TBSラジオ環境キャンペーン 今日よりちょっといい、明日を

TBSラジオ環境キャンペーンレポート「今回の活動風景」

TBSラジオ 第18期 環境キャンペーン/テーマ:ニュースで考える環境問題/キャンペーン期間:2011年1月29日(土)〜2月4日(金)

京都議定書が策定されてから5年後の2002年に、TBSラジオ環境プロジェクトを立ち上げ、第1期環境キャンペーンを行いました。

当時は、環境問題、地球温暖化といった言葉が漠然として捉えられ、生活に密着した問題という実感は、一般的にはまだ薄かったように思います。以降、世の中の環境に対する意識は大きく変わり、日常生活においても、国家的にも国際的にも、環境問題は主要なテーマとなりました。
「節約」や「省エネ」は、「スマート」で「エコ」なライフスタイルとなり、日常生活の中に溶け込んできています。

しかし、京都議定書に定められた期限の2012年は、もうすぐそこです。環境問題が当たり前になった今こそ、あらためて、TBSラジオ環境プロジェクトのスローガンである「今日よりちょっといい、明日を」願って、一人ひとりがちょっとずつ、地球に良いことをしていくときだと考えて、TBSラジオは環境キャンペーンを続けてきました。
そして、このたび、第18期環境キャンペーンを行います。

今回も、V57を支えるTBSラジオの13の人気ワイド番組がそれぞれに環境問題を取り上げるほか、特別番組も放送します。

TBSラジオ第18期環境キャンペーン特別番組
『環境ニュースNOW 〜 ニュースで考える環境問題』

放送時間 2011年1月29日(土)午後7時00分〜8時55分
出演
長岡杏子森田正光
森田正光(気象予報士)
長岡杏子(TBSアナウンサー)
内容 国際情勢や経済に大きな影響を及ぼすものとなった環境問題。外交や政治と切り離せない、今を生きる我々の生活に直結する問題となりました。
番組では、ニュースとして環境問題を取り上げ、番組で選んだ2010年の環境10大ニュースを紹介しながら、専門家の解説を加えて、分かりやすく環境問題の今を伝えます。

PAGE TOP

TBS RADIO & COMMUNICATIONS

Copyright© 1995-2017, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.