バナナマンとブラックマヨネーズの
にんげんだもの

2014年12月26日(金)深夜11:59から

「バナナマンとブラックマヨネーズのにんげんだもの」の画像

コンテンツメニュー

みどころ

ダメなところを理解し、愛することで人は前向きに生きていける!?
誰もが共感するダメ自慢トークバラエティ!!

 今、ノリにノっている2組のコンビ、バナナマンとブラックマヨネーズがタッグを組んだ新しいトークバラエティが登場!
 人間は誰しも“ダメ”なところがある。むしろ“ダメ”なところがあるからこそ、人間なのかも…?
この番組では、第一線で活躍中の俳優やタレント、お笑い芸人らが、自らのちょっぴりダメなところを自慢げに語りあう!
○○を愛しすぎて生活に支障が出ている…。お酒を飲んだら人が変わってとんでもない行動を…。部屋の中がとにかく汚く、ゴミだらけ…。など、とんでもないダメ自慢のオンパレードが続々と噴出!! そんなダメ自慢トークを受け止めるのは、医師、尼僧、銀座のママなど各分野のプロフェッショナル。時にはダメ出しをすることも…。
 ダメなところを理解し、愛することで、明日から、自分自身、ちょっぴり前向きに生きていける!?
 誰もが共感するダメ自慢バラエティ『バナナマンとブラックマヨネーズのにんげんだもの』!!

ひとこと

<プロデューサー・天鷲裕到>
演出の長島翔が、ある日の会議で配った番組コンセプトを紹介します。…「にんげんだもの」相田みつをは「人はみな不完全な存在である」と言う思いをこめて、この言葉を残した。おそらく、古今東西、偉業を成し遂げた「偉人」と呼ばれる人々も、みな不完全だった。にんげんなら、ダメなところがあって当たり前。むしろ、そのダメなところがあるからこそ、にんげんなのかもしれない。ダメなところにこそ、そのにんげんの本質があるのかもしれない。ダメをダメだとただ批判するのではなく、ダメなところを理解し、愛することで、自分自身、そして隣人のことも愛せるかもしれない。誰もが共感するダメ自慢バラエティ。…このコンセプトをスタッフ全員が共有して番組を作っています。

出演者

出演者:
バナナマン
(設楽統、日村勇紀)
ブラックマヨネーズ
(小杉竜一、吉田敬)

蛭子能収
大久保佳代子
尾形貴弘(パンサー)
尾木直樹
おのののか
三宅健(V6)

にんげんくん(ナレーター・鈴木福)

スタッフ

製作著作:
MBS
制作協力:
イースト・エンタテインメント
プロデューサー:
天鷲裕到
鈴木康祝(イースト・エンタテインメント)
総合演出:
長島 翔(イースト・エンタテインメント)
編成企画:
山田陽輔


banner_AD