現場レポート

Vol.362015/12/20(日)

みなさんこんにちは!
ついに最終回の放送日となりました12月20日、ダイジェスト番組や緊急企画番組などで“下町ロケット祭り!”的な日曜日となっておりますところ、こちら番組サイトの現場レポートでは、前回のレポに続きまして、チーム下町ロケット俳優部の撮了の様子などを紹介させていただこうかと思いまして、まずは…

イメージ

こちら、大田区は蒲田の繁華街にて、ジャイ監督のバックショット。かの人気プロレスラーハルク・ホーガンの「イっチバ〜ン!!!」というパフォーマンスではありませんw。集まっていただいた大勢のエキストラさんへ、監督自ら動きを付けていて「よしっ、それじゃいってみよう!」と、声をかけているところですね。
ちなみに、こちらの撮影は前回の現場レポで紹介した最後、12月15日の翌日のこと。前日は25時過ぎに現場を撤収しまして、それから数時間後、こちらの蒲田ロケから撮影再開!
そして、この現場で、

イメージ

“ガウディ計画編”のキーパーソンの一人となる中里を演じた高橋光臣さんが全ての撮影を終えられましたー。

・高橋光臣
絶好調のこのドラマに参加できて、本当に嬉しく思います。スタッフさんもかなりタフな撮影が続いていると思いますが、あと少し、頑張ってください!

して、高橋さんが撮影現場を後にされて、チーム下町ロケットは茨城県はつくば市の、レギュラーロケ地として協力していただいている企業「フジキン」さんへ移動。小泉孝太郎さん演じる椎名社長のお父さんを演じる、あの「酒場放浪記」でおなじみの吉田類さんの登場ブロックを撮影しつつ、

イメージ

吉川さん演じる財前部長の部長室シーンの撮影です。
そうそう、ネットニュースなどでご存知かと思われますが、原作者の池井戸潤氏が撮影現場を訪問されたのがこのときでした♪
池井戸先生、あらためまして、美味しい差し入れありがとうございましたー!
♪( ´▽`)

そしてほどなく、こちらの撮影にて、山崎開発部長を演じた安田顕さんと、“ガウディ計画編”の後半から登場した咲間倫子さんを演じた高島彩さんが、それぞれすべての撮影を終えられました。

イメージ

ということで、

イメージ

・高島彩さん
人生で初めての経験ばかりで緊張の連続でしたが、みなさんに支えられてどうにか乗り切ることができました。最終日ということで、思い切り“イエーィ”とやりたいところですが、慣れないことのストレスか、胃痛がしています。阿部さんはまだまだ続きますので、頑張ってください!

イメージ

・安田顕さん
今までにない貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。前日に佃製作所のみなさんが撮影を終わられて「本当に終わってしまうんだなぁ…」と感慨深げなところでしたが、今日は終わった気がしていない感じです。
常に阿部さんの背中を見ていたような3か月間でしたが、20日のオンエアまで、みなさんどうぞご無事で。大変お世話になりました。

撮画現場から送り出しまして、晩ご飯タイムを挟み、いよいよこの日の撮影ブロックの佳境へと向かいます。
ちなみに、どんなシーンの撮影かというと…、

イメージ

ベストに腕まくり姿で、あるマシンを操作している財前部長の図♪
3つ揃えスーツ姿もかっこいいけど、こうしたちょっと着崩した格好の財前部長の姿にも、キャ〜って声があがるんだろうなぁ…なんて思いまして、サービスショット的な感じですー。
ちなみに、どんなシーンかというと…
それは、この後よる9時より放送の最終回をご覧いただければ有り難き幸せにて御座候ぅ…
<(_ _)>

そして、このシーンをもちまして、財前部長を好演された吉川晃司さんが撮了を迎えましたー!
と、そこに、数時間前にこの日の撮影を終えていた阿部さんがやってきて、撮了を迎えた吉川さんと固い握手を交わされました!!!

イメージ

ほどなく、阿部さんのサプライズ登場の興奮が落ち着きまして、

イメージ

・吉川晃司さん
たくさん学べました。大変、モチベーションの高いチームと仕事がでたと思っています。何とか、無事に仕事はできたのでしょうか?
(との言葉に、周りのスタッフから大きな拍手が起きて)
いや〜、参ったw、ありがとうございました!

以上、吉川さんが撮了を迎えたところで、この日の撮影は終了。16日の早朝から始まった撮影は、日付が変わっていました…。
さてさて、12月17日の撮休をはさみまして、12月18日、いよいよ撮影も最終日です。文京区にあります「ホテル椿山荘」でのロケにて、朝の7時から撮影がスタートしまして、

イメージ

椎名社長と石坂部長、そして富山さんの3shotシーンの撮影をもって、石坂部長を演じた石井一孝さんと、富山さんを演じた新井浩文さんが、全ての撮影を終えましたー。

・石井一孝さん
ものすごく勉強になりましたし、映画人である新井浩文さんには、メチャお世話になりました。
一曲、歌ってもいいですか?
ネタを用意してきたのですが、この作品で石坂部長が生まれたことに、自分で自分を祝いたいと思います♪
ハピバースデートゥーミー、ハピバースデートゥーミー、
ハピバースデーディア、ムネちゃーん♪

と、石坂部長として部長自身にハピバ―スデーを歌う石井さんでしたw
そんな石井さんの次に撮了のコメントを求められた新井さん、

・新井浩文さん
ホント、コメントしづらいですがw、本当にお疲れさまでした。最初はどうなることだろうかと心配でしたが、デビューして15、6年になりますが、確実に地獄現場ナンバー1でした。

と、それぞれコメントをいただいたところで、この椿山荘現場での撮影は完了。
チーム下町ロケットは、サヤマ製作所シーンの撮影で協力いただいている神奈川県は茅ヶ崎市の「アルバック」さんでのロケにて、

イメージ

社長室でのやり取りを撮影したところで、月島さんを演じた福田転球さんが全ての撮影を終えられました♪

イメージ

・福田転球さん
ありがとうございましたという気持ちしかございません、本当に感謝しています。いっぱいしゃべりたいのですが、ありがとうという感謝の気持ちだけにしておきます。

以上、ここまでチーム下町ロケット俳優部の撮了の様子を紹介させていただきまして、いよいよ残るは、椎名社長を演じる小泉孝太郎さんと、佃社長を演じる阿部寛さんのみとなりました。福田さんが撮了を迎えた後、最終回の大きな見どころの一つとなります、“椎名社長 vs 佃社長”の直接対決シーンの撮影が行われました。台本25ページにも及ぶ二人だけの長いシーンの撮影の様子と、お二人が撮了を迎えたときのコメントなどは、またあらためて紹介させていただきますので、ぜひぜひお楽しみにー。

イメージ

ということでみなさん、最終回の放送まで、諸々をば整えていただきまして、心行くまで“ガウディ計画編”の最終回をお楽しみくださいませませー!
<(_ _)>m(_ _)m<(_ _)>

土屋太鳳さんがお届けします!下町ロケットニュース!

PAGE TOP