9月29日開幕

ニュース

【2次ラウンド初戦。中田ジャパン、ドミニカ共和国と激戦制す!!】

2018年10月7日 (日) 23:30

負けられない2次ラウンド初戦をフルセットの激闘で制した中田ジャパン。
古賀がチームトップの23得点。黒後が20得点。途中出場で会場を沸かせた長岡が9得
点と取るべき選手が活躍。
ドミニカのパワーに押され2セットを失うが、オランダ戦の惜敗を払拭するフルセット勝利をあげ、5勝1敗。プールEの3位をキープした。

画像

古賀紗理那
「まずは勝ててよかったとおもんですけど、途中中田監督に「相手の問題じゃなくて自分たちの問題だ」って、3セット目か4セット目くらいに言われて、確かにその通りだと思ったので、本当に2次ラウンド以降は気の抜けない戦いが続くと思うので、明日気を引き締め直して、しっかり勝ち切るっていうのをチーム全員でやっていきたいなと思います。
攻めてたとは思うんですけど、ちょっとずつ攻撃が通らなくなった時に、多分皆どうしよう、どうしよう、ってなってたと思うので、本当に自分たちで話して工夫すれば、多分そういう状況にならないで済んだと思うので、もっとチーム内で会話を増やしていきたいと思います。
まずはこの勝ちを無駄にしないように明日以降本当にチーム全員で絶対勝つんだっていう気持ちを全面に出して、戦っていきたいなと思います。」

画像

長岡望悠
「本当に沢山苦しめられる展開が多くて、我慢が必要な場面が沢山あったんですけど、本当にチーム力で勝った1勝だと思います。
ちょっとずつ入り方、自分の体の持って行きかたっていうのは、大分、掴んできたものはあるかなと思います。
フルセットで勝ち切るのと落としてしまうっていうのは、凄く違うと思うので、
この1勝がまたもっとチームの勢いに繋がると思いますし、また、途中から入った選手がこうやって何人もいい形で、本当にチーム全体で勝利を掴めたっていうことが
またチームにとって凄くプラスだったかなと思います。」

画像

石井優希
「今は愛も紗理那凄く調子がいいので、私は控えとして絶対必要な時があるから、そういう時のために準備と、入ったときにやればいいという気持ちで、今は凄くプラスに捉えて、そこの役目に徹して(いこうと)思ったので、本当に今日は勝ててよかったです。
2セット目とか3セット目とかバックで入ったときは、やっぱりディグを上げてほしいという思いで入れてもらってて、その時全然反応が出来ずに役割を果たせなかったので、やっぱり5セット目はスタートからということで、途中からよりはやりやすいと思うので、最後まで反応したりだとか、最初から声を出して、もう5セット目、後がないのでやりきる想いしかなかったので、全部出しました。
本当に繋げないといけないと思いますし、明日からもっともっと、今日よりも厳しい試合になると思うので、チーム全員がしっかり出た時に役割を果たせるように、今日のように一つになってまた頑張っていきたいと思います。」

ニュース一覧へ

外部ページへ移動します

ページトップへ