9月29日開幕

会場紹介

※ 一部端末では動画がうまく再生できない場合がございます

横浜アリーナYOKOHAMA 横浜

これまで、様々なアーティストのコンサートやボクシングの世界タイトルマッチなどスポーツのビッグイベントが開催されてきた横浜アリーナ。
日本の「優良ホール100選」に選ばれるなど国際都市・横浜を象徴する建造物の一つでもある。
バレーボールでは2008年にワールドグランプリの決勝ラウンドを開催。
日本戦には1万2千人を超えるファンが詰め掛けた。
今大会では、日本の1次ラウンドと準決勝・決勝ラウンドの舞台となる。
開幕戦から全日本の熱いプレーとファンの大声援がこだまするアリーナはまさにバレーボール 一色の世界に包まれる。
そして、大会最終日、全世界が注目する、真の世界一が決まる瞬間、横浜アリーナはバレーボールの聖地となる!

1次ラウンド Pool A 【 9/29(土)、30(日)、10/1(月)、3(水)、4(木) 】

日本(6位)、オランダ(8位)、アルゼンチン(11位)
ドイツ(13位)、カメルーン(18位)、メキシコ(26位)
※カッコ内は世界ランキング 2017年7月発表時のもの

決勝ラウンド【 準決勝:10/19(金)、決勝:20(日) 】

上位6チーム

アリーナ概要

所在地 : 神奈川県横浜市港北区新横浜三丁目10番地
アクセス : JR横浜線・東海道新幹線新横浜駅から徒歩約5分
横浜市営地下鉄ブルーライン新横浜駅6番出口から徒歩約4分
収容人数 : 12,000人

北海きたえーるSAPPORO 札幌

バレーボールの国際大会としては、2013年のワールドグランプリ以来となる開催。
2006年の世界バレーでは今大会と同じくPool Bの会場として中国やロシアの熱戦を彩った。
今大会では優勝候補の中国を筆頭に、タレント豊富なイタリア、欧州の強豪・トルコ、ブルガリア、北中米のカナダ、キューバが集結。
中国が頭一つ抜けているが、他はランキングが均衡しており、どの試合も熱戦が予想される。北の大地で2次ラウンドに勝ち上がるのはどの4チームか!?

1次ラウンド Pool B 【9/29(土)、30(日)、10/2(火)、3(水)、4(木)】

中国(1位)、イタリア(7位)、トルコ(12位)
ブルガリア(17位)、カナダ(19位)、キューバ(25位)
※カッコ内は世界ランキング 2017年7月発表時のもの

スタジアム概要

所在地 : 北海道札幌市豊平区豊平五条11-1-1
アクセス : 札幌駅から地下鉄東豊線で10分、豊平公園駅より直結
収容人数 : 7,000人

グリーンアリーナ神戸KOBE 神戸

グリーンアリーナ神戸は昨年、クラブチームの世界一決める戦い、バレーボール世界クラブ選手権の決勝ラウンドが行われたばかり。
世界バレーでは1998年男子大会、2006年女子大会の会場として使用され、世界バレーとは馴染み深い。
今大会では連覇を狙うアメリカ、美女軍団・ロシア、アジアの強国・韓国、タイや2014世界バレーで日本を破ったアゼルバイジャン などが名を連ねる。
1次ラウンド最激戦区となるPoolCは、どの試合からも目が離せない!

1次ラウンド Pool C 【9/29(土)、30(日)、10/2(火)、3(水)、4(木)】

アメリカ(2位)、ロシア(5位)、韓国(10位) タイ(16位)、アゼルバイジャン(24位)、トリニダード・トバゴ(34位)
※カッコ内は世界ランキング 2017年7月発表時のもの

スタジアム概要

所在地 : 兵庫県神戸市須磨区緑台
アクセス : 神戸市営地下鉄の西神中央行きで総合運動公園駅下車、徒歩3分
収容人数 : 6,000人

浜松アリーナHAMAMATSU 浜松

セルビアやブラジルといった世界バレー初優勝を狙う強豪が集結しているPoolDの浜松アリーナ。
2010年世界バレー日本開催同様、ブラジルチームの会場となる今大会、日本有数の産業集積都市で多くのブラジル人労働者が住む浜松では、サンバのリズムに乗った陽気な応援がブラジルチームを後押しする。
また、リオ五輪銀メダルで中国、アメリカと並び優勝候補の一角に挙げられるセルビアの戦いにも注目だ!

1次ラウンド Pool D 【9/29(土)、30(日)、10/1(月)、3(水)、4(木)】

セルビア(3位)、ブラジル(4位)、ドミニカ共和国(9位) プエルトリコ(13位)、カザフスタン(21位)、ケニア(33位)

※カッコ内は世界ランキング 2017年7月発表時のもの

アリーナ概要

所在地 : 静岡県浜松市和田町808-1
アクセス : JR浜松駅からバスで15分
( JR浜松駅北口バスターミナル10番ポールから「磐田・見付」行き「浜松アリーナ」下車 )
JR天竜川駅から徒歩15分
収容人数 : 5,000人

日本ガイシホールNAGOYA 名古屋

2次ラウンドと3次ラウンドを開催する愛知・名古屋の日本ガイシホール。
2次ラウンドでは、全日本が属するPoolAとPoolDからの勝ち上がりチームが対戦する。
日本やオランダ、ブラジル、セルビアらが上がってくることが予想され、3チームのみが3次ラウンドへ進出できる。
そして、ファイナルへとつながる3次ラウンドは全試合開催。
メダル獲得への正念場。6チームによる死闘が繰り広げられることは間違いない!

2次ラウンド Pool E 【10/7(日)、8(月)、10(水)、11(木)】

PoolA上位4チーム×PoolD上位4チーム

3次ラウンド Pool G・H 【10/14(日)、15(月)、16(火)】

PoolE上位3チーム、PoolF上位3チーム 計6チーム

スタジアム概要

所在地 : 愛知県名古屋市南区東又兵ヱ町5-1-16
アクセス : JR東海道線笠寺駅下車、連絡橋で徒歩3分
収容人数 : 8,000人

大阪市中央体育館OSAKA 大阪

1998年、2006年の世界バレーで決勝の舞台となった、大阪市中央体育館。今大会では、 日本ガイシホールとともに2次ラウンドの開催地となる。PoolBとPoolCからの勝ち上がりチームが対戦する。
優勝候補の中国、アメリカ、ロシア、イタリアらが上がってくると思われ、3次ラウンドへ、わずか3つのイスをかけた壮絶な戦いが繰り広げられることが予想される。
世界バレー歴代優勝チームが圧倒するのか!?新興勢力の躍進はあるか?

2次ラウンド Pool F 【10/7(日)、8(月)、10(水)、11(木)】

Pool B上位4チーム×Pool C上位4チーム

スタジアム概要

所在地 : 大阪府大阪市港区田中3-1-40
アクセス : 地下鉄中央線 朝潮橋駅下車、2番出口より西へ徒歩3分
収容人数 : 8,000人

外部ページへ移動します

ページトップへ