公演詳細|熊川哲也 K-Ballet Company

メニュー

『New Pieces』


4つの新作で贈る「New Pieces」
振付家・熊川哲也、次なる創作バレエが早くも!
2018年2月27日〜2月28日:東京

みどころ

2017年10月に世界初演を果たした熊川哲也演出・振付による完全オリジナルのグランド・バレエ『クレオパトラ』は「バレエを超えた傑作」と称されるなど、ステージ界に広く衝撃を与えた。
クラシック・バレエの表現を驚くべき創意で押し広げる熊川ならではの振付の手法はこの挑戦的な大作においてさらなる到達点をみせ、今や振付家として揺るぎない評価を誇るが熊川の内にあふれる稀有な創造性は、止むことなく次なる創作へと彼を駆り立てる。
新たな作品の題材として選んだのは、テオフィル・ゴーティエの短編小説「死霊の恋」。
19世紀フランスで詩、小説、芸術批評とあらゆる分野で一流の才能を発揮したこの異才が残した名作は、バレエ・リュスの『薔薇の精』や『アルミードの館』といった作品のモチーフとなるなどのちの振付家たちにも霊感を与えた。
今回は“物語る振付”を自家薬籠中のものとする熊川が、美しい女吸血鬼に魅入られた若き聖職者の恋の顛末を描いた耽美な幻想世界に想を得て、湧き起こるインスピレーションのもと独自のドラマを描き出す渾身の一作となる。
さらに、キリアン率いるネザーランド・ダンス・シアター等で活躍してきた世界的コンテンポラリーダンサーでもある渡辺レイ、バーミンガム・ロイヤル・バレエ団に在籍し、数多くの振付家の作品でプリンシパル、ソリストを努め、ダンサーとしてだけではなく振付を手掛けるなど演出家、指導者としても活動している山本康介、自ら座長を務める“Ballet Gents”で数々の振付作品を発表し、熊川も一目置く手腕を発揮している宮尾俊太郎が、それぞれ新作を手掛けることになる。
【TBS取扱(東京公演)チケット料金】
2/27・2/28 S席:11,800円 A席:9,000円 B席:7,000円 C席:5,000円
【公演に関する詳細】Kバレエカンパニー オフィシャルサイト:http://www.k-ballet.co.jp
特別協賛:大和ハウス工業株式会社 協賛:Sugarlady オフィシャルエアライン:ANA 制作:K-BALLET・TBS
» TBSオンラインチケット
» ACTオンラインチケット
» 赤坂ACT倶楽部
TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.