社員紹介

努力は1周回って報われる

イメージ

小林弘典

Hironori Kobayashi

制作局制作一部 2000年入社
担当番組:「ジョブチューン」「ネプ&ローラの爆笑まとめ!」

Work

イメージ

About my work

「ジョブチューン」「ネプ&ローラの爆笑まとめ!」等のバラエティ番組のプロデューサーをしています。入社してから10年間、ラジオの営業でスポンサー集めに奔走し、2010年からテレビの制作をしています。まだまだ修行中のPです。
プロデューサーの主な仕事は、番組方針や企画内容の選定・放送枠の調整・キャスティング・編集チェック・予算管理・スタッフ管理・番組宣伝などですが、主ではないこともたくさんあり、私としては番組が成功するためには何でもやる“何でも屋”だと思っています。

イメージ

イメージ

Positive part of my work

まずは番組収録。番組の演出陣を始め、技術、美術など各セクションのプロの力が結集し、皆で作り上げたその舞台で出演者のプロの技が炸裂します。それは壮観な瞬間です。
そして視聴率。良くも悪くも結果がすぐに出ることは、やりがいになります。いい結果が出て、皆の苦労が報われることを祈りつつ、視聴率発表の朝を迎えます。

Negative part of my work

こちらも視聴率。厳しい結果が出た朝は当然しんどいです。あれだけ皆で頑張ったのに・・・と悔しくなりますが、結果が全てです。よく言われることで、バラエティはドラマと違い、終わりがありません。番組がレギュラーで始まったら、終わらせないことが目標です。いかに視聴率をしっかり獲って番組を続けていくか。大変なことはここに集約されます。

Schedule of one day

8:00

イメージ

起床

なかなか起きれないです。息子と朝ごはん。
新聞のテレビ面をチェックし、ちょっとだけ中も目を通して。
9時になると視聴率が発表され、前日の夕刊テレビ面と数字を照らし合わせながら、考え事。

10:00

イメージ

出社

保育園に息子を送り、そのまま出社。
会社に着いたら、視聴率チェック、メールチェック。
デスクのパソコン横には、常に目線に入るようにテレビを置いています。

12:00

イメージ

電話

プロダクションや番組関係者が動き始める時間。
キャスティング相談やギャラ交渉など、各所の調整を始めます。
携帯と手帳がフル稼働。

14:30

イメージ

会議

この日は「ジョブチューン」の定例会議。全スタッフで30〜40名。
ここで番組の全体方針や“ぶっちゃけ”を決めます。

17:00

イメージ

色々

夕方から夜にかけては、特番の定例会議やキャスティング打ちがあったり、
調整ごとで社内各部署を動き回ったり、新聞ラテ欄の原稿を書いたり、
VTRをチェックしたり、あっという間に時間が過ぎます。

24:00

イメージ

帰宅

気になったバラエティ番組をタイムシフトでチェック。ドラマも観たい、ニュースも確認したい、この時間にやっているスポーツの中継も観たい。
色々観ているうちに眠くなり、26時頃就寝。

一日を通して、とにかくたくさんの人と話します。誰かに相談・報告しているか、されているか。あとの時間は何かを考えているか、事務的な処理をしているか。忙しい一日ですが、番組を作ること自体が最高に楽しい仕事で、一つ一つのことの積み重ねが番組を形作っていくので、忙しいのも望むところです。

Outside work

イメージ

dayoff

家族と公園に行ったり、買い物に行ったり、最高に幸せで平凡な休日を過ごします。普段、息子と一緒に過ごす時間が少ない分、必死に父親アピールしています。

イメージ

college life

法学部にいましたが、司法試験を目指すことなく、毎日テニスをしてお酒を飲み、青春を謳歌しました。いわゆるサークル活動です。というと、遊んでいたイメージになりますが、そうでもなく、、書きだすと長くなるような一風変わったサークルに4年間、身を捧げました。ココでは諦めます(笑)。その写真はふさわしいものが無く、メキシコ一人旅。

Message

自己表現を出来る業界や仕事はたくさんあります。その中でも、テレビの仕事が面白いと思うのは、多くの人に届けられるモノ、しかもかなりダイナミックなモノをゼロから作り出せて、さらにその評価がしっかり出るということだと思います。自己表現が単なる自己満足で終わらずに。就活は10人いれば10通りのやり方があり、おそらく正解はありません。但し、抽象的ですが、頑張っている人と頑張っていない人では違うでしょう。努力は報われないこともあります、その時は。ただその努力はいつか別の形で報われる、と信じています。皆さん、TBSで一緒に思いっきり努力しましょう!

バラエティ

PEOPLE