ブログ

撮影レポート 清野菜名 篇

2016.12.16

藍色のシンプルな衣裳に真っ赤なスカーフを首に巻いてスタジオに登場したのは、沙霧を演じる清野菜名さん。ボーイッシュなヘアスタイルがキュートなのですが、右肩が露出しているところはちょっとセクシーだったりもします。

picture

「かっこいいね」「身が軽そう!」などと声をかけられつつフロアに出てくると、まずはテスト用に短刀を構えてポーズ。アートディレクターの河野さんは「もっと、やんちゃな感じがいいな」と一言。すると演出のいのうえひでのりさんが「じゃ、短刀の持ち方を逆手にするといいよ」とアドバイス。さらに河野さんが「身体をちょっと反ってみて」と注文すると、「“安彦立ち”みたいな?」と言って、アニメキャラが良くやっているような立ち姿を自らやってみせるいのうえさん。「あ、それです!」と河野さんが同意すると、ちょうどそのタイミングからBGMがヘヴィ・メタルに変わり、全体のテンションも徐々に上がっていきます。

picture

モニターに映し出されたテスト写真をチェックした河野さんが「パンツの色、もう少し濃い方が良くない?」と相談すると、衣裳の竹田さんがすぐさま対応。あっという間に濃いめの藍色に変更したパンツに代えると、そこから改めて本番の撮影がスタート!

picture

picture

カメラマンの野波さんからは「ちょっと生意気そうな感じ」とか「目線を強めでレンズを睨んでみて」などと注文され、表情をくるくると変化させながら応えていく清野さん。そこにアクション指導の川原さんも加わり「イナバウアーみたいに身体を反ってみようか」「顔は正面を向けながら、肘を曲げて、肩はもっと下げて」など、なかなか難しいリクエストが続きます。こうして身体に負荷を与えてひねりを効かせると、より美しいポーズが生まれるのです。

picture

ここでもまた風を使って衣裳やスカーフをなびかせることになり、ヘアメイクの宮内宏明さんが“風係”としてブロワーで絶妙な風を起こしていきます。この時は河野さんも自ら、大型ファンの風向きを調整。さらに竹田さんたち衣裳スタッフがスカーフや衣裳の裾などに糸をつけて引っ張ったりして、全体のバランスを見ながら撮影していきます。その際、スカーフの長さをもう少しだけ短くしようかということになると、布をライターでさっと炙っていく竹田さん。先のほうが不思議にくしゅくしゅっと加工されているのは、そんな技も使われていたのです。

picture

片膝をついたり、腰をぐっと落としたりと、ずーっと長時間低い姿勢でがんばる清野さん。野波さんも手持ちカメラを駆使してアクティブに移動しながら、ものすごいスピードでシャッターを切っていきます。映画のワンシーンのような、雰囲気のあるショットの数々に、モニター前で見守るスタッフたちからはたびたび歓声が上がります。

picture

撮影が進むにつれてどんどん目の輝きを増していっていた、清野さんにも撮影の感想や意気込みを語っていただきました。

——今回の劇団☆新感線『髑髏城の七人』に参加されることになって、まずどんなことを思われましたか。
作品のことをいろいろ調べてみたら、『髑髏城の七人』の初演は1990年と書いてあって。私の生まれる4年前だったんですよ。なので、本当に歴史のある作品なんだな、そんな素晴らしい作品に私も参加できるんだってうれしく光栄に思うと同時に、ちょっと不思議な気持ちにもなりました。

——劇団☆新感線のことはご存知だったんですか。
はい。作品の名前は覚えていないんですが、高校3年生の時にオーディションを受けたことがあるんですよ。殺陣がある作品だったので、オーディションでも殺陣をやったり走ったりしました。その時は残念ながら不合格だったんですけどね……(笑)。

——新しい劇場でやることに関してはいかがですか。
客席が360度まわると聞いた時は、すごい劇場なんだなと思ってワクワクしました。今まで自分もお客さんとしてそんな経験はしたことがないので、実際にどうなるのかはまだ全然わからなくて。写真でちょっとだけ見させていただいたんですけど、でもやっぱりまだ想像できないですね。

——そして清野さんが演じる沙霧役に関しては、現時点ではどんなふうに演じてみたいですか。
すごく男勝りな役なんですけど。でも最初から最後まで通してみた時に、かっこいいけどカワイイ女の子なんだなというイメージも残したいですね。活発で、人情のあるところもうまく演じられたらいいなと思っています。

——今日の衣裳を着た感想はいかがでしたか。
ちょっと、くノ一っぽかったので、着た時すごくテンションがあがりました。今までアクションはいろいろやっているんですが、忍者みたいな感じのはやったことがなかったので。短剣を逆手持ちにして殺陣をするというのも、今回すごく楽しみなんです。

——先ほどモニターでチェックされている時も、なんだかとてもうれしそうでした。
ここまで躍動感のある撮影って、あまり最近はやっていなかったので。激しく動きながら撮っていただくとやっぱりかっこいいなあーって思って見ていたんです。自分の写真ですけど(笑)。早くみなさんにもチラシやポスターで見ていただきたいなと思いました。

——稽古、本番はまだちょっと先ですが、それに向けて準備しようと思われていることは。
実はもう、半年くらい前からジムに通っているんです。今、腰の強化をしています。

——腰が大事。
はい。アクションは腰を落としてやるのが基本なので、それに耐えられる身体づくりを今からやっています。それと小栗さんに「沙霧は走り担当だから」と言われたので、ジョギングも始めようかなと思っているところです。

——確かにあの劇場のステージ部分は、ぐるっと走れそうですよね。
そうですよね、ちょっと気持ちよさそうです(笑)。これまでの沙霧に負けないくらいにカッコイイ沙霧を演じられるようにがんばりたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!