9月29日開幕

みどころ

2次ラウンドで日本と対戦するのはどのチームか!?

リオ五輪銀メダル セルビア攻撃の要 ミハイロビッチ

セルビア(3位)、ブラジル(4位)、ドミニカ共和国(9位)、プエルトリコ(13位)、カザフスタン(21位)、ケニア(33位)

※ 一部端末では動画がうまく再生できない場合がございます

2015年のワールドカップ、2016年のオリンピックで決勝の舞台に進んだセルビア。
頂点まではあと一歩届かなかったが金メダル獲得まであと一歩というところまで上り詰めている。
JTで活躍中のブランキツァ・ミハイロビッチら世界各国のリーグで活躍する大型選手たちが躍動する攻撃力が最大の武器だ。
2大会連続でオリンピックチャンピオンになりながらも2016年の自国開催オリンピックでは中国に敗れメダル獲得の夢破れたブラジルも復活を期す。
名将ギマラエス監督が放つ次の一手に注目だ。
ドミニカ共和国の注目はリベロのブレンダ・カスティージョ。
数々の大会でベストリベロ賞に輝くほどの高い実力で豊富なアタッカー陣をバックから支えておりそのプレーは必見。
プエルトリコ、カザフスタン、ケニアはこの3チームにどこまで食い込むことができるか?

  • セルビア

    リオ五輪、銀メダル
    pool-b
  • ブラジル

    世界バレー悲願の金メダル目指す
    pool-b
  • ドミニカ共和国

    前回の世界バレーで日本を上回る6位
    pool-b
  • プエルトリコ

    5大会連続出場となる
    pool-b
  • カザフスタン

    アジア屈指の高さとパワーを誇る
    pool-b
  • ケニア

    3大会ぶりの世界バレー出場となる
    pool-b

外部ページへ移動します

ページトップへ