TBS BOXING

TBS BOXING top

スポーツカテゴリー一覧


オンエア情報


ボクシング 天下分け目の2大決戦
9月13日(水)よる7時56分TBS系列生中継


2017年9月13日、大阪で因縁の日本人対決、勃発!

去年の大晦日。22勝22KOの怪物王者、ジョナタン・グスマンからまさかの王座奪取。
下馬評を覆す大金星を上げたIBF世界S.バンタム級王者、小國以載(角海老宝石)。
そんな小國の初防衛戦が9月13日に決定した。
相手は、「イーグル・アイ」の異名を持つIBF世界S.バンタム級3位・岩佐亮佑(セレス)。
現WBC世界バンタム級王者の山中慎介と日本バンタム級王座をかけて拳を交え、
日本ボクシング史に残る激闘を繰り広げたサウスポーだ。

実は、この二人は過去に一度だけ拳を合わせたことがある。
それは小國が高校2年、岩佐が高校1年の時の選抜大会2回戦。
結果は判定18-8で岩佐の圧勝。岩佐はその後、高校3年時に3冠を達成するなど
アマチュアで輝かしい実績を残したが、小國は目立った実績を残せぬまま大学へ進学。
「岩佐はスターで自分は凡人。こういう選手が世界王者になると思っていた。」と、
小國は岩佐の印象を振り返る。

プロ入り後も先を走り続けるのは岩佐だったが、世界戦をきっかけに両者の立場は逆転する。

2015年6月。敵地イギリスに乗り込み、IBF世界バンタム級王座決定戦に挑むも
まさかの6RTKO負けに終わった岩佐に対し、
小國は、2016年大晦日。IBF世界S.バンタム級タイトルマッチで、王者・グスマンから、下馬評を覆すまさかの判定勝利。初挑戦で、見事世界の頂点に上りつめた。

そんな両者が11年半の時を経て、世界タイトルマッチのリングで再び拳を交える!
王者・小國が高校時代のリベンジを果たし、初防衛を飾るのか?
それとも、挑戦者・岩佐が再び小國を倒し、悲願の世界王座を手にするのか?

9月13日、因縁の日本人対決から目を離すな!





日本最速2階級王者・田中恒成のWBO世界L.フライ級王座2度目の防衛戦!!
これまで日本ボクシング界の記録を塗り替え続けてきた“最速男”がプロ10戦目にして遂に全国デビュー!この階級で最強王者である事を日本中に証明する試合となるか!?

高校4冠を獲得後、在学中にプロデビュー、“中京の怪物”の伝説はここから始まった。
わずかプロ4戦目で東洋太平洋王座を獲得し、続く5戦目は19歳でWBO世界ミニマム級王座を獲得!これは井岡一翔(7戦目)、井上尚弥(6戦目)の記録を上回る日本最速でのタイトル奪取。さらにプロ8戦目では階級を1つ上げてWBO世界L.フライ級王座を獲得、井上尚弥の記録に並ぶ日本最速での2階級制覇を達成した!!

そして、今年5月には16戦全KOの最強挑戦者に大差判定勝利で初防衛に成功。
ここまで数々の金字塔を打ち立ててきた田中恒成、最大の武器は「スピード」
素早いステップワークで間合いを詰め、速く鋭いパンチで相手をリングに沈めてきた。

今回 2度目の防衛戦で田中の前に立ちはだかる相手は、
WBO世界L.フライ級13位、パランポン・CPフレッシュマート(タイ)
戦績は15戦14勝(8KO)1敗。右ボディーストレートを中心に繰り出す
多彩なコンビネーションと豊富なスタミナを武器にWBAアジア王座を4度防衛。
現在14連勝中と勢いに乗るタイの強敵!

田中はさらなる伝説を築くためにも、この試合は絶対に負けるわけにはいかない!
この難敵をクリアして見据える先は、WBA世界L.フライ級王者・田口良一との
王座統一戦、さらには階級を上げて世界最速での3階級制覇挑戦への道が開かれる。

記録を塗り替え続ける最速男!次世代を担う22歳の全国デビューを見逃すな!!


ボクシング

豆知識
オンデマンド

チャンピオン

名前 王座名 防衛回数
高山 勝成(仲里) WBO世界ミニマム級 0
八重樫 東成(大橋) IBF世界ライトフライ級 1
田口 良一(ワタナベ) WBA世界ライトフライ級 4
井岡 一翔(井岡) WBA世界フライ級 3
井上 尚弥(大橋) WBO世界スーパーフライ級 3
山中 慎介(帝拳) WBC世界バンタム級 11
長谷川 穂積(真正) WBC世界スーパーバンタム級 0
★※は現役王者
★1998年に「ジュニア○○○級」という呼称の形式を採用していたが、1998年にWBAとWBCとでルールが統合され、両団体で異なっていた呼称も「スーパー○○○級」に一本化されたため
ジュニアミドル級→スーパーウェルター級
ジュニアウェルター級→スーパーライト級
ジュニアライト級→スーパーフェザー級
ジュニアフェザー級→スーパーバンタム級
ジュニアバンタム級→スーパーフライ級
ジュニアフライ級→ライトフライ級
へ変更された。
また、ストロー級はミニマム級の以前の名称。

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.