みどころ

『世界への道は、ここから開かれる。』
11年ぶりに2ステージ制が復活したJ1リーグ!
武藤ら日本代表3人を揃えるFC東京と、中澤擁する横浜F・マリノスが激突!

2004年以来11年ぶりに2ステージ制を導入し、年間総合優勝を決めるチャンピオンシップの開催を決めたJリーグ。
前期・後期の優勝チームと年間勝点上位チームだけに出場権が与えられるチャンピオンシップ(1回戦・準決勝・決勝)へ向け、白熱した戦いの舞台が整った。
見所が大幅に増し、激戦が繰り広げられる2015 Jリーグを4年ぶりにTBS地上波で放送が決定!
J1リーグ第2節の注目カード、「FC東京×横浜F・マリノス」の一戦を中継する。

現在、日本代表にJリーグ最多の3人を送り込むFC東京。最注目は現役慶応大生として去年13ゴールを挙げ、ベストイレブンにも選ばれた武藤嘉紀(22)。代表デビュー2戦目で鮮烈ゴールを決めるなど今最も期待のJリーガーだ。ディフェンスラインには森重と太田という代表2人を揃える中、新たな得点源として磐田から元日本代表FW・前田遼一が新加入。磐石の体制で悲願のJ1初タイトルを狙う。

 対する横浜F・マリノスは、ブラジルW杯代表の斎藤学やラフィーニャなど魅力的な攻撃陣に加え、 中澤・栗原の元日本代表センターバックコンビが鉄壁の守備でFC東京の強力フォワードを迎え撃つ。
さらに、今季はフランスから新監督・モンバエルツを招聘。新指揮官の下、2004年以来の栄冠に挑む。

 一方、アギーレ氏の解任が決まり、新監督の選考で揺れる日本代表。3月末に国際親善マッチを控える中、新たな船出となる新生・日本代表にも注目が集まる。メンバー発表を直後に控えたこの一戦は新旧・日本代表戦士を揃える両チームにとって、代表入りを懸けたサバイバル決戦としても目が離せない。