人生最高レストラン

毎週土曜 よる11時30分

放送内容

2018.8.11

写真

ゲスト / 林家三平さん・国分佐智子さん

常連客 高橋茂雄さん、高橋みなみさん

Today's Menu

  • 写真
    林家三平さん・国分佐智子さん 「夫婦円満メシ」

    番組初の夫婦ゲスト、落語家・林家三平さんと女優・国分佐智子さん。出会ってからこれまで共に歩んできた二人が愛したご馳走を紹介。しかし夫婦円満かと思いきや、実は“食の好みが合わない”という事実が発覚!そして、普段言えない食にまつわる不満をお互いにぶっちゃけあう展開に。そして、夫婦二人が選んだ…二人の“人生最高の一品”とは?

  • 写真

    ■鱧のしゃぶしゃぶ

    写真

    ■鱧出汁のキャビア素麺

    写真

    ■伊勢海老の白味噌仕立

    京都「二人を結んだアレ」

    三平さんと佐智子さんの出会いは、ドラマ「水戸黄門」での共演。三平さん演じる八兵衛が、佐智子さん演じる美人絵師に一目惚れして「う、うつくしい」と言葉を発するシーンと全く同じく、京都の撮影現場で初めて会った時、三平さんはリアルに佐智子さんに一目惚れ。以来、猛烈にアタックしてお付き合いが始まったという。そんな出会いの地・京都に、二人で通った大好きな店がある。松尾大社から桂川の畔を進んだところにある「天ぷら松」。その店名が出た瞬間、常連客の高橋茂雄さんが絶叫!実は、高橋さんにとっても“人生最高レストラン”だという。三平さん、佐智子さんの夫婦だけでなく、高橋さんまで大絶賛するここは、季節や仕入れによってメニューが変わる創作料理の店。カウンターで桂川を望みながら、食事をするのが最高だという。もちろん料理はすべてが絶品で、中でも三平さんが夏のメニューとしてオススメするのは「鱧出汁のキャビア素麺」。日本一美味しいと言われる淡路産の鱧を「しゃぶしゃぶ」でいただいた後、その鱧の旨味が凝縮された出汁でいただく一品。器も凝っていて、バカラの食器に盛り付けられた実に美しく上品な味を堪能できる。一方、佐智子さんのオススメは三平さんと同じではなく、「伊勢海老の白味噌仕立」。独自にブレンドした白味噌の出汁を味に丸みを付けるため1日煮込み、伊勢海老を入れてさらに1日煮込む。完成まで3日という手間暇かけた椀物。飲んだ瞬間に、まろやかな白味噌の出汁と伊勢海老の出汁、その全てが口いっぱいに広がる一品。

    *店舗情報:
    「天ぷら 松」
    京都府京都市右京区梅津大縄場町21-26

  • 写真

    ■玉子焼

    写真
    写真

    ■蝦夷わさび飯

    新宿「泣きながら食べたアレ」

    新宿・市谷柳町にある居酒屋「つず久」。戦前から残る建物で昔ながらの趣ある店で、大将が作る家庭料理が人気。落語家の常連客も多いという。この店に、三平さんが人生の壁にぶち当たって落ち込んだ時、食べる料理がある。「蝦夷わさび飯」。注文を受けてから一人前専用の釜で炊いたご飯(※新潟・魚沼産コシヒカリを使用)に、北海道の原野に自生する蝦夷わさびを混ぜ込んだ一品。これを食べるのでなく、“一気にかっこむ”という三平さん。すると当然、鼻にツーンと辛さが突き刺すが、その辛さで気持ちがスッキリして、嫌なことも忘れさせてくれるのだという。まさに、三平さんにとっては、嫌な気持ちをリセットしてくれるご馳走。ちなみに1度食べたことがある佐智子さんは「ひと口で十分…」と、“夫の大事な料理”をバッサリ。でも、落ち込んだ時に「わさび飯」を食べて涙を流し、家にストレスを持ち込まないでいてくれるので、「わさび飯」はとても有難い存在に感じているという。まさに、泣きながら食べる「わさび飯」に夫婦円満の秘訣があった。

    *店舗情報:
    「つず久」
    東京都新宿区市谷柳町8

  • 写真
    写真
    写真

    ■鮎の塩焼き

    徳島「二人でかぶりついたアレ」

    濃い味が好きな夫と薄味が好きな妻、和食派の夫と洋食派の妻など、食の好みが合わない夫婦、三平さんと佐智子さん。今回、別々に事前打合せを行い、“人生最高の一品”を選んでもらったところ…なんとピッタリ合致!それが、徳島県美馬市の穴吹川で獲れる「天然鮎の塩焼き」。日本一の清流(※2016年水質調査)で育った天然鮎は生臭くなく、スイカのような香りがするという。釣れたての天然鮎をバーベキューで塩焼きにして、すだちを贅沢に絞っていただく味は、ほろ苦さ、自然の甘さ、そして気品のある脂がのって絶品。川魚が苦手で食べられなかった佐智子さんも、この天然鮎に出会って大好物になったという。毎年、夏に落語会で訪れるこの地で、林家一門のメンバー、そして家族と過ごす幸せな時間。大自然の中で、夫婦二人でかぶりついた「天然鮎の塩焼き」は、まさに“夏の醍醐味”を味わえる…二人の“人生最高の一品”。
    ※近くのお店でも、穴吹川で獲れた「天然鮎の塩焼き」を食べることができる。

    *施設情報:
    「ブルーヴィラあなぶき」
    徳島県美馬市穴吹町口山丸山1

    *店舗情報:
    「呑喰処 猪昌」
    徳島県美馬市穴吹町穴吹字庄田2-2

この後、何食べる?

  • 写真

    ■ヘルシースペアリブ

    常連客オススメ「ヘルシー&デリシャスなスペアリブ」
    by 高橋みなみさん

    日本のスペアリブ発祥の店「アメリカンクラブハウス」。厳選した豚肉を使用して独自製法で作る「スペアリブ」は、柔らかな肉質・素材の旨みはそのままに、余分な脂質を半減させた、ヘルシーかつジューシーな一品。常識を覆す美味しさと評判で、老若男女を問わず愛されている。

    *店舗情報:
    「アメリカンクラブハウス」
    東京都目黒区中根2丁目10-1

過去の放送内容

見逃し配信

Paravi TBSFREE

※都合により視聴できない放送日もございます。

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.