いつでも音楽番組志望

(写真)

須藤 有加

Yuka Sudou

制作局制作二部 2012年
担当番組:「世界くらべてみたら」
過去担当:「爆報!THEフライデー」「NEWSな2人」「櫻井・有吉THE夜会」「究極バトル ゼウス」

Works

About my work

  • (写真)
  • (写真)
  • (写真)

バラエティ番組のディレクターをしています。
大きな仕事は1時間の番組を作ること。そこに向けて、リサーチ・台本作り・ロケ・編集・収録・また編集という細かな仕事をします。この仕事自体は、多くのスタッフと共に行いますが…「(1)面白く」「(2)期限内に」という約束を守るのがディレクターの役目です。6年目となった今、この二つの約束事が果たすのがとっても大変だと痛感しております。

Positive part of my work

自分が考えたことが形となり、多くの方に発信できる…はもちろんですが!「あの番組って○○さんが作ってたんですか?」というスゴい先輩が、バラエティの現場にはたくさんいます。運がよければ、その人と一緒に仕事ができ、飲みに行け、VTRを作る先生になってくれる…これは非常にワクワクします。

Negative part of my work

「寝なくてもいい体が欲しいな」よりも「面白いものが作れる才能が欲しい」と思う回数の方が、圧倒的に多いです。
つまり、本当の勝負は体力よりもメンタルです

Schedule of one day

12:00

(写真)

出社

基本的にお昼から始動するので、ラッシュ通勤とは無縁です。ロケで早いときは朝5時出発だったり、徹夜な時もあったりとバラバラです。ちなみに通勤中はラジオ聞いてテンションあげてます。

16:00

(写真)

ロケへ出発

この日はオシャレなバーでインタビューロケ。担当番組の特性上、外国の方と話す事が多いのに英語はカタコト…学生時代にしっかり学ぶべきでした。

20:00

(写真)

編集所へ

この日は編集作業があるので編集所へ。
ロケ素材を面白い部分だけに編集(手前のパソコンを使用)。さらに、わかりやすくするためのテロップ入れを行います(奥の編集マンさんとの共同作業)

24:00

(写真)

パソコン作業(夕食)

オフライン(パソコン上での編集のこと)、台本作り、企画書作成など…毎日パソコンばっかり見てるので、首が前に出てると医者に言われました。さらに運動もせず、夜中にハンバーグ弁当を食べて反省。

26:00

(写真)

仮眠

編集所での作業は夜中まで続くなんてことも…力尽きてしまうと、こうなります。※本当は仕事中ですから寝ちゃダメです!

28:00

(写真)

帰宅

始発が出たら着替えに帰宅!
演者さんや取材先の方など…編集と平行して色んな方とお仕事することも多いので、忙しくても清潔を心がけます。

わりと飽きっぽい方ですが、この仕事は同じことをする日がないので、毎日新鮮な気持ちで過ごせています。また、辛いなぁと思う作業も終わってみると「なんか楽しかった気がする」と記憶が上書きされる不思議な職業です。

Outside work

(写真)

day off

「寝る」か「テレビを見る」が8割。
あとはライブでストレス発散。でも仕事でチケットを無駄にする事も多いので、ストレスが溜まる場合もあります。
時間が空いたら映画やご飯に行くようにしています。突発的な行動に付き合ってくれる方々は本当に貴重で大切な存在です。

(写真)

college life

映像制作ゼミに入り、映画の現場でインターンシップをするマスコミ就職をものすごく意識した学生でした。とはいえ、そこでの経験は仕事に直結することはなく…もし研究とか、サークルに没頭してたら、その知識で今までにない番組が作れたかもと思うこともしばしばです。

Message

ほんの数分、数十秒で自己アピールなんて上手く出来るのか?当時、私はそう思っていました。
しかし実際は、面接官は話しの上手さなんて重視してなかったと思います。自分をすごい人間に見せたいが故に、大先輩相手に偉そうに話していなかったか思い返すと不安になります…

番組は一人ではなく、たくさんのスタッフで作るものです。なので「一緒に働きたい相手か」どうかはすごく重要なことです。すごいこと自慢ではなく、一緒に働きたいと思わせる自分の良さ・経験を探すといいと思います。

あとは相性です!相性の合う会社に出会うまで「必要とされたい」という気持ちをぶつけ続けてください。

(写真)