人生最高レストラン

毎週土曜 よる11時30分

放送内容

2019.6.22

写真

ゲスト ミッツ・マングローブさん

常連客 勝俣州和さん、若槻千夏さん

Today's Menu

  • 写真
    新宿マングローブ〜DEEP新宿二丁目〜

    今回は、DEEPシリーズ企画。ミッツ・マングローブさんの「新宿マングローブ〜DEEP新宿二丁目〜」。新宿に来ても多くの人はあまり足を運ぶことのない、新宿二丁目。大都会・東京で“秘境”と呼ぶにふさわしいこの街には、実に愛すべきキャラクターの人々、そして味わい深いグルメが溢れている。そんな新宿二丁目に育てられたと言っても過言ではない、ミッツ・マングローブさんだからこそ知る新宿二丁目のDEEPな世界とご馳走のお話。

  • 写真
    写真

    ■カイブツ

    写真
    写真

    ■ハンバーグ

    秘境の和食

    新宿二丁目界隈で働く人たちにとって“社食”のような存在のお店がある。「和食喫茶クイン」。営業時間は、夜中0時過ぎに開店して、翌午前中まで。1970年の創業以来、眠らない街で繰り広げられてきた悲喜こもごもを見つめてきた。この店の名物ママが“りっちゃん”。とにかく強烈なキャラクターで、お客に自ら注文させず勝手に決めてしまうほどの傍若無人な振る舞い。でも、そんなりっちゃんとのやり取りが居心地よく、毎夜吸い寄せられるようにお客が集まる。名物メニューは、スクランブルエッグとベーコンを炒めただけの「カイブツ」。常連客がいつも食べていたベーコンエッグ2人前を、その人が怪物のような顔だったからと名付けたという、とんでもない理由。もちろん、他にも定番の「ハンバーグ」などもある。仕事明けの深夜から朝方に訪ね、名物ママ・りっちゃんの顔を見て会話する。新宿二丁目で生きてきたミッツさんにとって、その時間が堪らなく心地よかったのかもしれない。

    *店舗情報:
    「和食喫茶 クイン」
    東京都新宿区新宿2-16-9 篠原ビル 2F

  • 写真
    写真

    ■筍の炭火焼き(季節限定)

    意外なメシ友と行く!行きつけ店(1)

    ミッツさんがよく食事を共にする意外な友人がタレントの“こじるり”こと、小島瑠璃子さん。世話好きの小島さんが、のんびり屋さんのミッツさんをぐいぐい引っ張る関係だという。2人でよく訪れるのが四谷三丁目交差点から徒歩約4分にある「キッチン ドロマミレ」。店名とは全くイメージの異なるオシャレなお店で、朝捌いた新鮮な比内地鶏を使った美味しい焼鳥が食べられると人気。ミッツさんオススメは、「筍の炭火焼き」。春の僅か1カ月ほどの間しか食べられない季節限定メニューで、毎年楽しみにしている一品。

    *店舗情報:
    「キッチン ドロマミレ」
    東京都新宿区荒木町20ヤカタビル1F

  • 写真

    ■スーパーホルモン

    写真
    写真

    ■もやしナムル

    意外なメシ友と行く!行きつけ店(2)

    「キッチン ドロマミレ」から程近くにある「焼肉名門」も、ミッツさんの行きつけの1つ。多くの著名人が訪れる人気店で、ここにミッツさんは競泳の瀬戸大也選手や若手プロレスラーを連れてくるという。名物メニューは、「スーパーホルモン」。旨味を閉じ込めるために焼き上がるまで切らずに1本丸ごと焼く。ミッツさんのオススメは「もやしナムル」。ミッツさんの希望で、青森県産ニンニクと醤油を加えたものを特別に提供してくれる。普通と異なり、ちょっとクセがある味が堪らなく美味しいという。

    *店舗情報:
    「焼肉名門」
    東京都新宿区舟町11 松川ビル 1F

  • 写真
    写真

    ■石焼麻婆豆腐

    写真
    写真

    ■海鮮あんかけ焼きそば

    秘境のシメ

    タレントとして活躍する一方で、今も月1回ドラァグクイーンとして新宿二丁目でショーイベントのステージに立つミッツさん。深夜0時頃にステージを終え、仲間たちとみんなで夜ご飯を食べに行くのが、新宿2丁目にある「吉龍軒(ギロンセン)」。本格的な中華料理はどれも絶品で、熱々が堪らない「石焼麻婆豆腐」は、ダイアナ・エクストラバガンザさんがいつもひとり占めするという一品。ミッツさんオススメは「海鮮あんかけ焼きそば」。後輩が注文し忘れると怒ってしまうほど大好物な一品。
    *店舗情報:
    「吉龍軒」
    東京都新宿区新宿2-12-14 ニューフタミビル1F

  • 写真
    写真

    ■あんかけ焼きそば

    人生最高

    ミッツ・マングローブさんのさんの“人生最高の一品”は、イギリス・ロンドン「CANTON」の「あんかけ焼きそば」。父親の海外赴任で小学5年生から中学卒業までロンドンで暮らしたミッツさん。自宅では、日本の生活と変わらない食生活だったが、たまに外食に出掛ける際、よく行ったのがチャイナタウン(中華街)だった。そんな中で行きついたお店が「CANTON」。そこの「あんかけ焼きそば」は、いまだに“月に1回夢を見る“ほど、ミッツさんにとって忘れられない味。「あんかけ焼きそば」が大好きなミッツさんは、日本国内のみならず、香港やオーストラリアなど、行った土地土地では必ず「あんかけ焼きそば」を食べてはいるが、ここを超えるものには出会えてないという。その“月に1回夢にまで見る”ほど忘れられない「あんかけ焼きそば」は、珍しく鴨肉を使用するなどいろんな具材が入った一品。ミッツさん曰く、日本は味付けが上品だが、ロンドン「CANTON」はガツンとくる味付け。思春期、そして大学卒業後の留学時代を暮らしたロンドン。この街での体験があり、そして“女装家”となって居場所を求めた新宿二丁目があったからこそ、現在の自分がある。大切な2つの街で食べた味が、ミッツさんの人生で最高においしかったもの。

    *店舗情報:
    「CANTON」
    11 Newport Place, London WC2H 7JR, England

ゲストがこっそり教える名店

  • 写真

    ■山梨県産健味どりの唐揚げ 朝天辛子炒め

    ビールに合う“激辛唐揚げ"

    ミッツさんが徳井さんだけに、こっそり教える“とっておきの美味しい一品”は、新宿御苑にある中国料理店「礼華」の「鶏の唐揚げ」。。一見、お皿は真っ赤。大量に入った唐辛子をかき分けると現れる「鶏の唐揚げ」は、山椒、胡椒、唐辛子の辛味がしっかりと混ざり合った一品。かなりの辛いだけど、クセになる味でビールとの相性は抜群。

    *店舗情報:
    「中国料理 礼華」
    東京都新宿区新宿1-3-12 壱丁目参番館 1F

過去の放送内容

見逃し配信

Paravi TBSFREE

※都合により視聴できない放送日もございます。

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.