選ばれし素敵な訳たち

「第1章」

受賞:パイロット賞

 僕が6歳のとき一度素晴らしい絵を見た。「本当にあった話」という原始の森に関する本の中でのことだ。大きな蛇が獣を飲み込むところが描かれていた。これがそのデッサンのコピーだよ。本にはこう書かれていた。<オオ蛇は彼らの獲物を噛まずにいっぺんに呑み込む。そのあと蛇は動けなくなり獲物を消化する間6ヶ月間眠る>そこで僕はジャングルでの出来事を色々考えてみた。そして今度は自分で始めての絵を色鉛筆で描き上げた。僕の一番目の絵だよ。それはこんな風だった。僕はこの傑作をおとな達に見せた。そしてこの絵が恐ろしいと思うか聞いてみた。おとな達は答えたさ「どうして帽子が恐ろしいの?」僕の絵は帽子を描いたんじゃない。象を呑み込んだオオ蛇を描いたんだ。だから僕はオオ蛇の内部を描いた。おとなが理解出来るようにね。おとなにはいつも説明が必要なんだ。僕の二番目の絵はこんな風だった。
 おとなはみんな中が見えるも見えないもオオ蛇の絵はもういいから地理や、歴史や、算数や、国語を勉強しなさいと言った。そのせいで僕は6歳で画家という素晴らしい進路を捨ててしまったんだ。僕は1番目の絵と2番目の絵の失敗で勇気をくじかれてしまった。おとなはみんな自分だけでは何も理解しない。子供にとっては疲れることだ。いつもいつも彼らに説明しなければならないってことは。だから僕は他の職業を選ばなくちゃならなかった。それで飛行機のパイロットになる勉強をしたんだ。僕は世界中かなりあちこちを飛行した。そして地理はたしかにとても役に立った。僕はぱっと見ただけでアリゾナと中国を見分けることが出来た。夜間に迷ったときは地理はとても役に立つ。
 こうして僕は人生の過程で沢山の謹厳実直な人たちと沢山の交流を持った。僕はおとなの人たちの間で人生の多くを過ごした。僕はその人たちを間近で見てきた。でもその人たちに対する僕の意見はそれほど良くなっていない。かなりしっかりした人に思えたおとなの人にあった時いつも大事に持っている1番目の絵のことで経験したんだ。その人が本当に理解してくれるか知りたいと思った。でもその人はやっぱり同じように答えた。「それは帽子だ」と。だから僕はオオ蛇のことも、原始林のことも、星のことも、その人には話さなかった。僕はその人のしたい話題にに自分をあわせた。僕はブリッジやゴルフや、政治やネクタイの話をした。するとそのおとなの人は一人の男が自分と同じように理にかなってることを知ってとても満足していた。

訳者紹介

ペンネーム:葦野美保子さん

星の王子さま的タイプ:ヘビ

このサイトで利用されている図版はすべてサン=テグジュペリ権利継承者から原版を提供され、複製されたものです。
複製は禁止されております。