イントロダクション

阿部寛×東野圭吾×熊川哲也Kバレエカンパニーの強力タッグが実現!
2014年新春ドラマ特別企画として放送決定!!
累計1000万部を超える加賀恭一郎シリーズで
加賀の分岐点となる人気作をドラマ化!!!
加賀を魅了した才能あるバレリーナ役の
ヒロインを演じるのは石原さとみ!

多くのファンに続編を待望されていた「加賀恭一郎シリーズ」が、満を持して、2014年新春ドラマ特別企画として放送が決定しました。
2010年に放送された日曜劇場『新参者』(4月18日〜6月20日)では、初回視聴率21%、平均視聴率14.9%を記録。物語の舞台となった人形町は“新参者効果”で観光客が押し寄せ、一大ムーブメントを巻き起こし、2011年1月3日放送の『東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画「赤い指〜『新参者』加賀恭一郎再び!」』では、平均視聴率15.4%を記録。加賀と父・隆正(山﨑努)との確執と絆も明らかになった話題作。また、2012年1月には、東京・日本橋の翼のある麒麟像から事件が始まった映画「麒麟の翼」も大ヒット。ファンは増え続け、加賀恭一郎シリーズの人気はとどまることがありません。

9月に発行したシリーズ10作目「祈りの幕が下りる時」(講談社)も既に27万部を超え、なんと累計1000万部を超える国民的人気シリーズとなった「加賀恭一郎シリーズ」。過去の謎が明らかになる最新作に繋がっていく『眠りの森』は、加賀の人格形成の背景を深くえぐり出していて、読者の心を魅了し続けてきた“発行部数100万部を超える”圧倒的な人気作です。

東野ミステリーの中でも屈指の人気を誇る名捜査人・加賀恭一郎の大きな武器は、類まれなる洞察力と緻密な観察眼。複雑に入り組んだ謎を、驚くべき頭脳と行動力で解決する。犯人を突き詰めるだけではなく、複雑に絡み合った人たちの心の傷を、一つ一つ紐解く加賀に、容疑者たちは、すべてを打ち明けていく……。

今回の『眠りの森』は、そんな加賀を形成した過去が明らかになるヒントも秘められ、いつも冷静で硬派な加賀が、ヒロインに抱く恋愛的な感情を垣間見ることができるという珍しい作品。加賀は才能あるバレリーナの女性たちに魅せられ、惹きつけられ、自分が紐解いた哀しき真実に苦悩するという“大人が泣ける”大人の刑事ドラマです。

『眠りの森』は、バレエ界を舞台にした作品ということで、世界が認めるバレエダンサー・熊川哲也が芸術監督を務めるKバレエカンパニーの全面協力の下、撮影されました。振付から音楽、舞台美術、衣裳など、舞台に関わる全ての要素を、Kバレエカンパニーが実際の公演で使用するものを用意し、「白鳥の湖」「眠れる森の美女」の演目も登場。カンパニーの宮尾俊太郎、益子倭はダンサー役として、他のダンサーもステージのシーンでドラマに出演されます。また、出演者へはカンパニーのプロフェッショナルなスタッフによる丁寧な指導を行い、本格的な仕上がりに。バレエファンの方にも存分に楽しんでいただける映像も見どころでしょう。

事件の真相に共に迫る先輩刑事として、柄本明が出演。ヒロインのバレリーナ役には石原さとみが出演します。バレリーナ役を本格的に演じるのは初めて。バレエ以外は興味が無いほどバレエに夢中というバレリーナ役を熱演するために、撮影の合間を縫って、熊川哲也が芸術監督を務めるKバレエ カンパニーのプロフェッショナルなスタッフから丁寧な指導を受け、真剣にレッスンに励ん石原さん。加賀を一瞬で魅了した、王子を誘惑するように踊る「白鳥の湖」の“黒鳥”のシーンは見逃せません。
また、高柳バレエ団のプリマで、日本を代表するバレリーナ・高柳亜希子を演じるのは、元宝塚歌劇団雪組トップスターの実力派女優・音月桂。幼い頃からバレエに勤しみ、その才能を見出されて、バレエ団事務所の経営者の養女として育てられた亜希子。そのためバレエを続けなければならないという宿命を背負い、バレエ以外のすべてを犠牲にして生きてきた女性である。そんな亜希子を、石原と同じくKバレエ カンパニーのプロフェッショナルな指導を受けた音月が熱演します。
スケール感もパワーアップして、美しく芸術的な面をもつ「加賀恭一郎シリーズ」にぜひご期待ください!!

(写真)