選ばれし素敵な訳たち

「第4章」

 こうして、もう一つとても大事なことが分かりました。王子さまのふるさとの星は、家一けんくらいの大きさしかなかったのです!
 けれどもぼくはそんなに驚きません。地球とか木星とか火星とか金星みたいな、名前がついた大きな星のほかにも、何百個もの星があって、なかには望遠鏡を使っても見えないほど小さい星もあるということを、ぼくは知っていましたから。そういう小さな星を見つけると、天文学者は番号をふって名前にするのです。「小惑星325番」というように。
 王子さまのふるさとの星は小惑星B612番にちがいないと思うのですが、それには、しっかりとした理由があります。その星は、1909年にトルコの天文学者が望遠鏡で見たきり、だれも見たことがないのです。
 そこでその天文学者は、国際天文学会議で、星を発見したことを大々的に発表しました。しかし、その天文学者の着ている服が変てこだからといって、だれもその発表を信じませんでした。おとなというのはそういうものなのです。
 さいわい、その後、小惑星B612番の評判は取り戻されました。トルコの王さまが、国中のひとびとに、「ヨーロッパ風の服を着なさい、でないと死刑にする」という命令をだしたのです。そうしてその天文学者は、とても立派な服を着て、1920年に、二回目の発表をしました。すると今度は、世界中のひとがかれの発見を認めたのです。 
 ぼくが小惑星B612番の話をこんなに詳しく、数字まで出してするのは、おとなたちのためです。おとなは、数字が大好きです。おとなに、新しい友だちのことを話したって、かんじんなことは全然きいてくれません。「どんな声の子?」とか「どんな遊びが好きなの?」とか「ちょうちょを集める子?」ということは決してきいてくれません。おとながきいてくるのは「年はいくつですか?」とか「兄弟は何人いますか?」とか「体重はどれくらいですか?」とか「お父さんのかせぎはいくらですか?」というようなことばかりです。そうしてようやく、その友だちのことを、分かったみたいになるのです。おとなに「きれいなおうちを見たんだ。レンガがばら色で、窓にはゼラニウムの花があって、屋根にはハトがいるんだよ」と話しても、おとなはその家を思いうかべることができないでしょう。だから、かわりに「10万フランの家を見たよ」といってやらなければなりません。すると大きな声で「それはすばらしい家だ!」とこたえるのです。 
 ですから、「王子さまは本当にいたんだ。とってもすてきで、よく笑って、ヒツジを欲しがってたんだ、このことが、王子さまが本当にいた証拠だよ。ヒツジを欲しがってるってことは、そのひとが本当にいることの証拠だよ」といっても、おとなはあきれて、君を子どもあつかいしてしまうでしょう。かわりに「王子さまはB612番の星からやってきたんだ」といってやれば、おとなは話を信じて、質問もしなくなるでしょう。おとなというのはそういうものなのです。悪く思ってはいけません。子どもは、そんなおとなたちを、許してやらなくてはいけないのです。
 けれどもぼくたちには、お話の中身のほうが大事ですから、数字なんかはどうでもいいことなのです。本当なら、この話も、おとぎ話みたいに始めたかったんです。「むかしむかし、ひとりの王子さまがいました。王子さまは、自分のからだよりほんの少しだけ大きな星に住んでいました。そして友だちを欲しがっていました・・・」というように、お話をしたかったんです。そうすれば、お話の中身を大事にするひとたちにとっては、もっともっと、お話が本当らしくなったはずなのですが・・・。 
 それでも数字を出してお話をするのは、この本を寝ころがって読んでほしくないからなのです。ぼくにとって、王子さまとの思い出を語るのは、とてもとても悲しいことです。ぼくの王子さまがヒツジといっしょにどこかに行ってしまってから、6年になります。ぼくがいま、こうやってお話をしようとするのは、王子さまのことを忘れないためです。友だちのことを忘れてしまうのは、悲しいことです。友だちは、だれにでもいるものではありません。また、ぼくもそのうち、数字の話ばかりする、おとなのようになってしまうかもしれません。だからこそ、ぼくは絵の具箱とえんぴつを買ったのです。ぼくの年令になって、久しぶりに絵をかくのは大変なことです。なにしろ、6才のとき、ヘビの内側と外側の絵をかいたきり、ひとつも絵をかいていなかったのですよ。もちろん、できるだけ本物に似た絵をかくようにします。けれどうまくかけるかどうか、まったく自信がありません。じょうずにかけるときもあれば、ちっとも似ていない絵になることもあります。また、背の高さをちょっとまちがえることもあります。王子さまを、大きくかきすぎたり、小さくかきすぎたりしてしまいます。それから王子さまの服の色も、これでよかったかどうか、自信がありません。ですから、どうにかこうにか手探りで、絵をかきます。それでも、ぼくはもっと大切なところでまちがえてしまうかもしれません。ですが、そのことは許してくださいね。ぼくの王子さまは、ちっとも説明をしてくれませんでした。もしかすると、王子さまは、ぼくのことを王子さまと同じようなものと思っていたのかもしれません。しかし残念なことに、ぼくには、箱をとおして中のヒツジを見ることはできません。もしかしたらぼくも、ちょっとずつ、おとなのようになっているのかもしれません。ぼくも年をとってしまいました。

訳者紹介

ペンネーム:TKさん

星の王子さま的タイプ:地理学者

このサイトで利用されている図版はすべてサン=テグジュペリ権利継承者から原版を提供され、複製されたものです。
複製は禁止されております。