イチオシ!

3カ月連続 倉本聰脚本ドラマ特集(2017年8月)

高倉健主演「あにき」
高倉健主演「あにき」

数々のヒットドラマを生んできた脚本家・倉本聰のTBSドラマの代表作を大特集。今なお現役で脚本を執筆し続けている倉本が手がけた作品を8月から3カ月にわたりお届けします!
日本を代表する映画俳優・高倉健が唯一出演した連続テレビドラマ『あにき』(1977年)。東京の下町・人形町界隈、病気で婚期を逃した妹を嫁がせようと苦心する兄と、周囲の人々との心の触れ合いを描いた、倉本聰による書き下ろし作品。
CS初放送の日曜劇場『おりょう』(1971年)は、幕末が舞台の時代劇。八千草薫主演、内藤武敏、大出俊、露口茂らベテラン俳優が共演。
同じくCS初放送の日曜劇場『祇園花見小路』(1973年)は、祇園を舞台に廓の人間模様をきめ細やかに描いた作品。奈良岡朋子、萩原健一らが出演。
倉本ならではの台詞で、描かれていく情緒。じっくりと味わってみてください。

TBS1 TBS2