人生最高レストラン

毎週土曜 よる11時30分

放送内容

2018.5.26

写真

ゲスト 郷ひろみさん

常連客 高橋茂雄さん、高橋みなみさん

Today's Menu

  • 写真
    郷ひろみ「知られざるスーパースターディナー」

    今年で歌手生活46年、通算103枚目のシングル「恋はシュミシュミ」を発表。今なお永遠のアイドルとして活躍し続ける、郷ひろみさん。「僕が選ぶ料理は、絶対に外さない!」と豪語する郷さんが厳選した、人生で最高においしかったものとは?さらに、郷さんだからこそ実現した…完全取材拒否の名店がメディア初登場!

  • 写真

    ■担担麺

    よろしく哀愁になるアレ

    “中華の鉄人”陳建一さんがオーナーを務める「赤坂 四川飯店」。郷さんが初めて行ったのは、15歳の時。その時、衝撃を受けたのが「担担麺」。以来、通い続けて50年近く、愛してやまないその味は、まさに郷さんにとっては特別なもの。創業者の陳健民氏が担担麺に合うようにと考案した、卵だけで練りあげた特製たまご麺。芝麻醤(ヂーマージャン)で胡麻のコクと旨味を、そして手作りのラー油で辛味を加えたスープは絶品。今では料理長が郷さんの好みに合わせて、スープ多めでラー油を半分にして辛さを控えた味付けにアレンジしてくれるという。もちろん、名物の「陳麻婆豆腐」も、郷さんは大好き。

    *店舗情報:
    「赤坂 四川飯店」
    東京都千代田区平河町2-5-5全国旅館会館ビル5F・6F

  • 写真

    ■ヒレステーキ

    写真

    ■手作りチーズケーキ

    How many いいアレ

    知る人ぞ知る洋食の名店「西洋料理 島」。フランス料理のシェフ経験のある料理長が作る最高のコース料理が味わえる。中でも、「ヒレステーキ」は絶品だという。美味しい肉の証“小豆色”をした国産黒毛和牛ヒレ肉を、自動回転式の釜でじっくりと焼き上げた「ヒレステーキ」は、世界中の食通たちを虜にする一品。さらに郷さんが絶賛するのが、デザートの「手作りチーズケーキ」。甘さ控えめで、フワフワしっとりで濃厚な大人の味で、たまらない美味しさだという。

    *店舗情報:
    「西洋料理 島」
    東京都中央区日本橋 3-5-12 日本橋MMビル B1F

  • 写真

    ■駒込/御菓子司 中里「揚最中」

    写真

    ■浅草/亀十「どら焼き」

    写真

    ■京都/レストランよねむら「トリュフクッキー」

    写真

    ■岡山/宗家 源 吉兆庵「陸乃宝珠」

    写真

    ■白金台/ショコラテ・エリカ「マ・ボンヌ ブロック」

    写真

    ■ダ ローザ「ソーテルヌ」

    郷ひろみ厳選!最強スイーツ

    実は郷さんは、大のスイーツ好き。惚れ込んだスイーツを自らリスト化までしているほど。そんな郷さんが厳選した“絶対外さない!最強の手土産スイーツ・リスト”を大公開。


    ■駒込/御菓子司 中里「揚最中」
    東京・駒込にある創業100年以上の老舗和菓子店「御菓子司 中里」。高温の胡麻油で5秒ほど揚げた白焼きの最中種(皮)に伊豆大島産の塩を振りかけ、自家製つぶ餡を挟んだ「揚最中」。香ばしさ、甘さと塩味の絶妙さがたまらない一品。

    *店舗情報:
    「御菓子司 中里」
    東京都北区中里1-6-11 中里鈴木ビル1F


    ■浅草/亀十「どら焼き」
    連日行列ができる大人気の老舗和菓子店「亀十」。パンケーキのようにふんわりと焼き上げた特製生地に、北海道・十勝産の小倉あんがびっしり挟まれた逸品。

    *店舗情報:
    「亀十」
    東京都台東区雷門2-18-11


    ■京都/レストランよねむら「トリュフクッキー」
    京都の人気レストランが手掛ける「トリュフクッキー」。世界三大珍味の1つトリュフをふんだんに生地に混ぜ、一枚一枚丹念に焼き上げたそれは、繊細な薄さで味わう食感とトリュフの香りがたまらない。バニラビーンズとの相性に驚く「甘」味と、パルミジャーノチーズのコクと塩気が虜にさせる「辛」味の2種のフレーバーが楽しめる。夏季(6月から9月まで)は、「サマートリュフクッキー」、冬季(11月後半〜2月頃)は、「冬トリュフクッキー」の季節限定品。

    *店舗情報:
    「レストランよねむら」
    京都市東山区八坂鳥居前下ル清井町481-1


    ■岡山/宗家 源 吉兆庵「陸乃宝珠」
    上品な甘さと芳醇な香りが特徴で“果実の女王”と呼ばれる、岡山県産マスカット「マスカット オブ アレキサンドリア」を丸ごと1つ使用。砂糖をまとった求肥(やわらかい餅)の中から、みずみずしい果汁があふれ出す、まるで宝石のように高貴な一粒。5月から9月中旬までの季節限定品。

    *店舗情報:
    「宗家 源 吉兆庵」
    岡山市北区幸町7-28


    ■白金台/ショコラテ・エリカ「マ・ボンヌ ブロック」
    東京・白金台にある本格的なチョコレート専門店「ショコラティエ・エリカ」。大人の味覚、季節ごとの数十種類の手作りチョコが並ぶ中に、郷さんの大好きな「マ・ボンヌ ブロック」がある。ミルクチョコの中に入ったマシュマロのもっちり感とクルミのサクサク感が一緒に楽しめる逸品。

    *店舗情報:
    「ショコラティエ・エリカ」
    東京都港区白金台4?6?43


    ■ダ ローザ「ソーテルヌ」
    ジョゼ・ダ・ローザ氏による、カフェレストランを備えたパリで大人気のエピスリー「ダ・ローザ」。フランスの3ツ星シェフたちからの信頼が厚く、パリのファッションピープルが集まる場所として知られる。そんな「ダ・ローザ」の一番人気商品が「ソーテルヌ」。“ワインの帝王”と呼ばれる貴腐ワインにレーズンを漬けみ、チョコレートでコーティングしたもの。郷さん曰く「1粒食べただけで、バラの花のような華やいだ香りがいっぱいに広がる」という。

    *問い合わせ先:
    「Da Rosa」(Iwai Jun Design Studio内)
    東京都渋谷区渋谷4-4-25 IVY H.1F

  • 写真

    ■焼き鳥「レバー」「だんご(つくね)」「ささみ」

    人生最高の一品「億千万回通いたいアレ」

    郷ひろみさんの“人生最高の一品”は、これまで一度もメディアの取材を受けていない取材拒否の店。それは、港区にある完全紹介制の焼き鳥店。今回、郷さんだから…と、“店名と住所を公表はしない”、“外観は撮影しない”という条件で特別に撮影が許された。30年以上通っている郷さんは、いつも焼き鳥を塩で食べるという。お店も塩に拘っており、長崎・五島列島とハワイの塩をブレンドしたものを使用(※ささみは、五島列島の塩のみ)。炭に触れるほどの距離で焼いた「焼き鳥」は、その全てが絶品。口に入れた瞬間にとろけてしまうほどやわらかく、まるでフォワグラのような味わいの「レバー」。粗さ加減が絶妙で食感が最高の「つくね」。そして、郷さんが一番大好きだという「ささみ」は、中がレアな状態の焼き加減で絶品だという。郷ひろみさんにとって、30年通い続けるこのお店は、変わらない美味しさはもちろん、友達のように忠誠心と信頼を置ける存在。

    *店舗情報:非公開

この後、何食べる?

  • 写真
    写真

    ■藁焼き鰹 塩たたき

    常連客オススメ「藁焼き鰹の塩たたき」
    by 高橋茂雄さん

    カツオ漁の水揚げ高で全国1、2位を争う高知の明神丸。その漁船で獲れたカツオの本格的な料理が味わえるお店。旬のこの時期は、やはり人気の「藁焼き鰹 塩たたき」がオススメ。目の前で藁焼きされる本場のカツオを存分に味わいたい。

    *店舗情報:
    「明神丸」
    東京都新宿区西新宿7-10-6 西新宿小林ビル1F

過去の放送内容

見逃し配信

Paravi TBSFREE

※都合により視聴できない放送日もございます。

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.