ミュージアムサイト特別コラム『Bonjur! 吉谷桂子です』

秋の花イチオシ(2) ダリア’黒蝶’[2015.9.30]

ダリア 黒蝶

【ダリア 黒蝶】

さて、またもう一種類のおすすめをご紹介します。
ダリア‘黒蝶’です。


夏の間じゅう3ヶ月以上のあいだ、大輪の花が休みなく咲いてくれた、もうひとつの庭の味方でした。

ダリア 黒蝶2

【ダリア 黒蝶2】

ダリアも、水が大好きなので、この雨の多い気候で生き残ってくれたのだと思いますが、実は、水はけがよくないと球根が腐ってしまいます。
なので、土はしっかりと有機質の多いフカフカの土が良いのですが、1M以上の高さに茎を伸ばすので、必ず植え付け時から、支柱が必要です。

支柱は、花や茎が倒れてしまってから添えることもあるのですが、できれば倒れてしまう前に用意しておくと安心です。備えあれば憂いなしということですね。

これらの花たち、これからも冷涼な箱根の気温でしばらく咲きます。

まだ蕾だけだった「皇帝ダリア」という背の高い品種も、これから見事な花をつけるでしょう。

秋も元気に咲き誇る花たちに逢いに、ぜひ、星の王子さまミュージアムに遊びに来て下さいね!

吉谷桂子さん写真
ガーデンデザイナー 吉谷桂子

東京生まれ。フリーランスの広告美術デザイナーを経て`92年渡英。約7年間の英国の暮らしを生かしたガーデンライフの楽しみを提案。英国テレンス・コンラン卿プロデュースによるレストラン「ボタニカ(東京ミッドタウン)公共空間、集合住宅等のガーデンデザイン。近著に「花に囲まれて暮らす家」(集英社)「吉谷桂子のガーデニングワールド」(主婦の友社)など。