人生最高レストラン

毎週土曜 よる11時30分

放送内容

2019.1.26

写真

ゲスト ギャル曽根さん

常連客 YOUさん

Today's Menu

  • 写真
    ギャル曽根「おいしすぎて止まらない!爆食グルメ」

    数々の大食い伝説を残してきた、タレントのギャル曽根さん。その食べる様は、『美味しそうに食べる』、『食べ方がキレイ』などと言われ、他の大食いタレントとは一線を画す。また、今や2児のママとして仕事に子育てに頑張る姿は、同世代の女性を中心に大人気。そんなギャル曽根さんがご馳走するのは、“おいしすぎて止まらない!爆食グルメ”。『人生4人分、おいしいものを食べてきた』と豪語する彼女が、通販番組さながらにぐいぐいと視聴者を引き込む?聞いているだけで満腹になる“おいしいトーク”を展開し、「大食いの裏に“美食”あり」と絶賛する絶品グルメを紹介。

  • 写真
    写真

    ■名物!鶏白湯塩そば

    写真
    写真

    ■ふかひれ姿煮込みあんかけ御飯

    写真
    写真

    ■やわらか鶏の土鍋あんかけ御飯

    自由が丘「必ず4人前平らげるアレ」

    ママ友とよくランチで訪れるという、自由が丘の「蔭山樓」。フカヒレ料理とラーメンをメインに掲げ、あえて中国料理とはうたわないこだわりを持つ人気店。他のママ友が一品ずつ注文する中、ギャル曽根さんはもっと食べたいのを我慢してランチで4品も注文するという。「名物!鶏白湯塩そば」、「ふかひれ姿煮込みあんかけ御飯」、そして一番大好きな「やわらか鶏の土鍋あんかけ御飯」を2つ。これら料理は、手羽先を8時間煮込んだコラーゲンたっぷりの鶏白湯スープがベース。まず「名物!鶏白湯塩そば」は、浅草開花楼のモチモチ太麺の特製麺を使い、こってりな鶏白湯スープにサラダ野菜をたっぷり入れた女性に人気の一品。「東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー(TRY)」鶏白湯部門で3年連続1位を獲得した絶品麺で、あまりの美味しさにママ友はみんなハマっていて毎回注文しているという。「ふかひれ姿煮込みあんかけ御飯」は、肉厚で大きいフカヒレを鶏ガラスープ、醤油などを加えた鶏白湯スープで煮込む。フカヒレの食感、煮込んだ餡が絶妙に合わさった絶品御飯。そして、ギャル曽根さんが必ず2つ注文する大好物の「やわらか鶏の土鍋あんかけ御飯」。大きめの鶏モモ肉・丸ごと1本に、フカヒレと同じく煮込んだ餡がたっぷりかかった一品。口に入った瞬間、ホロホロとなくなってしまうほど柔らかい鶏肉を食べると、“美味しいものを食べる幸せ”を実感するのだという。

    *店舗情報:
    「蔭山樓」
    東京都目黒区自由が丘2-8-21

  • 写真

    ■つくね

    写真

    ■さび焼き(ささみ)

    南青山「コースごとおかわりするアレ」

    せせりを100本も食べたことがあるほど、焼き鳥が大好きなギャル曽根さん。中でも一番美味しいと絶賛する焼き鳥店が、南青山にある「やきとり 鳥政」。実はここ、独身時代にご主人との初デートで行った思い出のお店。1本ずつではなく、半コースかフルコースのどちらかを選ぶシステムで、ギャル曽根さんはもちろん、いつもフルコース。ちなみに初デートの時は、フルコースを2回注文。本当は3回4回と食べたかったが、2回で閉店時間になったのだという。この店では、毎朝仕入れる鮮度抜群の鶏肉を使用し、肉の旨味とジューシーさをお客様に堪能してもらうため大き目にカット。1本1本じっくりと焼いて出される焼き鳥の中で、オススメは「つくね」と「さび焼き(ささみ)」。「つくね」は鶏肉を全てミンチにせず、まるでお肉を食べているかのような食感。タレでなく塩で食べることで鶏肉の旨味を十分に堪能できる1本。そして、ギャル曽根さんが最も衝撃を受けた「さび焼き(ささみ)」。本わさびをたっぷり使い、一歩間違うとパサパサしてしまうところを絶妙な焼き加減でしっとりとした味わいのある1本。

    *店舗情報:
    「やきとり 鳥政」
    東京都港区南青山3-13-2 山川ビル1F

  • 写真

    ■ふぐうす造り

    写真

    ■ふぐぶつ切り

    写真

    ■塩てっさ

    写真
    写真

    ■のどぐろ炊き込み御飯(6合)

    六本木「人生最高」

    誰よりも食への愛に溢れ、美味しいものを幸せそうに食べるギャル曽根さんの“人生最高の一品”は、六本木にある「富ちゃん」の「のどぐろ炊き込み御飯」。それは、最愛の母と一緒に食べた一品でもあった。幼い頃に両親が離婚し、女手一つで3人姉弟を育ててくれた母。母は自分の服を何年も買わず、子どもたちにお腹いっぱいご飯を食べさせてくれた。『“美味しいものをたくさん食べる、幸せ”を教えてくれた…尊敬する母がいたからこそ、今の自分がある。だからこそ、美味しいものと出合ったら、母と一緒に食べたい』と思うようになった。母と一緒に行った「富ちゃん」は、歴代の首相も訪れるほど美味しい魚料理で知られる名店。特に、ふぐ料理が有名で初めて食べた時に「ふぐ刺し」に衝撃を受けたという。普通はポン酢で食べるのが一般的だが、この店では3種類の楽しみ方がある。1つ目は、ポン酢でいただくオーソドックスな「ふぐうす造り」。ただ、4日〜5日熟成させたふぐを使うことでポン酢との相性は抜群となり、コクのある味になるという。さらに、自家製カラスミを巻いて食べると、ふぐの旨みと相まって何とも言えない極上の美味しさが味わえる。2つ目は、「ふぐぶつ切り」。白菜のスライス、ネギと一緒にポン酢で混ぜていただく一品。ぶつ切りにした食感と白菜のシャキシャキ感が混ざり合って絶品だという。3つ目は、「塩てっさ」。活きの良い新鮮なふぐを薄造りにして、1枚1枚丁寧に塩を振り、かぼすを搾る。新鮮な身の食感と塩味で引き立つふぐの旨みが堪らない一品。そして、ギャル曽根さんの“人生最高の一品”「のどぐろ炊き込み御飯」。塩焼きした「のどぐろ」を、牛蒡で敷き詰めた御飯の上にのせ、特製の出汁を入れて炊き込む。そのまま食べて十分に美味しい「のどぐろ」を炊き込むことで、その旨みと脂がお米一粒一粒に浸み込み、何杯でもおかわりできる美味しさだという。ギャル曽根さん曰く『のどぐろは、炊き込み御飯にするために生まれてきた』というほど、絶品の御飯。

    *店舗情報:
    「さかなや 富ちゃん」
    東京都港区六本木6丁目8-28 宮崎ビル1F

過去の放送内容

見逃し配信

Paravi TBSFREE

※都合により視聴できない放送日もございます。

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.