9月29日開幕

ニュース

世界バレー 2次ラウンド第2戦【プールF】

2018年10月8日 (月) 21:00

画像

各プールの1次ラウンドを勝ち抜き、2次ラウンドに進出した16チーム。
今日から3次ラウンドへと生き残りをかけたサバイバルが始まる。
プールFは、イタリア・中国・トルコ・ブルガリア・アメリカ・ロシア・タイ・アゼルバイジャンの8チーム。
1次ラウンドの成績を持ち越しているので各チーム負けられない戦いが続く。

【プールF第1試合】
3次ラウンド進出へ1敗を死守したいロシアがブルガリアと対戦。
1セットは取られたものの、ロシアがブルガリアを降した。
ロシアは6勝1敗。ブルガリアは2次ラウンド敗退となった。
ブルガリア1−3ロシア(21-25,20-25,25-23,19-25)

画像

【プールF 第2試合】
ここまで全勝のアメリカがトルコと対戦。
負けるともう後が無いトルコだったが、世界バレー連覇を狙うアメリカは強かった。ストレート勝ちでアメリカは7戦全勝。3次ラウンドへまた一歩前に進んだ。トルコは3勝4敗、2次ラウンド敗退が決まった。
トルコ0−3アメリカ(21-25,17-25,18-25)

画像

【プールF 第3試合】
中国も3次ラウンド進出に向け、もう負けられない。
さすが世界ランク1位の中国。アゼルバイジャンをストレートで撃破。
中国は6勝1敗とした。アゼルバジャンは2次ラウンド敗退となった。
中国3−0アゼルバイジャン(25-17,25-16,25-17)

画像

【プールF 第4試合】
3枠を争うサバイバル2次ラウンド。
全勝のイタリアがタイをストレートで降し、プールF首位をキープ。
タイは2次ラウンド敗退となった。

第2戦を終えて、3次ラウンドの3枚の切符はイタリア・アメリカ・中国・ロシアの4チームに絞られた。
イタリア3−0タイ(25-15,25-12,25-15)

2次ラウンド第2戦を終えて、順位は以下のようになった。
<プールF 順位>
1イタリア(7勝0敗)勝点21
2アメリカ(7勝0敗)勝点19
3中国(6勝1敗)勝点18 ※セット率上位
/////////////////////////////////
4ロシア(6勝1敗)勝点18
5タイ(3勝4敗)勝点10
6トルコ(3勝4敗)勝点9
7ブルガリア(2勝5敗)勝点6※セット率上位
8アゼルバイジャン(2勝5敗)勝点6
※10月8日試合終了時
※上位3チームが3次ラウンド進出

ニュース一覧へ

外部ページへ移動します

ページトップへ