人生最高レストラン

毎週土曜 よる11時30分

放送内容

2019.3.16

写真

ゲスト 山里亮太さん

常連客 ケンドーコバヤシさん、高橋みなみさん

Today's Menu

  • 写真
    おいしいものへの異常な愛情

    かつてのマイナスイメージから一転、今や炎上キャラなのに好感度は抜群!バラエティ番組に欠かせない存在となり、幅広い才能を発揮している人気お笑い芸人・南海キャンディーズの山里亮太さん。好きになったら、とことんのめり込んで愛してしまう性で、食に対しても“異常な愛情”を注いでしまうという。そんな山里さんの「おいしいものへの異常な愛情」が溢れ、芸人の原点となったエピソードなど、山ちゃんの魅力が満載のお話。

  • 写真
    写真

    ■あさりとしめじと納豆のスパゲティ(トッピング・ボイルイカ)

    写真
    写真

    ■ウニと生いかのスパゲッティ

    東中野「東中野への異常な愛情」

    新宿駅から電車で約5分、人情味溢れる下町・東中野。東京で初めて住んだこの街が気に入り、山里さんは約15年暮らし続けている。この最愛の街・東中野の駅前(西口)、居酒屋がひしめく雑居ビルに山里さんが大好きなお店がある。スパゲッティハウス「MOSES(モーゼ)」。1977年創業、開店前から行列のできるスパゲッティの名店。あまりの美味しさに山里さんは一時期、週3、4回は通うほど異常な愛情を注いでいた。オススメは2品、「あさりとしめじと納豆のスパゲティ」と「ウニと生イカのスパゲッティ」。どちらも、アサリの出汁で作った特製ソースがベース。よくボイルイカをトッピングして食べる「あさりとしめじと納豆のスパゲティ」は、具材とスープが絶妙にマッチングした一皿。一方、濃厚なウニクリームと特製アサリソースが絶妙に絡み合った「ウニと生イカのスパゲッティ」は、まるで「混ぜ蕎麦」のような感覚で味わう一皿。この2皿を食べたいけど、『1人で2つ食べると、店員さんに陰口を言われるんじゃないか』とネガティブ思考に陥ってしまう山里さんは、「来る予定の友人が突然来れなくなった」という一人芝居をやってしまうのだとか。そんなことまでしても2皿食べたい…山里さんが愛してやまない絶品スパゲッティ。

    *店舗情報:
    「MOSES」
    東京都中野区東中野4-4-5アパートメンツ1F

  • 写真
    写真

    ■すっぽん鍋

    六本木「後輩への異常な愛情」

    実は、後輩思いの山里さん。お笑いコンテストで賞を獲るなど活躍した後輩をご馳走するため、連れて行くお店がある。六本木の日本料理店「淡悦」。ここで、後輩にご馳走するのが「すっぽん鍋」。具材は贅沢に入ったすっぽんの他、焼きネギ、九条ネギ、自家製豆腐、自家製生麩、自家製湯葉が入っており、一人用の土鍋で提供してくれる。何より生姜の効いたスープが絶品で、とにかく「いいもの食べたなあ」と贅沢な気持ちに包まれ、「仕事を頑張れば、こんなに美味しいものが食べられるんだ」と実感できるのだという。これまでにライスさん、しずる村上さんを連れてきてご馳走した山里さん。時には、頑張った自分へのご褒美でも行くこともあり、また記念日に両親を連れて行ったこともあり、愛情深くお付き合いしている大切なお店。

    *店舗情報:
    「淡悦」
    東京都港区六本木7-8-6 AXALL ROPPONGI 1階

  • 写真
    写真

    ■カレーライス(生卵つき)

    大阪「人生最高」

    山里亮太さんの“人生最高の一品”は、母校・関西大学の学生寮・北斗寮で食べた「カレーライス」。千葉県で生まれ育った山里さんが敢えて関西の大学に進学したのには、ある理由があった。『お笑い芸人になりたいので、高校を出たら養成所(NSC)に通いたい』と両親に相談したところ反対され、『関関同立のどれかに入ったら、大阪に行かせてやる』という条件が。そして一浪の末、関西大学に見事合格。そしてスタートした大学生活だったが、入寮した山里さんを待ち受けていたのは、想像を絶する“特殊”な世界だった。例えば、入寮初日。目の前に現れたのは…スカジャン着て金属バットを持った先輩たち。いきなり正座させられ、大学の学歌を1時間で暗記させられたという。実は、これが入寮テスト。大絶叫で歌わなければならず、少しでも小声になると「聞こえんなぁ」と怒声を浴びたという。そんな洗礼を受けて始まった寮生活。先輩たちと一緒の3人部屋、寮費は食事付きで月15,000円。安い寮費は助かったものの、精神的には心休まるわけがなく、寮内では四六時中、長い挨拶をしていたという。トイレに行くために部屋を出る時に、『千葉県!千葉市!千葉経済大学附属高等学校出身!山里亮太です!失礼します!』と大声で挨拶。そして戻ってきた時も、『ただいまトイレから戻りました!千葉県!…』という感じ。まさにマンガ「男塾」の世界であった。極めつけは、新入生によるイベント。寮内のホールで先輩たちを前に芸を見せる、いわゆる余興イベント。ウケないと『つまらんのぉ!もっと狂え!』と罵声を浴びせられ、ウケるまで終わらない…。とにかく馬鹿になるしかないと、ただひたすら回って地元の名産品「ピーナッツ」と叫んだら、『それじゃ!』と喜んでもらえたという。そんな特殊な世界で4年間を過ごした山里さんの“人生最高の一品”が、寮でしか味わえなかった「北斗寮のカレーライス」。当時の職員の方に特別に再現してもらったそれは、牛肉、玉ねぎ、じゃがいも、人参の具材のいわゆるシンプルな家庭の味。山里さんは生卵を落とし、かき混ぜて食べるのを好んだという。学生寮で食べたカレーライスを“人生最高の一品”に選んだ理由について、山里さんは『大学入学前までの自分は、お笑い芸人になるぐらい特別に変わった何かを持っていたわけではなく、普通の人間だった。北斗寮の4年間で自分の履歴書に“特殊”という要素がたくさん加わった』、『北斗寮で過ごした4年間で、お笑い芸人になってもいいという資格を得た。その日々によく食べた大好きなカレーライスは、自分の人生を決めた“思い出の味”』と語った。学生時代の特殊な寮生活、そして思い出の味、それらすべてが『自分を芸人にしてくれた』。ちなみに、女の子とのランチの誘いを断るぐらい大好きだった「北斗寮のカレーライス」。その断った女の子というのが、当時同じ大学に通っていたシンガーソングライターの矢井田瞳さんだった。

ゲストがこっそり教える名店

  • 写真
    写真

    ■GBオムライス

    思い出の絶品オムライス

    山里さんが徳井さんだけに、こっそり教える“とっておきの美味しい一品”は、オムライス。山里さんの母校・関西大学近くにある「GB’s CAFE」の名物メニューで、ボリューム満点で値段も手頃。まさに、山里さんが学生時代によく食べた思い出の一品。

    *店舗情報:
    「GB’s CAFE」
    大阪府吹田市千里山東1-10-20コスモビルB1F

過去の放送内容

見逃し配信

Paravi TBSFREE

※都合により視聴できない放送日もございます。

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.