人生最高レストラン

毎週土曜 よる11時30分

放送内容

2017.11.25

写真

ゲスト 宮沢りえさん

常連客 光浦靖子(オアシズ)さん、勝俣州和さん

Today's Menu

  • 写真
    【宮沢りえの「ダイナミック キッチン」】

    女優・宮沢りえさんが「人生で最高においしかったものは?」と聞かれて、真っ先に思いついたのが、あるテレビ番組のロケでフランスに行った時に食べたもの。それはトリュフ狩りを体験した時、採れたてトリュフをその場で削ってパンに乗せオリーブオイルと塩コショウで食べた味だという。そんな宮沢さんは大の釣り好きで、実はアウトドア派。食に対しても「大自然の中で自らとったものを食べるのが一番美味しい」という考えの持ち主。そんな国民的女優の“人生最高の一品”とは?

  • 写真

    茨城・鹿島灘 : 皮を炙ったノドグロの刺身

    写真
    写真

    東京・上目黒 : ノドグロの塩焼き

    写真

    滋賀・安曇川 : 鮎の塩焼き

    写真

    沖縄・石垣島 : タマンの刺し身

    【大自然の中のアレ】

    幼い頃から、母親の影響で釣りに親しんできた宮沢りえさんは、休みを利用してあらゆる釣りを楽しんでいるという。「毎日お寿司でもいい」というほど魚が大好きで、あまりにも好きすぎてスタジオでは「さかなクンになりたい!」と衝撃発言まで飛び出す始末。そんな宮沢さんがこれまで食べた中で特別に美味しくて感動した魚料理の数々。

    ■茨城・鹿島灘「皮を炙ったノドグロの刺し身」
    大好きな魚のためなら、本腰を入れて釣りに臨むという宮沢さんが、わざわざ前日入りして海釣りに出掛けたのが、茨城県の沖合・鹿島灘。その時、釣ったのが高級魚「ノドグロ」。腕のいい船頭さんの指導のおかげで、大物が入れ食い状態だったとか。船上で自らちゃんと血抜きして下処理した最高の釣果を行きつけの寿司店に持ち込んで「皮を炙ったノドグロの刺身」
    でいただいたという。

    ■東京・上目黒「ノドグロ好きの宮沢りえさんへ…勝俣州和さんのオススメ」
    ノドグロが大好きだという宮沢さんに、勝俣さんが都内で絶品ノドグロが食べられるお店、船宿割烹「汐風」を紹介。ここの店主は、さかなクン以上に魚について知り尽くした方で、最高の魚料理を提供してくれる。オススメは、「ノドグロの塩焼き」。開いたノドグロに3種類の塩(アンデス産、伊豆大島産、シチリア産)を振りかけて焼くというこだわりの味付け。また、かんずり(塩漬け唐辛子を柚子と一緒に麹に入れて発酵させたもの)を付けて食べると更に絶品だという。

    *店舗情報:
    「船宿割烹 汐風」
    (東京都目黒区上目黒4-36-22)

    ■滋賀・安曇川 「鮎の塩焼き」
    “鮎の友釣り”も経験したことがあるという宮沢さん。鮎釣り名人と一緒に安曇川の清流で釣った鮎は、どんな料亭で食べるものよりも美味しかったという。

    ■沖縄・石垣島「追い込み漁で獲った魚の刺し身」
    最近、宮沢さんが石垣島で体験したという「追い込み漁」。その発言に、魚好きが行きついて「女優が漁師になった!?」とスタジオが騒然。宮沢さんが体験した「追い込み漁」は、浅瀬で行う簡単なもので、仕掛けた網に泳いで魚を追い込んで獲る漁のこと。獲った魚は、浜辺ですぐ調理。石で鱗を落としてナイフで捌き、シャコ貝に盛り付けられた刺し身を醤油と酢をかけていただいた。

  • 写真

    ■宮沢家秘伝の牛丼

    【家では秘伝のアレ】

    魚が大好きな宮沢さんが選んだ“人生最高の一品”は、魚ではなくナント「牛丼」。それはただの牛丼ではなく、祖父から受け継いだ「宮沢家秘伝の牛丼だった。水を一切使わず、くし切りにした玉ねぎ、1kg以上の牛肉を使って、味付けは砂糖と日本酒、醤油を入れて煮込むだけ。水を一切使わないため、「玉ねぎの水分を信じること」が美味しく作る秘訣だという。余った場合は、「肉じゃが」や「時雨煮」などにして食べるのも絶品。一度ある映画の撮影現場で、80人分を自ら作ってふるまったこともある。祖父から母、りえさん、そして娘へと代々受け継がれていく宮沢家秘伝の味。

この後、何食べる?

  • 写真
    常連客オススメ「上海蟹 雄&雌の食べ比べ」
    by 光浦靖子さん

    これからシーズンを迎える「上海蟹」。蘭蘭酒家(ランランチュウジャ)では、雄と雌の食べ比べができる。旨味の詰まった卵を持つ濃厚な味の雌、ねっとり深い風味の白子と卵がないからこそ締まった身を持つオス。どちらも絶品。もちろん蟹ミソと一緒に旨みを逃さずに味わい尽くすのが至極の極み。

    *店舗情報:「蘭蘭酒家」
    (東京都渋谷区初台1-39-12)

過去の放送内容

Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.