人生最高レストラン

毎週土曜 よる11時30分

放送内容

2017.9.30

写真

ゲスト 植野広生さん

常連客 YOUさん、勝俣州和さん

Today's Menu

  • 写真

    日本中の食通たちのバイブル、グルメ雑誌『dancyu』。まるで芸術品のように料理を映した写真、そしてネットにはない本物にこだわった情報で、一般人から料理人まで絶大な人気を誇っている。
    その名物編集長として知られるのが、植野広生さん。今や“芸能界のグルメ王”となったアンジャッシュ渡部建さんも尊敬する人物で、「師匠」のような存在だという。そんな植野さんは、取材も含めて1日5軒、週5で食べ歩きをするほど、食いしん坊の中の食いしん坊。その真髄は「3万円の高級フレンチも、100円のうどんも同じように楽しむこと」、「料理にはドラマがある」と語る。食を極める男・植野編集長が選ぶ、人生最高の一品とは?

  • 写真
    写真

    ■スパゲッティ バルジャック

    岡山 ストイック過ぎるパスタ

    その人気を探るべく、雑誌『dancyu』の取材現場に同行した。植野編集長自ら取材すると足を運んだのは、岡山県瀬戸内市牛窓。瀬戸内海を見下ろす小高い山にあるイタリアン料理店「acca」。実はこの店は以前、東京・広尾にあった。食通たちの間では知らない人がいない名店中の名店で、オーナーシェフの林冬青さんは、究極の料理を追求する男と呼ばれていた。それは出来上がった料理を一瞬でも早くお客さんに美味しく食べてもらいたいがために、タイミングが少しでも遅れたら捨てて新しく作り直していたというほど。しかし、お店は2013年に突然の閉店。数年後、林さんは場所を岡山に移して再び「acca」を開いた。理由は、病に倒れた母親の介護のため。母親の面倒を見ながら、大好きな料理を続けるために東京から田舎に移り住んだのだ。そんなドラマのある林シェフの「acca」を植野編集長は自ら望んで取材。そして、「東京・広尾時代の味はお皿の上に集中したもの。岡山での味は景色を見ながら味わえるもの」と語った。植野編集長が昔から食べ続けている大好きなパスタ「スパゲッティ バルジャック」。旬な食材を生かした、シンプルだけど深い味わいのある、日本イタリアンの最高峰の味だという。

    *店舗情報:「acca」
    岡山県瀬戸内市牛窓町

  • 写真

    ■サラダ

    写真

    ■ウイスキー自動販売機

    茅場町 世界一の立ち飲み屋さん

    「3万円の高級フレンチも、100円のうどんも同じように楽しむ」
    値段や人気は関係なく、本音で行きたい店、食べたい料理を味わい楽しむのが、“食いしん坊”だという植野編集長。彼が安くてうまい!世界一大好きな立ち飲み屋さんと語るのが、茅場町にある「ニューカヤバ」。外観は単なるガレージのようで、初めてだと辿りつけないほど分かりにくい。女将さんの人柄に惹かれて、大企業の社長も普通のサラリーマンも常連として夜な夜な通うほど大人気。精算は全て100円玉で、お酒のセルフ自動販売機に、セルフ焼き鳥、まるで“大人のゲームセンター”のような空間。植野編集長が大好きなのは、サラダ。ポテトサラダとマカロニサラダがハーフ&ハーフで入っていて、一皿で2つの味が楽しめるお得な一品。醤油をちょっと垂らして食べるのがオススメ。

    *店舗情報:「ニューカヤバ」
    東京都中央区日本橋茅場町2丁目17-11

  • 写真
    写真

    ■マグロ漁師のカツ丼弁当

    青森・大間 海の上のアレ

    日本全国の美味しいものを取材してきた植野編集長が選ぶ“人生最高の一品”は、青森県大間の忘れられない味。約10年前、大間で“伝説のマグロ漁師”と呼ばれる菊池正義さんを取材した植野編集長。しかしその時は、何を話しかけても一言も喋ってもらえず苦い記憶だけが残ったという。数年後、大間を訪れた植野編集長は再び菊池さんと取材することに。そして、また漁船に乗せてもらえることになったが、急なことで何も持たず乗船してしまったという。極寒の津軽海峡で船の上、何時間も取材する中で、植野編集長は空腹状態に陥った。そんな植野編集長を見て、それまで無口だった菊池さんが一言「これ食うか?」。差し出されたのは、「カツ丼弁当」だった。それは寒さで冷たくなった弁当だったが、どんな高級料理よりも温かくて美味しかったという。心とお腹に、味も、愛情もよく染みた「マグロ漁師のカツ丼弁当」…まさに“人生最高の一品”。

この後、何食べる?

  • 写真
    常連客オススメ「八丈島の超濃厚プリン」
    by 勝俣州和さん

    八丈島にあるジャージーカフェ。勝俣さんオススメは、大自然の中で育ったジャージー牛の牛乳から作られた、超濃厚の絶品プリン。その味はまるで「赤ちゃんとのキス」のようなやわらかさだという。お取り寄せ可能。

    *店舗情報:
    「八丈島ジャージーカフェ」
    (東京都八丈島八丈町大賀鄕2370-1)

過去の放送内容

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.