画像「“浪速乃弁慶”亀田大毅プロデビュー戦」

“浪速乃弁慶”亀田大毅プロデビュー戦

2006年2月26日 日曜日16:00から

※番組は終了しました

▼出演者

解説:竹原慎二、畑山隆則
実況:新夕悦男
開催場所:パシフィコ横浜

みどころ

浪速乃弁慶 亀田大毅(協栄)vsサマート・シットサイトン(タイ)

亀田大毅デビュー戦 ここに注目!

“浪速の弁慶”亀田大毅が2月26日遂にプロデビュー!
しかも1ラウンド44秒以内での予告KO勝利宣言のドでかいおまけつきだ。

いまやボクシング界の救世主兄・興毅と、天才的なボクシングセンスを持つといわれる弟・和毅、その二人に挟まれた亀田家二男・大毅。
そんな非凡な二人に挟まれジレンマを感じなかったわけはない。
だが大毅は他の二人にはない自分だけのスタイル、兄弟一と自負するパワー・体力を生かした自分だけの超攻撃型スタイルを身に着けるにしたがって、「一番プロ向きなんはオレや」と自信をみなぎらせる。

1ラウンド44秒KO勝利。
これは兄のプロデビュー戦の記録である。
ボクシングの試合が1ラウンドで終わることさえ非常に稀。しかし、大毅はあえて予告KOをぶちあげた。
これは自分に対してプレッシャーを掛け、その中でどう戦うかと己に課題を与えると共に(お忘れなく!大毅はまだデビュー前です!!)、偉大なる兄への挑戦でもあるのだ。

亀田大毅は己のみ。
2月26日、兄・興毅とは別世界の“新亀田ワールド”を目撃せよ!

プロフィール
■亀田大毅
1989年1月6日生まれ 17歳
2004年全日本実業団選手権最年少優勝
右ファイター

<お知らせ>

ローソンチケットセンター
0570-084-003 Lコード31110

チケットぴあ
0570-02-9977 Pコード803-378

後楽園ホール
03-5800-9999