9月29日開幕

みどころ

世界ランク1位 リオ五輪金の中国が登場!

世界No.1プレーヤー シュ・テイ

中国(1位)、イタリア(7位)、トルコ(12位)、ブルガリア(17位)、カナダ(19位)、キューバ(25位)

※ 一部端末では動画がうまく再生できない場合がございます

今大会、優勝候補の筆頭にあげられる中国は、現役時代その強烈な攻撃力から『アイアンハンマー』の異名をとり代表のエースとして世界三冠に輝いた郎平氏が監督に就任(2013年)。
以来、2014年の世界バレー準優勝、2015年ワールドカップ優勝、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは金メダルを獲得するなど圧倒的な強さを誇る。 中心は、身長199cmのエースシュ・テイ。
そのほかの選手も長身選手をそろえており、高い攻撃力だけでなくミスが少ないことも強み。
2002年世界バレー優勝のイタリアは地元で開催された前回大会で惜しくもメダルに届かず4位となったが、ベテランから若手まで層の厚さは世界屈指。
伝統のデータを駆使した戦略的なバレーで復活を目指す。
国内リーグが盛んなトルコや潜在能力の高い選手たちがそろうブルガリア、カナダ、キューバとの争いを制しセカンドラウンドに進むのは、はたしてどのチームだろうか?

  • 中国

    リオ五輪金メダルを獲得世界ランキング1位
    pool-b
  • イタリア

    2002年大会で金メダルを獲得
    pool-b
  • トルコ

    国内リーグは世界トップクラス
    pool-b
  • ブルガリア

    2大会連続12度目の出場
    pool-b
  • カナダ

    3大会連続9度目の出場となる
    pool-b
  • キューバ

    世界バレー3度の優勝を誇るカリブの跳人軍団
    pool-b

外部ページへ移動します

ページトップへ