赤い運命

出演

宇津井健、山口百恵、三國連太郎、秋野暢子、有馬稲子、志村喬、南條豊、前田吟、岸田今日子、池部良、木内みどり、中村孝雄、仲谷昇、佐々木孝丸、青木和子 ほか

大映テレビ制作のサスペンスドラマ“赤いシリーズ”第3弾。伊勢湾台風の影響で、生まれた子どもが取り違えられる。その運命の歯車によって翻弄される二人の娘役を山口百恵、秋野暢子が熱演。百恵はこのシリーズの好演が認められ、第9回テレビ大賞優秀個人賞を受賞した。前作の「赤い疑惑」でコンビを組んだ三浦友和に代わって、映画「エデンの海」で共演した南條豊が相手役を務め話題となった。

【ストーリー】
昭和34年9月26日、いわゆる伊勢湾台風で、東海地方は大きな被害を受けた。そのとき、吉野信人(宇津井健)の妻・世津子(岸田今日子)と生まれたばかりの娘・いづみ(山口百恵)が行方不明に。名古屋の実家で出産した世津子は、東京の夫のもとに娘を連れて帰る途中の出来事だった。その日から17年、吉野信人は行方のわからぬ妻子の事を心の底に秘めつつ、東京地検の中堅検事として多忙な日々を送っていた。一方、行方不明になった娘・いづみは、孤児として養護施設で“若杉京子”と名づけられ、明るく元気に成長していた。そして、世津子は、記憶喪失のまま“大竹由美子”として、家庭を築いていた。ある日、父娘を引き合わせる事件が起きるが、それをきっかけにさらなる運命のいたずらが…。父娘が真実に気付くのはいつなのか? そして記憶を失った世津子は…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1976年
  • 全話数 : 28話
  • 制作 : 大映テレビ/TBS
  • プロデューサー : 春日千春、山本典助
  • ディレクター・監督 : 降旗康男、富本壮吉、野村孝 ほか
  • 脚本 : 佐々木守、長野洋
  • 主題歌 : 赤い運命
  • 歌手 : 山口百恵

放送日

  • 4/3(月) 午前10:20〜午前11:10 #3 親をかばう血の叫び
    • TBSチャンネル2
  • 4/3(月) 午前11:10〜午後0:00 #4 恐ろしい告白にゆらめく娘心
    • TBSチャンネル2
  • 4/4(火) 午前10:20〜午前11:10 #5 母の記憶がもどる時
    • TBSチャンネル2
  • 4/4(火) 午前11:10〜午後0:00 #6 ほくろ・悲しい愛
    • TBSチャンネル2
  • 4/5(水) 午前10:20〜午前11:10 #7 父ふたり・母は今?
    • TBSチャンネル2
  • 4/5(水) 午前11:10〜午後0:00 #8 他人を装う父と母・・・
    • TBSチャンネル2
  • 4/6(木) 午前10:20〜午前11:10 #9 秘密は父の胸ふかく・・・
    • TBSチャンネル2
  • 4/6(木) 午前11:10〜午後0:00 #10 愛する時と信じる時
    • TBSチャンネル2
  • 4/7(金) 午前10:20〜午前11:10 #11 愛と憎しみの間に
    • TBSチャンネル2
  • 4/7(金) 午前11:10〜午後0:00 #12 父がひとり涙する時
    • TBSチャンネル2
  • 4/10(月) 午前10:20〜午前11:10 #13 ひとりぼっちの我が娘
    • TBSチャンネル2
  • 4/10(月) 午前11:10〜午後0:00 #14 父と娘のわかれの朝
    • TBSチャンネル2
  • 4/11(火) 午前10:20〜午前11:10 #15 今こそ我が娘にすべてを
    • TBSチャンネル2
  • 4/11(火) 午前11:10〜午後0:00 #16 父と娘の血汐は熱く
    • TBSチャンネル2
  • 4/12(水) 午前10:20〜午前11:10 #17 夏の朝・娘は消えた
    • TBSチャンネル2
  • 4/13(木) 午前10:20〜午前11:10 #18 手をとって涙の海へ
    • TBSチャンネル2
  • 4/13(木) 午前11:10〜午後0:00 #19 父の決断の時は来た
    • TBSチャンネル2
  • 4/14(金) 午前10:20〜午前11:10 #20 憎しみの壁を越えて
    • TBSチャンネル2
  • 4/14(金) 午前11:10〜午後0:00 #21 父よ娘よ、母よ子よ!
    • TBSチャンネル2
  • 4/17(月) 午前10:20〜午前11:10 #22 秋風に白く光る殺意
    • TBSチャンネル2
  • 4/17(月) 午前11:10〜午後0:00 #23 母ふたり父ふたり
    • TBSチャンネル2
  • 4/18(火) 午前10:20〜午前11:10 #24 今、新たな運命の時
    • TBSチャンネル2
  • 4/18(火) 午前11:10〜午後0:00 #25 破滅の時が今父の目前に
    • TBSチャンネル2
  • 4/19(水) 午前10:20〜午前11:10 #26 父よ急げ!!娘が誘拐された!
    • TBSチャンネル2
  • 4/19(水) 午前11:10〜午後0:00 #27 愛するがゆえのわかれ
    • TBSチャンネル2
  • 4/20(木) 午前10:20〜午前11:10 #28 運命の父と娘に幸せは?
    • TBSチャンネル2

エピソードリスト

#1 再会・それは悲劇のはじまり

#1 再会・それは悲劇のはじまり

検事・吉野信人(宇津井健)の妻子は、伊勢湾台風で行方不明に。それから17年、ある夜信人は養護施設「白百合園」の火事に遭遇し、1人の娘(山口百恵)を助けた。

#2 逮捕・引き裂かれる父と娘

#2 逮捕・引き裂かれる父と娘

信人(宇津井健)は娘・いづみ(秋野暢子)の友人・島崎直子(山口百恵)が何故か気になる。一方、直子は事件の夜に父(三國連太郎)の革ジャンについた血痕を洗い…。

#3 親をかばう血の叫び

#3 親をかばう血の叫び

島崎(三國連太郎)が信人(宇津井健)担当の殺人事件容疑者で逮捕された。本人は容疑を否認する。しかし娘・直子(山口百恵)はジャンパーについていた血痕が気になり…。

#4 恐ろしい告白にゆらめく娘心

#4 恐ろしい告白にゆらめく娘心

参考人に呼ばれた直子(山口百恵)は信人(宇津井健)の追求に何も答えず、不起訴で釈放された島崎(三國連太郎)は直子と心を通わせた。一方、信人は記憶喪失の妻が…。

#5 母の記憶がもどる時

#5 母の記憶がもどる時

信人(宇津井健)は、直子(山口百恵)が父と信じる島崎栄次(三國連太郎)をかばう姿に心を打たれていた。一方、大竹由美子は偶然見かけた直子の腕にあるほくろから…。

#6 ほくろ・悲しい愛

#6 ほくろ・悲しい愛

直子(山口百恵)は、信人(宇津井健)が容疑者・島崎(三國連太郎)と行う現場検証をじっと見守っていた。一方、由美子(岸田今日子)は失った全ての記憶を取り戻した。

#7 父ふたり・母は今?

#7 父ふたり・母は今?

記憶を取り戻した由美子(岸田今日子)は信人(宇津井健)と17年振りに夫婦として再会したが、「世津子」と呼ぶ信人に「大竹由美子でございます」と答え立ち去った。

#8 他人を装う父と母…

#8 他人を装う父と母…

信人(宇津井健)は由美子(岸田今日子)から、直子(山口百恵)が実娘で、いづみ(秋野暢子)は島崎(三國連太郎)の娘と知らされたが、島崎の為にしばらく隠す事にした。

#9 秘密は父の胸ふかく…

#9 秘密は父の胸ふかく…

直子(山口百恵)は世間の目に耐え切れず飛び出し俊介(南條豊)を求めて吉野家に。一方、信人(宇津井健)は大竹(前田吟)が島崎(三國連太郎)に真実を話したと知り…。

#10 愛する時と信じる時

#10 愛する時と信じる時

島崎(三國連太郎)が自供をひるがえし犯行を否定。態度の急変に信人(宇津井健)、直子(山口百恵)、弁護士・美矢子(有馬稲子)、由美子(岸田今日子)ら皆が驚いた。

#11 愛と憎しみの間に

#11 愛と憎しみの間に

信人(宇津井健)に頼まれ、直子(山口百恵)は父と信じる島崎(三國連太郎)の裁判で証言台に立ち、信人は複雑な心境で尋問を続けた。しかし直子が証言した内容は…。

#12 父がひとり涙する時

#12 父がひとり涙する時

実父を殺した男が島崎(三國連太郎)だと知って、俊介(南條豊)は直子(山口百恵)への気持ちに悩み、信人(宇津井健)はいづみ(秋野暢子)や島崎の為に真実を語れず…。

#13 ひとりぼっちの我が娘

#13 ひとりぼっちの我が娘

俊介(南條豊)は直子(山口百恵)を諦めきれず、島崎(三國連太郎)が実父を殺した事件を調べ、動機を追及した。だが島崎は18年前の犯行を後悔していないと言った。

#14 父と娘のわかれの朝

#14 父と娘のわかれの朝

島崎(三國連太郎)は無実で釈放され、直子(山口百恵)と絆を深めた。俊介(南條豊)は島崎が実父殺害犯としりつつ、直子への愛を貫く決心を固め、それを知った島崎は…。

#15 今こそ我が娘にすべてを

#15 今こそ我が娘にすべてを

直子(山口百恵)は俊介(南條豊)へ別れの手紙を残し、島崎(三國連太郎)と千葉へ。大竹(前田吟)は剛造(志村喬)に直子といづみ(秋野暢子)の真実を話してしまい…。

#16 父と娘の血汐は熱く

#16 父と娘の血汐は熱く

直子(山口百恵)に全てを明かした信人(宇津井健)は、いづみ(秋野暢子)と島崎(三國連太郎)の為に今は娘と呼べないと告げた。直子は大きなショックを受け、だが…。

#17 夏の朝・娘は消えた

#17 夏の朝・娘は消えた

直子(山口百恵)は、島崎の娘として信人(宇津井健)と一緒に暮らすことに。島崎(三國連太郎)は直子を求めて、吉野家や彼女が関係する場所で次々と嫌がらせをする。

#18 手をとって涙の海へ

#18 手をとって涙の海へ

信人(宇津井健)に直子(山口百恵)は島崎の娘として生きると告げた。だが島崎は疑っていた。一方、直子に嫉妬するいづみ(秋野暢子)は信人や俊介(南條豊)に反発し…。

#19 父の決断の時は来た

#19 父の決断の時は来た

島崎(三國連太郎)は直子(山口百恵)に説得され、信人(宇津井健)が紹介した建築現場で働くことになったのだが続かず、島崎は直子をつれて再び東京を去ろうとした。

#20 憎しみの壁を越えて

#20 憎しみの壁を越えて

直子(山口百恵)を連れ逃げる島崎(三國連太郎)を止めようとした信人(宇津井健)の拳が島崎の頬に当たった。この一件で信人は上司・上村(池部良)に辞職願を提出した。

#21 父よ娘よ、母よ子よ!

#21 父よ娘よ、母よ子よ!

信人(宇津井健)は、第2審前に消えた島崎(三國連太郎)と直子(山口百恵)を捜した。一方、島崎から時々直子に会って欲しいと頼まれ、驚く由美子(岸田今日子)だった。

#22 秋風に白く光る殺意

#22 秋風に白く光る殺意

信人(宇津井健)が島崎(三國連太郎)から頼まれた数名の消息調査は、俊介(南條豊)の父と同様、開拓青少年義勇軍の指導者や上官たちで、信人は不安を感じるのだった。

#23 母ふたり父ふたり

#23 母ふたり父ふたり

大竹(前田吟)が重傷との知らせに駆けつけた直子(山口百恵)は、大竹と由美子(岸田今日子)に自分に母はいないと思って生きると告げた。一方、直子をある女性が訪ね…。

#24 今、新たな運命の時

#24 今、新たな運命の時

加代(青木和子)に信人(宇津井健)はいづみ(秋野暢子)こそ自分の娘だと問い詰められ、きっぱりと否定した。そこで加代は私立探偵を雇って真実を知り、その話を…。

#25 破滅の時が今父の目前に

#25 破滅の時が今父の目前に

信人(宇津井健)と加代(青木和子)の話を立ち聞きしたいづみ(秋野暢子)は、自分が島崎(三國連太郎)と加代の娘だと知ってしまう。この事実にいづみは打ちのめされ…。

#26 父よ急げ!!娘が誘拐された!

#26 父よ急げ!!娘が誘拐された!

島崎(三國連太郎)の娘と知ったいづみ(秋野暢子)は自殺を図るが、信人(宇津井健)と俊介(南條豊)に救われた。一方、島崎の復讐相手の部下が島崎をひき殺そうと…。

#27 愛するがゆえのわかれ

#27 愛するがゆえのわかれ

信人(宇津井健)は大竹建設が倒産寸前と知り、家を売って救った。一方、直子(山口百恵)は捕われた島崎(三國連太郎)を待ちつつ、俊介(南條豊)を諦める決心をする。

#28 運命の父と娘に幸せは?

#28 運命の父と娘に幸せは?

直子(山口百恵)の固い決心を知った俊介(南條豊)はいづみ(秋野暢子)の愛に応えようとする。捕われた島崎(三國連太郎)は第2審の日、解放されたが現れなかった。

さらに読み込む

TBS1 TBS2