人生最高レストラン

毎週土曜 よる11時30分

放送内容

2017.10.28

写真

ゲスト / 亀田興毅さん、竹内 力さん、本間朋晃さん

常連客 YOUさん、高橋茂雄(サバンナ)さん

Today's Menu

  • 写真

    10/28(土)の放送は、特別企画「スイーツ男子SP」。しかも番組初の複数名ゲストが登場。俳優・竹内 力さん、元プロボクシング世界チャンピオン・亀田興毅さん、プロレスラー・本間朋晃さんという、甘いもの大好きのスイーツ男子3人を迎えて、“人生で最高に美味しかったスイーツ”を熱く語ってもらった。厳つい顔からは全く想像できない、溢れるスイーツ愛…そして“人生最高のスイーツ”とは?

  • 写真

    ■ブラックモンブラン

    竹内 力「九州が誇る黒い怪物」

    自宅の冷凍庫の中は、常時アイスがいっぱい。アイスを愛してやまない竹内 力さんの“人生最高のスイーツ”は、「ブラックモンブラン」。九州出身者なら、ほとんどの方が知っている大人気アイスクリーム(※昔は、九州限定発売)。バニラアイスの回りに、コーティングされたチョコ、その上にチョコクランチがまぶしてある。製造・販売する竹下製菓の前会長が、アルプス山脈の最高峰モンブランを目の前にした時、「この真っ白い山にチョコレートをかけて食べたら、さぞ美味しいだろう」と思い、名付けたという。九州出身の力さんにとって子どもの頃から食べて慣れ親しんできた味で、特によく食べていたのが高校時代。袋から取り出した時にボロボロ落ちるチョコクランチをもったいないと残さず食べていたのが思い出。
    ※現在は、東京でも一部スーパーなどで販売。

    ※製造・販売:竹下製菓株式会社

  • 写真

    ■あいすまんじゅう

    竹内 力「子ども時代に大好きだったもの」

    子どもの頃、力さんが大好きだったもう一つのアイスが「あいすまんじゅう」。濃厚バニラアイスの中にたっぷり入った濃厚な粒あん。アイスだけど固すぎない、バニラと粒あんの絶妙なハーモニーと程よいとろける食感がたまらない。これも、九州が生んだ大人気アイス。
    ※現在は、東京でも一部スーパーなどで販売。

    ※製造・販売:丸永製菓株式会社

  • 写真

    ■豆大福

    本間朋晃「絹肌の白い刺客」

    あんこ大好きな本間朋晃さんの“人生最高のスイーツ”は、「セブン-イレブンの豆大福」。北海道十勝産の小豆のみを使った粒あんがたっぷり入り、そして杵でついた薄くてもっちりコシのある餅生地はコンビニ・スイーツとは思えない逸品。甘さと塩加減が絶妙な塩梅のたまらない美味しさに本間さんは、自分へのご褒美として毎日必ず1個食べている。

    ※製造・販売:株式会社セブン&アイ・ホールディングス

  • 写真

    ■あじまん

    本間朋晃「子ども時代に大好きだったもの」

    子どもの頃から“あんこ一筋”の本間さんがよく食べていたのが「あじまん」。それは地元山形での呼び名で、全国的には地域ごとに様々な呼び名がある。東京・神奈川などでは「今川焼き」、大阪・京都・九州などでは「回転焼き」、秋田・宮城などでは「大判焼き」と呼ばれ、兵庫ではなぜか「御座候(ござそうろう)」と呼ばれている。山形の「あじまん」は、薄皮の生地と北海道十勝産小豆100%使用の自家製・粒あんがたっぷり入ったのが特徴。本間さんは学校帰りによく買って食べていたという、思い出が詰まったソウル・スイーツ。

    ※製造・販売:株式会社あじまん

  • 写真

    ■りくろ—おじさんのチーズケーキ

    亀田興毅「金色の鉄人」

    減量やストイックなどのイメージが強いボクシングだが、意外にも亀田興毅さんは現役時代に大好きなスイーツをよく食べていた。カロリーの高いスイーツを食べても、どんどん消費するから関係ないのだという。“スイーツボクサー”と刺繍を入れたトランクスでリングに上がったこともあるほど、大の甘いもの好きの亀田さんは「現役時代の僕を作ったのは、スイーツ。減量中も支えてくれた」と語った。そんな亀田さんの“人生最高のスイーツ”は、「りくろーおじさんのチーズケーキ」。チーズ大国デンマークから直輸入した豊かな味わいのクリームチーズを使用し、店舗に併設されたキッチンで焼き上げる。底にちりばめたレーズンがアクセントで、関西人なら誰でが知る大人気スイーツ。子どもの頃、父親がよく作ってくれた自家製特製シロップ(バターに砂糖を溶かして温めたもの)をかけて食べるのが大好物だった。

    ※製造・販売:リクロー株式会社

  • 写真

    ■ミニスナックゴールド

    亀田興毅「子ども時代に大好きだったもの」

    亀田さんが中学時代によく食べていたのが「ミニスナックゴールド」。直径約18cmのビックサイズの満足感、安定の美味しさで、“最強のコスパ”との評される菓子パン。約半世紀にわたり幅広い世代に愛され続けている超ロングセラー商品。亀田さんは現役時代、試合前の軽量で水は飲めないけどカロリーを摂らないといけないので、大好きなミニスナックゴールドを食べていたという。

    ※製造・販売:山崎製パン株式会社

この後、何食べる?

  • 写真
    常連客オススメ「うずらキムチ」
    by YOUさん

    老舗漬物店が経営する「漬物居酒屋」。季節の食材を使った漬物が豊富で、常時20種類ほどのメニューがある。自分の好みに合った漬物をツマミに美味しくお酒が飲める。現在、お店のイチオシは、うずらのゆで卵をキムチに漬けた「うずらキムチ」。

    *店舗情報:
    「漬物居酒屋 3号店」
    (東京都杉並区高円寺南3−68−1高円寺ストリート)

過去の放送内容

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.