コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

独占取材!世界に先駆け、世紀の発見を公開!
地上絵の謎は解明されるのか!?

誰もが一度は目にした ことのある、ペルーの 「ナスカの地上絵」。
それは世界中の研究者が 100年以上かけても解く ことができなかった人類 史上最大の謎。

その地上絵の近くで、今回エジプトよりも古い世界最古の「巨大ピラミッド」が発見された。
その内部は、誰もが想像し得ないものだった。壁で仕切られただけの複雑な通路…突き当たりには謎の部屋…まるで巨大な迷路。

実は、このピラミッドこそ、封印された地上絵の謎を解き明かす究極の鍵だったのだ。

TBSでは、イタリアの発掘チームから、このピラミッド発掘の独占取材権を得て、今回番組で全世界に先駆けその模様を放送することになった!!

【画像】 【画像】 【画像】

仮説:地上絵は○○だった?

地上絵は、1万平方キロメートルの乾いた平原に無数に描かれています。
サルやクモ、ハチドリやクジラなど動物の絵、三角や台形など幾何学模様、そしてさまざまな方向に伸びる直線があります。

実は地上絵のほとんどが「一筆書き」で描かれていることがわかっています。
一筆書きは文字通り、同じところから始まり、同じところへと戻りま す。

それは何のためだったのでしょうか…。

【画像】 【画像】

発見!ナスカの地上絵に巨大ピラミッド

地上絵の描かれた平原から南500メートルの砂漠地帯に巨大ピラミッド群が存在します。その数は30基以上と言われ、ほとんどが砂に埋まっています。

およそ、30基のピラミッド群の中で、ひときわ大きく聳え建つのが、基壇47メートル×75メートル、高さ20メートルの「グラン・ピラミデ」と名づけられたピラミッドです。

発掘調査を進めていくと…あらわになった ピラミッドの中には狭い通路が存在するだけでした。

それは、あたかも巨大な「迷路」のように。いったいこの迷路は何のためのものなのか?

ピラミッド内部の迷路はひとつの方向へと人々を誘い、同じ場所へと戻るためにつくられているようです。

「迷路」のピラミッドと、「一筆書き」の地上絵。
ふたつの共通点とは…?

【画像】 【画像】


出演者

旅人
稲垣吾郎
ナレーション
大森南朋

スタッフ

製作著作
TBS
制作協力
TBSビジョン
制作プロデューサー
笠原 啓
プロデューサー
富田 茂
金丸尚志
ディレクター
中村 稔
総合演出
天野裕士
協力
イタリア・ローマ大学
「ナスカ発掘調査プロジェクト」
監修
ジュゼッペ・オレフィッチ
(ローマ大学・考古学教授)