人生最高レストラン

毎週土曜 よる11時30分

放送内容

2017.3.4

写真

ゲスト 中村七之助さん

常連客 YOUさん、高橋茂雄(サバンナ)さん

歌舞伎俳優に大人気のインドカレー

  • 写真
    チキンマサラ キーマカレー アチャール

    名だたる歌舞伎俳優が愛してやまないという、インドカレーのお店。
    定番メニューは、ムルギランチ。でも、多い時は週4回も通うほど大好きだという七之助さんが必ず毎回注文するのは、「キーマカレー」、「チキンマサラ」、「アチャール」のお決まり3点セット。
    地方公演で1カ月間食べられないと…禁断の「ナイルロス」になってしまうという。

    *店舗情報:「ナイルレストラン」(東京都中央区銀座4-10-7)

Today's Menu
「歌舞伎俳優のごちそう」

  • 写真

    つくね(塩)

    写真

    謎のご飯

    神楽坂 優しさの丼

    子供の頃から30年通う、波野家行きつけの焼き鳥店。
    七之助さんが絶品だと語るのが、塩で味付けされた「つくね」。そして大好物が、「謎のご飯」。
    白ご飯の中に、タレで味付けした「つくね」が隠されたもの。幼い勘九郎・七之助の兄弟に、店主がこっそりとメニューにないご飯ものを出してくれた、粋な計らいの一品(裏メニュー)。
    ちなみに、「謎のご飯」と名付けたのは、幼い時の勘九郎・七之助兄弟。
    この店の鶏肉は、築地の老舗「宮川食鳥鶏卵」から仕入れている。

    *店舗情報:「文ちゃん」(東京都新宿区神楽坂3-6 高橋ビル2 B1F)

  • 写真

    甘鯛
    京都では「ぐじ」と呼ばれて親しまれているネタ

    写真

    煮蛤
    伝統的な江戸前寿司の定番ネタ

    写真

    コハダ
    脂の乗り具合によって、魚1枚1枚、塩や酢の〆加減を変えているという。

    京都・祇園 生き様に魅せられた寿司

    七之助さんが京都に行ったら必ず立ち寄る寿司店。京都で江戸前寿司を味わえる。
    東京で修行した後、縁もゆかりもない京都祇園に店を出したご主人の心意気、そして味はもちろん、その立ち振る舞いから、握り方、道具の使い方など…寿司職人としての姿に、七之助さんは魅せられたという。
    寿司職人も歌舞伎俳優と同じく、それぞれの舞台で客を楽しませるエンターテイナーだとも語る。

    *店舗情報:「鮨まつもと」(京都府京都市東山区祇園町南側570-123)

  • 写真

    すっぽん鍋

    写真

    シメの雑炊

    京都・西陣 340年煮立ってるアレ

    創業340年、江戸の元禄時代から受け継がれてきた伝統の味「すっぽん料理」の専門店。
    まず驚くのは、その鍋。コークスを使って1600℃という高熱で一気に加熱して耐え抜いた鍋だけがお客様に出す鍋として使用される。
    具材は、すっぽんのみ。味付けは、秘伝の醤油、特注の酒、生姜だけという「すっぽん鍋」は、七之助さん曰く「表現できないおいしさで、まさにここでしか味わえない」料理。
    さらに、旨味たっぷりのスープに米と餅を入れたシメの雑炊も絶品で、最後の一滴まで余さず堪能できる。
    亡き父・勘三郎もこよなく愛した一品で、七之助さんにとっても思い出が詰まっている。

    *店舗情報:「すっぽん料理 大市」(京都府京都市上京区下長者町通千本西入六番町371)

この後、何食べる?

  • 写真
    常連客オススメ 「豚ロースステーキ」
    by サバンナ高橋さん

    白金なのに下町風情があり、リーズナブルな値段で鉄板焼きが楽しめるお店。
    抜群の焼き加減で出てくる「豚ロースステーキ」は、分厚くてジューシーな一品。

    *店舗情報:「てっぱんやき むー」(東京都港区白金5丁目13−8 桜荘 1F)

過去の放送内容

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.