開園時間:10:00〜18:00(最終入園17:00)

ガーデン情報

吉谷桂子さんの公開ガーデニングワークデー

開催日はコチラから

写真

「公開ガーデニングワーク」では、星の王子さまミュージアムのガーデンデザイナー吉谷桂子さんの園内作業の様子を間近でご覧いただけます。

日 程:開催日はコチラから
※気象状況等の事情により、イベントの日程は予告なく変更される場合がございます。
時 間:10:00〜16:00(目安)
※吉谷さんが作業される時間の目安です。途中、お昼休みを取られます。
料 金:無料 ※入園料別

6月の公開ガーデニングワーク

2021.6.14

園内の寄せ植えたち

写真

6月、星の王子さまミュージアムのローズガーデンは、バラたちが満開になります。

ここ箱根仙石原は、春の訪れが遅い避暑地的気候なので、東京など温暖地に比べると、夏越しも穏やかにできる植物が多いのですが、4月いっぱいは遅霜の心配もあり、夏の草花を安心して植えられるのは、5月以降になります。

写真

園内に20基以上もある寄せ植えの植木鉢。5月、6月は、季節の花の植え替えでかなり忙しくなります。

写真

低い位置にある植木鉢、しゃがんだり中腰になったり体幹がないとつらいです。専用の低いスツールを用意しておけば楽なのに。
星の王子さまミュージアムの基本の寄せ植えは、フランス式フォーマルガーデンに則って、多くの寄せ植えが、左右対象のフォーマルデザインにしています。その方が、長い期間にわたってバランスを保ちやすいからです。

写真

季節で変更を入れる寄せ植えは、一度全部を解体して、中の土の様子も検分します。黄金虫の幼虫が見つかったら一大事。
冬から夏に組み合わせを替え、アイビーなど冬も夏も生き延びる同じ植物は、あとから入れ直すこともあります。
ここでは夏の花、ベゴニアを足して。

写真

なかには、冬の間は、私が自宅の室内で管理して、その後、5月から11月まで、ミュージアムで過ごす植物もあります。
このフクシアは耐寒性がないのですが、夏の猛烈な暑さは苦手。しかし、箱根の気候では楽々夏越しをしてきました。
春から秋までずっと咲き続けるフクシアは、イギリスやフランスの庭に欠かせない灌木でしたから。

写真

星の王子さまミュージアムの大きな魅力のひとつが、フランスの景色を彷彿させる外壁のデザインですが、そのデザインに合う花の色でデザインを選ぶようにしています。

写真

カラフルな雑貨屋さんのファサードには、華やかなインパチェンス、バラのようなフィエスタで。

ちなみに、私もときどき、ミュージアムのイメージカラーのターコイズ色を意識した服装でここを訪ねます。

素敵なお客様やお友達が訪ねてくれることがあって、そんなときは、記念写真を撮りますが、そのときも、やっぱりお洋服の色に合わせて、写真撮影の場所を選ぶと、あとから眺めてもずっと楽しい写真になりますよね。

過去の記事へ

Le Petit Prince™ Succession Antoine de Saint-Exupéry licensed by(株)Le Petit Prince™ 星の王子さま™

Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

トップへ