人生最高レストラン

毎週土曜 よる11時30分

放送内容

2018.1.27

写真

ゲスト 中村アンさん

常連客 光浦靖子(オアシズ)さん、井戸田 潤(スピードワゴン)さん

Today's Menu

  • 写真
    私が恋に落ちる♥おいしいア・イ・ツ

    女優・モデルとして活躍する中村アンさん。雑誌an・anで「かっこいいカラダだと思う女性有名人」の1位に輝くなど、ファッションから食生活に至るまでそのライフスタイルが注目を集めている。でもその素顔は、「フレンチやイタリアンよりは、ハイボールに焼き鳥やモツ煮込みが好き」というオヤジ系女子!そんな彼女が「食の好みが合わない人とは恋愛できない」と“食と恋"について語る。恋愛の絶対条件にしているという“人生最高の一品"とは?

  • 写真
    写真

    ■ピーマン巻(チーズ入り)

    目黒「普段行っているお店」

    焼き鳥が好きすぎて、大学時代には焼き鳥店でバイトをしていた中村アンさん。普段よく行くのが、目黒にある創業45年の「鳥芳」。人気店で常に満席のため、アンさんもよく外で並んで待つこともあるという。オススメは、「ピーマン巻(チーズ入り)」。肉で巻いたピーマンにチーズが入った、ボリュームたっぷりで満足感を得られる一品。サラリーマンのおじさんたちに囲まれながら落ち着いて、ハイボールと一緒に大好きな焼き鳥を食べられる最高のお店。

    *店舗情報:
    「鳥芳 2号店」
    東京都目黒区目黒1-5-19 目黒第一ビル1F

  • 写真

    ■ささみ

    写真

    ■レバー

    目黒「誕生日に行きたいお店」

    中村アンさんが誕生日に行きたいのも、やっぱり焼き鳥店。ただ、誕生日なので普段よりは少し贅沢ができるお店がいいという。もし彼が連れて行ってくれるなら、“日本一予約が取れない焼き鳥店"と言われる「鳥しき」の分店「鳥かど」が理想的。目黒に2017年1月にオープンしたばかりで、スタイリッシュなカウンターが印象的なオトナのための焼き鳥店。毎月15日が翌月の予約受付開始日で、一斉に予約が殺到する超人気店。メニューはおまかせで、ストップ申告制。強火で素早く肉の表面を焼き固め、肉汁を外に逃がさずジューシーに焼き上げた串は、まさに匠の技。外は良く焼いてあるのに、中はフワッと柔らかで絶品。アンさんは中でも、まるでレアのような「ササミ」と、プリッと焼かれていながらも口の中でとろける食感の「レバー」が好き。

    *店舗情報:
    「目黒 鳥かど」
    東京都目黒区目黒2-8-7 鈴木ビルB1F

  • 写真

    ■春雨 カラスミ いくらの老酒漬けの和えもの

    写真

    ■三陸蝦夷あわびのステーキ 上湯ソースがけ

    写真

    ■ふぐ白子の麻婆豆腐

    銀座「記念日に行きたいお店」

    中村アンさんが夢見る理想のプロポーズを受けて結婚したら、毎年の記念日に是非行きたいお店がある。それは、中華料理店。焼き鳥と同じく中華が大好物のアンさんは、特別な結婚記念日には普段使いではなく、その日のために頑張って行くようなお店が理想的。そんな憧れの強いアンさんにグルメ雑誌「dancyu」の植野広生編集長が“記念日にふさわしい中華料理店"をオススメする。

    「中村アンさんへ…dancyu植野編集長のオススメ」
    「四季折々の食材を使い、日本の四季を中華で感じる“江戸中華"」をコンセプトにした、銀座やまの辺。シェフのおまかせコースのみ(内容は相談可)。例えば、冬の季節にオススメは…

    ■春雨 カラスミ いくらの老酒漬けの和えもの
    絶妙な春雨のアルデンテの上で、ボタンエビ、いくら、からすみが渾然一体となった一品。植野編集長曰く、「エビの妖艶な滑らかさに、イクラ・からすみの塩味が次々と襲いかかり、そこを軽やかな春雨がすべてを受け止めてくれる」感じで、例えるなら「包容力があってキスが上手い人」のようだとか。

    ■三陸蝦夷あわびのステーキ 上湯ソースがけ
    植野編集長が“仰け反るくらいの美味しさ"だという一品。三陸蝦夷アワビのステーキの下に、贅沢にアワビの肝和えごはん。上にはウニ・キャビアをのせ、さらに上湯ソースをかける。アワビ単品でも十分に美味しいのに、そこに素晴らしいものが相まって更なる極上の味を生み出している。

    ■ふぐ白子の麻婆豆腐
    麻婆豆腐好きの中村アンさんに是非食べてほしいのが、食べたら絶対に感動を超えると植野編集長が自信を持ってすすめる「ふぐ白子の麻婆豆腐」。土鍋グツグツの麻婆豆腐に、天然ふぐの白子を焼いて入れたもの。麻婆豆腐の辛旨さと、素晴らしくキメ細かいホワイトソースのような天然の白子が相まって、人間が本能的に“うまい"と言える究極の一品。

    *店舗情報:
    「銀座 やまの辺 江戸中華」
    東京都中央区銀座8-4-21 保坂ビルB1F

  • 写真

    ■焼きギョーザ(8ヶ)

    銀座「恋のリトマス紙」(付き合う前に行きたいお店)

    中村アンさんには、「付き合うか?付き合わないか?」を判断するためにデートで一緒に食べたい料理がある。それが「餃子」。敷居の高いフレンチレストランなどではなく、デニム&Tシャツでも行けるような気軽なお店で、ハイボール&餃子を一緒に美味しいねと言いながら楽しめるかどうか。そんな“恋のリトマス紙"にしている餃子のお店が、銀座にある「天龍」。ここの餃子は、創業者の一人である元力士の天龍関が後輩の若い力士たちにお腹いっぱい食べさせてあげようと作ったのが始まり。そのため、1個がかなり大きめ。ニンニク・ニラを使わず長ネギ・白菜・豚肉だけで作ってあり、女性にも食べやすい。アンさんは、1つ目は何もつけずそのまま、次に特製からしをつけていただく。ハイボールに合う“人生最高の一品"。

    *お店情報:
    「天龍」
    東京都中央区銀座2-5-19 PUZZLE GINZA 4F

この後、何食べる?

  • 写真
    常連客オススメ「爆汁肉餃子」
    by 井戸田潤

    東京・世田谷代田にある、餃子専門店。ここの羽根付き餃子はサイズも大きく、たっぷりと入っている肉汁が特徴。その肉汁を味わうため、小籠包のようにまずは箸で割って、溢れてくるアツアツの肉汁を啜りながらいただくのがオススメの食べ方。

    *店舗情報:
    「爆汁肉餃子 二代目 龍太郎」
    東京都世田谷区代田2-20-5

過去の放送内容

見逃し配信

Paravi TBSFREE

※都合により視聴できない放送日もございます。

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.