覧下さい。

  • 9/30(日) 午前11:00〜午後1:20
    • TBSチャンネル1
TBS1 TBS2