日曜よる9時〜

スペシャルコンテンツ*ドリトルのカルテ 最終回*

メニュー

スペシャル

日曜劇場『獣医ドリトル』旧Twitter公式アカウント@dolittle_2010 ※Twitter社のサイトに移動します

AD

お知らせ

放送は終了しました。応援ありがとうございました!

日曜劇場『獣医ドリトル』DVD-BOX、予約受付中!!(2011年3月16日発売予定)→ 詳細へ
数量限定生産 オリジナルベアブリック、発売中!!→ 詳細へ
日曜劇場『獣医ドリトル』オフィシャルブック発売中!→ 詳細へ
小栗旬さん・井上真央さん・成宮貴寛さんから
主題歌についてのメッセージ!→ メッセージへ
このドラマの動物医療監修・小川博之先生からの
メッセージ!→ 詳細・メッセージへ
「TBSオンデマンド」で見逃し配信!(〜2011年9月22日)→ 詳細へ
12345678|最終回|

土門一家

土門大蔵/國村 隼土門勇蔵/笠原秀幸土門順平/菅田将暉
日ごろから長男・勇蔵に失意を抱いていた大蔵は、次男・順平から将来の話を持ちかけられた時に、「エンペラー動物病院の次期院長になるのはお前かもしれない。」と言ってしまう。
それを偶然聞いていた勇蔵は気が動転し、氷入れがのっているトレイを払い飛ばしたところ、反動でアイスピックが愛犬バルザックの胸に刺さってしまう。
助けようとする順平だったが、父・大蔵からの「安楽死しか選択がない。」の一言に落胆し、急いでドリトルの元へバルザックを連れていくが…。

《症例》
バルザック(ボルゾイ)
土門一家の愛犬。
父からの一言に動揺した長男・勇蔵が、氷入れがのっているトレイを払い飛ばした反動でアイスピックが胸に深く刺さってしまう。
ぐったりと意識を失い、激しく血を吐くバルザック。大蔵からは安楽死しか選択がないと言われたが、順平は諦めきれずにドリトルの元へと連れて行くことに…。
胸にアイスピックが突き刺さったままのバルザックをドリトルは診察。
胸部のX線写真を見たところ、アイスピックは、肺を貫き、心臓まで達していた。心臓弁が破損していてこのままだと助からないと診断。
唯一の助かる可能性は、大型犬に合う、人間の人工心臓弁を移植する事だと言われる。
この手術には、大量の輸血が必要で、費用も500万かかると言われるが…。
肺の血管縫合と、人工心臓弁移植の大手術を行うドリトル。
大手術なので、勇蔵にも手伝ってもらう事に。
まず、バルザックの左胸を開き、人工心肺装置の回路を着ける。それから心臓を停止させ、左心房を開き、損傷した心臓弁を除去してから、人工心臓弁を移植する。アイスピックは段階的に徐々に抜いていくことに。
バルザックにドリトルが優しく囁くと、手術が始まった。
電気メスで開胸していき、心臓に心肺停止液を注射し心臓を停止させ、人工心肺装置に切り替えていく。動きを止めた心臓の損傷している心臓弁を切除し、人工心臓弁へ代えていく。
血圧の数値がギリギリのところを彷徨い続けるバルザック。
人工心臓弁の移植が終わったので、人工心肺装置から、バルザックの心臓へと切り替える。
血液が流れ始め、動いたように見えたバルザックだったが、心臓は停止したまま…。
ドリトルは、むき出しのままのバルザックの心臓を直接マッサージし、エピネフリンを投与。しかし、動かないバルザック。電気カウンターを繰り返すドリトルの声を聞いてか、わずかにバルザックの心電図が動きだし、無事縫合。
ICU内で安静にし、容態も安定しているバルザック。
難易度の高い手術だが、ドリトルは無事にバルザックを救命したのだった。


赤井明子/若村麻由美
第1話で登場した、ペット訴訟専門の弁護士。
ブルセラ菌に感染した犬たちの対策会議に出席した。
感染した犬は安楽死処分にするのが妥当だと言う全日本獣医師会会長の土門と激しく対立するが…。


関連リンク


TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.